ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNginxのaccess.log , error.log , php-fpm error.log , Linuxのmessages , secureログを収集する

   


参考ページ

クイックスタート: 実行中の EC2 インスタンスに CloudWatch Logs エージェントをインストールして設定する – Amazon CloudWatch ログ

EC2用のIAMロールを作成する

※既にEC2に設定しているIAMロールがありましたので次のポリシーを追加しました。

新たに作成する場合は下記のポリシーを設定したIAMロールをEC2に設定します。

EC2に CloudWatch Logsをインストールする

EC2にSSHログインシて作業します。

CloudWatch Logsを設定する

リージョンを設定します。

取得したいログファイルの設定をします。

datetime_formatについて

2017-08-12 05:04:03,618 – cwlogs.push.reader – WARNING – 2458 – Thread-4 – Fall back to current time: {‘timestamp’: 1502481843618, ‘start_position’: 25765L, ‘end_position’: 26029L}, reason: timestamp could not be parsed from message.

適切な設定をしないと上記のような警告ログが出力されてタイムスタンプが正常に反映されません。

それぞれのログファイルのタイムスタンプは確認したところ、下記のようになっていました。

ログファイル タイムスタンプ datetime_format
Nginx error.log 2017/08/12 05:04:00 %Y/%m/%d %H:%M:%S
Nginx access.log 12/Aug/2017:06:19:17 +0900 %d/%b/%Y:%H:%M:%S %z
php-fpm error.log 12-Aug-2017 05:24:38 %d-%b-%Y %H:%M:%S
php-fpm www-error.log 10-Aug-2017 23:40:46 UTC %d-%b-%Y %H:%M:%S
messages Aug 12 06:13:36 %b %d %H:%M:%S
secure Aug 11 04:03:33 %b %d %H:%M:%S

datetime_formatのフォーマット記号

記号 備考
%a Sun, Mon, …, Sat (en_US)
%A Sunday, Monday, …, Saturday (en_US)
%w 0, 1, …, 6 日~土までの数字
%d 01, 02, …, 31
%b Jan, Feb, …, Dec (en_US)
%B January, February, …, December (en_US)
%m 01, 02, …, 12
%y 00, 01, …, 99 西暦下2桁
%Y 1970, 1988, 2001, 2013
%H 00, 01, …, 23 24時間表記の時間
%I 01, 02, …, 12 12時間表記の時間
%p AM, PM (en_US)
%M 00, 01, …, 59
%S 00, 01, …, 59
%f 000000, 000001, …, 999999 マイクロ秒
%z (empty), +0000, -0400, +1030 標準時との差
%j 001, 002, …, 365 年における日
%U 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の日曜日から0)
%W 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の月曜日から0)

サービス起動

AWS CloudWatchのログを確認

ログが出来てます。

Nginxのaccess.logを見るとそれなりに攻撃されているのが分かりました。

対策は別記事で。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

Amazon Pinpoint Workshopの1(Eメール)

Amazon Pinpoint Workshop ここ数年、AWS re:Inv …

AWSセルフマネージドAD環境にリモートデスクトップで接続

AWSクイックスタートのActive Directory Domain Serv …

ヤマムギvol.26 Amazon DynamoDBのデモをしました

今日はAWS認定クラウドプラクティショナー対策本(緑本)に関係するデモをしました …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

Lucidchart AWSアカウントからインポート機能で自動作図

SNSでLucidchartというサービスが話題になってました。 AWSの環境を …

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもできるようになってました

RDSスナップショットをS3にエクスポートする新機能を試そうかと思ったのときは、 …

VyOSにSSMエージェントをインストールしました

VyOSにSSHでログインするのも面倒なので、SSMエージェントをインストールし …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

Rocket.ChatからOut Going Webhookを設定してみる

API GatewayとLambda とりあえず、どんなデータが飛んでくるのか見 …

AWS CDKでクロススタックリファレンスをする

CloudFormationで複数のスタックで参照することがあります。 それをC …