ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNginxのaccess.log , error.log , php-fpm error.log , Linuxのmessages , secureログを収集する

   


参考ページ

クイックスタート: 実行中の EC2 インスタンスに CloudWatch Logs エージェントをインストールして設定する – Amazon CloudWatch ログ

EC2用のIAMロールを作成する

※既にEC2に設定しているIAMロールがありましたので次のポリシーを追加しました。

新たに作成する場合は下記のポリシーを設定したIAMロールをEC2に設定します。

EC2に CloudWatch Logsをインストールする

EC2にSSHログインシて作業します。

CloudWatch Logsを設定する

リージョンを設定します。

取得したいログファイルの設定をします。

datetime_formatについて

2017-08-12 05:04:03,618 – cwlogs.push.reader – WARNING – 2458 – Thread-4 – Fall back to current time: {‘timestamp’: 1502481843618, ‘start_position’: 25765L, ‘end_position’: 26029L}, reason: timestamp could not be parsed from message.

適切な設定をしないと上記のような警告ログが出力されてタイムスタンプが正常に反映されません。

それぞれのログファイルのタイムスタンプは確認したところ、下記のようになっていました。

ログファイル タイムスタンプ datetime_format
Nginx error.log 2017/08/12 05:04:00 %Y/%m/%d %H:%M:%S
Nginx access.log 12/Aug/2017:06:19:17 +0900 %d/%b/%Y:%H:%M:%S %z
php-fpm error.log 12-Aug-2017 05:24:38 %d-%b-%Y %H:%M:%S
php-fpm www-error.log 10-Aug-2017 23:40:46 UTC %d-%b-%Y %H:%M:%S
messages Aug 12 06:13:36 %b %d %H:%M:%S
secure Aug 11 04:03:33 %b %d %H:%M:%S

datetime_formatのフォーマット記号

記号 備考
%a Sun, Mon, …, Sat (en_US)
%A Sunday, Monday, …, Saturday (en_US)
%w 0, 1, …, 6 日~土までの数字
%d 01, 02, …, 31
%b Jan, Feb, …, Dec (en_US)
%B January, February, …, December (en_US)
%m 01, 02, …, 12
%y 00, 01, …, 99 西暦下2桁
%Y 1970, 1988, 2001, 2013
%H 00, 01, …, 23 24時間表記の時間
%I 01, 02, …, 12 12時間表記の時間
%p AM, PM (en_US)
%M 00, 01, …, 59
%S 00, 01, …, 59
%f 000000, 000001, …, 999999 マイクロ秒
%z (empty), +0000, -0400, +1030 標準時との差
%j 001, 002, …, 365 年における日
%U 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の日曜日から0)
%W 00, 01, …, 53 年における週連番(最初の月曜日から0)

サービス起動

AWS CloudWatchのログを確認

ログが出来てます。

Nginxのaccess.logを見るとそれなりに攻撃されているのが分かりました。

対策は別記事で。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

RedmineをELB(ALB)でAutoScalingグループへ負荷分散

高可用なRedmineを作るためのELBの設定です。 目次 高可用なRedmin …

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗 原因はPHP-FPMのOOM-KILLER

目次 先週に引き続きEC2のインスタンスステータスチェックで失敗とはいえまたスペ …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを作る側からの物申す〜に参加、運営、登壇しました

先日、JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを …

AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題

AWS認定クラウドプラクティショナのサンプル問題2018年9月25日現在で、英語 …

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-U …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

Amazon EC2(Amazon Linux 2)にRedmine3.4をインストール

久しぶりに新しい環境でRedmineを構築したくなり、せっかくなのでAmazon …