ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2024「技術的負債との戦い! PR TIMESエンジニアチームのオブザーバビリティ改善ジャーニー」を見ました

   

New Relic株式会社 テクニカルアカウントマネージャ 小林 良太郎さん
株式会社PR TIMES 開発本部 インフラチームテックリード 櫻井 慎也さん

New Relic

New Relicは監視ツールではなく、オブザーバビリティプラットフォーム。

PR TIMES

サービス開始当初から10年以上が経過していて、増殖した自社製PHPフレームワーク、モノリシックアーキテクチャで構成されていた。
カスタマイズのリスクが高く、エラー原因の調査も難解で、ログは直接サーバーに接続しなければならない。
これらをNew Relicを使って改善された。

PR TIMESのオブザーバビリティへの取り組み

エラー監視(APM Errors)

エラー発生状況からログへのドリルダウンができて、だいたい原因まですぐにたどり着ける。
New RelicからSlackへアラートを通知して、該当のNew RelicのURLへすぐにアクセスできるようにした。

パフォーマンス改善(APM Transactions)

実行回数 x 平均時間 = 総実行時間が大きいものから優先的に対応された。
降順ソートして実行時間が大きいものをピックアップして、ドリルダウンして処理内容などを分析できる。

ログ監視(Logs + Alerts)

Fluentdを使って、New Relic Logsにログを転送して集約。

NRQL

SQLのようなクエリ言語。
New Relic内のデータに対してSQL検索ができる。
生成AIによるサポート機能も追加された。

デプロイスクリプトの改善

問題の多かった既存スクリプトをやめて、一から作成し直した。
最初にビルドをまとめて終わってからデプロイすることにした。
シンボリックリンクを使ってブルーグリーンデプロイをできるようにした。

移行

オンプレミス環境の問題

  • ストレージ枯渇
  • サポート対象外のデータベース
  • 固定化されたサーバー
  • 手動のセットアップ

AWSへ移行

  • DMSレプリケーションでRDSへのバージョンアップも含むデータ移行。
  • IaCで管理
  • SSMセッションマネージャーで踏み台サーバー撤去
  • New Relicへの親和性もオンプレミスよりも高い
  • スケーリング、復旧が簡単に
  • Lambdaなどマネージドサービスも活用できるように
  • 障害発生はすぐに検知して対応

今後

  • セキュリティの強化
  • PHPのバージョンアップ
  • コード品質の改善

感想

理想的なクラウドジャーニーのお話でした。
まず持っていくときにも、妥協なく適切な移行をして、移行後に手をつけられるところから改善を素早く行っていかれる。
SaaSやマネージドサービスで実現できるところで、躊躇なく選択されているのも良かったです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

「 MonotaRO Tech Talk #1」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRO Tech Talk」に行ってきました。 ビー …

「Serverless Days Tokyo 2023 サーバーレスは死ぬな!みんなEDA(Event Driven Architecture)として使ってるでしょ?」を見ました

2023/9/23にServerless Days Tokyo 2023に参加し …

「【大阪リージョンオープン記念】AWS Expert Online for JAWS-UG #14」に参加しました

AWS Expert Online for JAWS-UG #14に参加しました …

Backlog World 2021 旅 ~Journey~ オンラインに参加しました

Backlog World 2021 旅 ~Journey~ オンラインに参加し …

「Media-JAWS 【第10回】渋谷に集合!」に参加しました

Media-JAWS 【第10回】渋谷に集合!に参加しました。 Media-JA …

AWS認定のバッジ管理が新しくなったみたいです

ふと、メールが届きました。 なんでしょうね。 いきなりリンクを踏むのもあれなんで …

「JAWS-UG名古屋 re:Inventに行ったつもりのLT大会&忘年会」でLTしてきました

大阪から東京へ自転車で向かう初日に名古屋でJAWS-UGでLT大会に参加しようと …

「kintone Café 大阪 Vol.14 〜モザイクなし!うちのkintoneはこれだ!〜」で登壇しました

「kintone Café 大阪 Vol.14 〜モザイクなし!うちのkinto …

東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2に行ってきました

今回初参加で行ってきました。 東大阪メーカーズ・ミートアップとは 「主に東大阪の …

Oracle Java SE7 Silverを受験してみて

受験の目的 Goldの前提条件だから Gold資格を取得する目的は技術レベルを理 …