ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Cloud9で環境を共有する

      2020/02/27


(特にリモート環境では)画面共有をしたり、リポジトリを共有したり、コーディング環境の共有が必要になることが多くあります。
AWS Cloud9(IDE統合開発環境サービス)では、他のユーザーとのリアルタイム共有機能があります。
その設定をしましたので、手順を記録しました。

参照したのは、Cloud9のユーザーガイド共有環境を使用するです。
詳細はこちらをご確認ください。

IAMユーザーの作成

複数ユーザーを作成していくことになるケースでしたので、IAMグループを作成してIAMポリシーをアタッチしました。
アタッチしたIAMポリシーは以下の2つのAWS管理ポリシーです。

  • AWSCloud9User
  • IAMUserChangePassword

IAMUserChangePassword は、作成したユーザーに初回サインイン時にパスワードを設定してもらう運用にしたかったのでアタッチしました。
アカウントのパスワードポリシーはセキュリティ高めの設定にしました。

Cloud9で必要なのは、AWSCloud9Userです。
AWS管理ポリシーですので、変更があるかもしれませんが、2020年2月現在は次のようになっています。

Cloud9の共有ユーザーは大きく次の3種類で、今回はread/writeユーザーとして作成します。
read/writeユーザーはコードの編集、作成が可能です。

  • owner
  • read/write
  • read

新規作成するIAMユーザーを、グループに追加していきます。

Cloud9の共有設定

owner(Cloud9環境を作成したユーザー)でCloud9環境にアクセスします。

右上の[Share]をクリックしました。

共有設定画面です。
EnvironmentのURLが表示されています。
下部のInvite MembersでIAMユーザーを選択しました。

警告メッセージが表示されましたので[OK]をクリックしました。

環境にメンバーが追加されたメッセージが表示されましたので、[OK]をクリックしました。

Who has access に追加したIAMユーザーが表示されました。
readもread/writeも同じIAMポリシーでしたので、どこで制御するのかなと思ってたのですが、ここで制御するのですね。
なるほど。

作成したユーザーでサインインします。
運用想定として、AWSマネジメントコンソールに慣れていないユーザーを想定してますので、以下のような手順を考えています。

  1. アカウントIDが含まれたマネジメントコンソールサインインURLにアクセスして初期パスワードでサインインする。
  2. パスワードを変更してサインインする。
  3. Cloud9環境のURLにアクセスする。

これでダイレクトに環境にアクセスできます。

一応マネジメントコンソールでも確認してみますと、Shared with youに環境が表示されます。
PermissionsはRead-writeと表示されています。

環境にアクセスすると、右上にアクセス中のユーザーの頭文字が表示されています。
他のユーザーがポインタをおいている箇所が頭文字と同じ色で示されています。
マウスオーバーするとユーザー名が表示されます。

右のCollaborateをクリックすると、チャットでメッセージが送信できます。

遠隔での共同開発にもすごく便利ですね!!!!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

RedmineをELB(ALB)でAutoScalingグループへ負荷分散

高可用なRedmineを作るためのELBの設定です。 高可用なRedmine R …

AWS Well-Architected フレームワークによるクラウド ベスト プラクティスのセッションを聞いたので自アカウントの環境を確認してみる

AWS Summit Tokyo 2017で「AWS Well-Architec …

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Server …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

Amazon API GatewayをLambda(Python)で削除する

やりたいこと 特定のAWSアカウント、特定のリージョン内のAPI Gateway …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

GoogleフォームからAPI Gatewayで作成したREST APIにPOSTリクエストする

「API GatewayからLambdaを介さずにSNSトピックへ送信」の続きで …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …