ヤマムギ

growing hard days.

*

EFSをEC2(Amazon Linux 2)からマウントする

      2018/08/16


Amazon Elastic File Systemが東京リージョンに来たこともあって、AWSへの移行でアプリケーションのカスタマイズをしない純粋なフォークリフティングで利用されるケースがありそうだなあと。
アプリケーションのカスタマイズをしないことにより、移行の敷居は下がるので、使ってみないとなあと思ってまして。
ちょうどオートスケーリングさせたいEC2を使ったシステムでアプリケーションをカスタマイズしたくない、というシステムを作る機会があったので構築してみました。

作ろうとしているシステムはこちらです。

高可用なRedmine

Amazon Elastic File System(EFS)の設定

EFS用のセキュリティグループの作成

今回はAMIを作るためのEC2のセキュリティグループと、オートスケーリンググループ起動設定のセキュリティグループを送信元(ソース)として、ポートは2049(NFS)を設定しました。

EFSの設定

VPC、サブネット、セキュリティグループを設定します。
セキュリティグループはサブネットごとに設定出来るのですね。

タグ、パフォーマンスモード、スループット、暗号化の設定をします。

パフォーマンスモード

General Purposeがデフォルトです。
画面に書いているとおりですが、Max I/Oの設定をすると数千のEC2インスタンスが接続するようなケースに最適化されていて、高いレベルの集計スループットを提供しますが、レイテンシーがわずかに高くなるという特徴があります。
ビッグデータ解析、メディア処理、ゲノム解析などの高度に並列化されたアプリケーションに適しているようです。

スループットモード

デフォルトはBurstingで自動的にスループットがバーストします。
Provisionedを選択すると1~1024MiB/秒を設定することができます。(別途課金)

暗号化

暗号化はKMSを使用します。
デフォルトキーがあるので使いました。

VPCの設定

EFSのDNS名にEC2からアクセスしますので、DNSホスト名を有効にしておきます。

これをしておかないと、マウントするときに以下のエラーになります。

EC2からマウント

Amazon Linux 2を起動してSSHでログインします。

chownは用途に応じて行ってください。

/etc/fstabには以下の行を追加します。

fs-5c768917:/ /var/efs efs defaults,_netdev 0 0

  • “fs-5c768917″はEFSのファイルシステムIDですので環境によって変わります。
  • “/var/efs”はマウント先ですので環境によって変わります。
  • “efs”はマウントタイプです。EFSの場合は”efs”です。
  • “defaults,_netdev”はmount optionsです。

詳細はこちらのAmazon EFS ファイルシステムの自動マウントをご参照ください。

マウントしてデータを保存してみます。

問題なさそうであれば、EC2からAMIを作成して新しいインスタンスを起動します。
ユーザーデータに以下を記述しておきます。

新たに起動したインスタンスからもファイルをEFSに保存してみます。

両方のインスタンスから、同じファイルが見えていることが確認できました。

Redmineの添付ファイル保存先設定

config.ymlに次の行を追加すればOKです

attachments_storage_path: /var/efs

課金体系

今回の場合は、プロビジョンドスループット を使っていませんので、保存している容量に対しての課金のみです。
EFSはEBSと違ってストレージ容量をプロビジョニングする必要がない上に保存しているデータに対してのみ課金が発生します。

2018/8/11現在でEBS, EFS, S3でGB月(1ヶ月間1GB保存した場合)のバージニア北部の料金を比較してみます。

サービス 料金
EBS 0.1 USD
EFS 0.3 USD
S3 0.023 USD
  • EBSはプロビジョニング容量に対しての課金ですのでEFS,S3のように保存した実容量ではありません。
  • S3は最初の50TBで、リクエスト料金も発生します。
  • リージョン外へのデータ転送料金はS3も発生します。
  • リージョン外へのデータ転送料金はEBSとEFSはEC2を経由して発生します。

コストや耐久性を考えるとアプリケーションをカスタマイズしてS3を利用することを検討するのが良さそうですが、
カスタマイズできない、したくないアプリケーションをAWSへ移行して、EC2を単一障害点にしないよう複数台の高可用性構成にする場合に、EFSは有効に使えると思いました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

Cloud9でAWS CDK環境

最初ローカルに作ろうと思ったのですが、環境依存がというか、Macbookの環境で …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

AtomエディタでEC2のファイルを直接編集する

Webページを編集していてEC2のファイルをvimエディタでさわったりしています …

「re:CAP ~サーバーワークス re:Invent 2018 報告会~」でre:Invent2018について思われたことを聞かせていただいた

サーバーワークスさんのre:Invent re:CAPにおじゃましました。 re …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

AWS DeepLensセットアップの儀

AWS DeepLensのセットアップを開始します。 AWS DeepLensを …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

Feedlyのフィードを自動でSlackへ投稿する(AWS Lambda , Amazon DynamoDB)

目次 やりたいこと実現方法動作ソースコードDynamoDBの設定参考 Dynam …