ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Pollyを使って覚えたい資料を耳から身体に染み込ませる

      2018/01/13


Amazon Pollyを使うとソースコードを一切かかなくても、テキストを音声に出来ます。

なので、エンジニアじゃない人とかに読んでほしいAmazon Pollyのすゝめ的な記事です。

プログラムを使って音声化したいという方はこちら「テキストをAmazon PollyでMP3に変換してS3に格納(AWS Lambda Python)」をご参照いただけると嬉しいです。

AWSアカウントをお持ちの方前提で記載しています。
アカウントをお持ちでない方はこちら「AWSのアカウントを新規作成と最低限やっておいた方がいいMFAの設定」をご参照いただけると嬉しいです。

※2017年8月6日現在の情報ですので、画面や手順が変わっている場合があります。

Amazon Pollyでテキストを音声ファイルにする

AWS マネジメントコンソールにログインします。

[機械学習]のカテゴリから[Amazon Polly]をクリックします。

プレーンテキスト枠に資料やwebサイトから対象の文字を貼り付けます。
文字数の制限は1,500文字です。

MizukiさんかTakumiさんを選択して、[MP3のダウウンロード]ボタンをクリックします。

もうこれでmpファイルがダウンロードされて完成です。

1,500文字以上あると思うのでこの手順を繰り返してmp3ファイルをダウンロードします。

mp3ファイルをスマートフォンに入れて、通勤中などに繰り返し聞いて、資料を目でみるだけでなく耳からも聞いて身体に染み込ませていきます。

MizukiさんもTakumiさんも、大変ええ声で、抑揚があって、非常に聞きやすいです。
イケボというやつです。

ただし、略語や言語を日本語にしている状態での英字の読み上げは、違う読み方をすることもあるので、そのへんは大目にみましょう。

Amazon Pollyの料金

公式のAmazon Pollyの料金をご参照ください。

2018年1月10日現在では、
音声の最初のリクエストから 12 か月間は 1 か月あたり 500 万文字までが無料利用枠です。
無料利用枠を超えた場合は100万文字あたり$4です。

最後に

集中して聞きながら、歩いたり走ったりすると大変危ないと思います。
ルールやマナーと自分の体を守りましょう。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AtomエディタでEC2のファイルを直接編集する

Webページを編集していてEC2のファイルをvimエディタでさわったりしています …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

Microsoft TeamsのIncoming Webhooksを使ってAWS Lambda(Python)からFeedlyの記事を自動投稿する

Microsoft Teamsの検証を始めましたので、Slackで自動化している …

AWS EC2 Amazon Linux にEC-CUBE3をnginx+MySql環境へインストール(手順検証中)

EC2インスタンスを作成する 少し古い記事で恐縮ですが試したい事があるのでAWS …

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-U …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題

AWS認定クラウドプラクティショナのサンプル問題が2018年7月28日現在で英語 …

AWS Summit 2017 Tokyo Day2 開場~基調講演

昨年に引き続き今年もAWS Summit Tokyoへ行ってきました。 朝一の新 …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

slackのbotをAWS Lambda(Python)+API Gatewayで構築

slackで投稿した内容に応じて返信したり調べ物したりしてくれるbotですが、こ …