ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNginxのaccess.log , error.log , php-fpm error.log , Linuxのmessages , secureログを収集する

   


参考ページ

クイックスタート: 実行中の EC2 インスタンスに CloudWatch Logs エージェントをインストールして設定する – Amazon CloudWatch ログ

EC2用のIAMロールを作成する

※既にEC2に設定しているIAMロールがありましたので次のポリシーを追加しました。

新たに作成する場合は下記のポリシーを設定したIAMロールをEC2に設定します。

EC2に CloudWatch Logsをインストールする

EC2にSSHログインシて作業します。

CloudWatch Logsを設定する

リージョンを設定します。

取得したいログファイルの設定をします。

datetime_formatについて

2017-08-12 05:04:03,618 – cwlogs.push.reader – WARNING – 2458 – Thread-4 – Fall back to current time: {‘timestamp’: 1502481843618, ‘start_position’: 25765L, ‘end_position’: 26029L}, reason: timestamp could not be parsed from message.

適切な設定をしないと上記のような警告ログが出力されてタイムスタンプが正常に反映されません。

それぞれのログファイルのタイムスタンプは確認したところ、下記のようになっていました。

ログファイル タイムスタンプ datetime_format
Nginx error.log 2017/08/12 05:04:00 %Y/%m/%d %H:%M:%S
Nginx access.log 12/Aug/2017:06:19:17 +0900 %d/%b/%Y:%H:%M:%S %z
php-fpm error.log 12-Aug-2017 05:24:38 %d-%b-%Y %H:%M:%S
php-fpm www-error.log 10-Aug-2017 23:40:46 UTC %d-%b-%Y %H:%M:%S
messages Aug 12 06:13:36 %b %d %H:%M:%S
secure Aug 11 04:03:33 %b %d %H:%M:%S

datetime_formatのフォーマット記号

記号 備考
%a Sun, Mon, …, Sat (en_US)
%A Sunday, Monday, …, Saturday (en_US)
%w 0, 1, …, 6 日~土までの数字
%d 01, 02, …, 31
%b Jan, Feb, …, Dec (en_US)
%B January, February, …, December (en_US)
%m 01, 02, …, 12
%y 00, 01, …, 99 西暦下2桁
%Y 1970, 1988, 2001, 2013
%H 00, 01, …, 23 24時間表記の時間
%I 01, 02, …, 12 12時間表記の時間
%p AM, PM (en_US)
%M 00, 01, …, 59
%S 00, 01, …, 59
%f 000000, 000001, …, 999999 マイクロ秒
%z (empty), +0000, -0400, +1030 標準時との差
%j 001, 002, …, 365 年における日
%U 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の日曜日から0)
%W 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の月曜日から0)

サービス起動

AWS CloudWatchのログを確認

ログが出来てます。

Nginxのaccess.logを見るとそれなりに攻撃されているのが分かりました。

対策は別記事で。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗して起動しなくなり復旧

EC2のインスタンスに接続出来なくなったので、AMIから作成してElastic …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

slackのbotに天気を教えてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotにAPIの定番ともいえる天気情報を教えてもらいました。 環境は …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (前日 ~ Day1)

AWS Summit 2016 Tokyoにて、セッション聴講、ブース展示拝見、 …

Amazon Aurora Serverless 課金確認

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみましたの記事で書い …

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …