ヤマムギ

growing hard days.

*

S3 Intelligent-Tieringのオブジェクトの階層移動をCloudWatchメトリクスで確認

   


CloudWatchメトリクスの保存期間は現時点で15ヶ月(455日)なのでそろそろスクリーンショットを残しておきます。

このブログの画像など静的コンテンツはS3から配信しています。
WordPress(EC2)の画像のS3へのオフロードをMedia Cloudで

2022/3/2に大阪リージョンが使用可能になったので、このブログを大阪リージョンへ移行しました。
このブログをAWS大阪リージョンへ移行しました

移行初日

3/2から大阪のCloudWatchメトリクスでモニタリングできます。
ライフサイクルルールでアップロードから0日でIntelligent-Tieringへ移動としています。
ですので、大阪リージョンへ全オブエジェクトをコピーしたタイミングで128KB以上のオブジェクトがすべて約1.18GBがIntelligent-Tiering高頻度アクセスティアへ保存されました。

30日後

約399MBが低頻度アクセスティアへ自動で移動しました。
Intelligent-Tieringでは30日間アクセスのなかったオブジェクトを低頻度アクセスティアに移動します。
S3 Intelligent-Tiering のしくみに記載のとおりということが確認できました。

2021/11/30Archive Instant Accessティアの発表!

re:Invent 2021でS3 Intelligent-Tieringアーカイブインスタンスアクセスティアが発表されました。
S3 Glacier Instant Retrievalという瞬時に取り出すことができるGlacierストレージクラスの発表にあわせて追加されました。

これにより、Intelligent-Tieringにアーカイブインスタンスアクセスティアが自動で適用されました。

アーカイブインスタンスアクセスティアが追加されて次の階層移動のタイミングで90日間アクセスのないオブジェクトがアーカイブインスタンスアクセスティアに移動しました。
自動でコスト最適化を実行してくれました。

2022年1月の請求書で確認

「INT」が含まれている明細がIntelligent-Tieringの明細です。
モニタリングコストが9,812.742オブジェクトで$0.02。
月の途中でアップロードしたオブジェクトは小数点になっているのでしょう。
GETリクエストは27,575回で$0.01。
下の3行にFA(高頻度アクセスティア)、IA(低頻度アクセスティア)、AIA(アーカイブインスタンスアクセスティア)のストレージ料金です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Lambda(Python)でDynamoDB テーブルを日次で削除/作成(オートスケーリング付き)

この記事はAWS #2 Advent Calendar 2018に参加した記事で …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで403レスポンスを返す

大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在) 今のこのブログの構 …

X-Ray SDK for Python でライブラリへのパッチ適用

boto3でのAWS呼び出しとrequestsでの外部API呼び出しにパッチ適用 …

AWS Toolkit for Eclipseで「Error Message: Unable to find a region via the region provider chain. Must provide an explicit region in the builder or setup environment to supply a region.」

AWS Toolkit for Eclipseをセットアップ(2021年版)の環 …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

AWS認定SAPの執筆開始にあたって環境を構築しました

AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル対策本の執筆開始にあたりま …

RDS ProxyをAurora MySQLで

Lambda関数をたくさん同時実行してMySQLにアクセスしても大丈夫なようにR …

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

AWS Transfer Family S3向けのSFTP対応サーバー

S3バケットは作成済です。 IAMロールの作成 [crayon-6392d0d8 …