ヤマムギ

growing hard days.

*

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

      2017/08/18


作る部分

Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。

kintoneテンプレートからアプリを作成する

こちらからkintoneアプリテンプレートをダウンロードしてください。

kintoneにログインします。

※もしもkintoneの開発者ライセンスが間に合わなかった方はkintone30日間トライアルよりトライアル環境を取得してください。

右上の歯車のアイコンから[kintoneシステム管理]をクリックします。

[アプリテンプレート]をクリックします。

[読み込む]をクリックします。

[参照]からダウンロードしたアプリテンプレートのzipファイルを指定して、[読み込む]をクリックします。

アプリが読み込まれました。

家のアイコンをクリックしてポータル画面に戻ります。

画面右の[アプリ] – [+]をクリックしてアプリを新規作成します。

[テンプレートから作成]をクリックします。

先ほど読み込んだアプリがあるので[アプリを作成]をクリックします。

アプリが作成されました。

アプリIDの確認とアプリトークンの発行

作成したアプリを開いてブラウザのURLバーを確認します。

https://****.cybozu.com/k の後にある数字がアプリIDですので控えておきます。
画像の例では 77 がアプリIDです。
「****.cybozu.com」も後で使うのでテキストエディタにコピーしておきます。

アプリの右側にある歯車アイコンをクリックします。

[アイコンと説明]をクリックします。

アプリグループが[Private]になっている場合は[Public]にして[保存]をクリックします。
すでに[Public]になっている場合は[保存]、[キャンセル]、[アプリの設定]のいずれかをクリックして[アプリの設定画面]に戻ってください。

[APIトークン]をクリックします。

[生成する]をクリックして生成されたAPIトークンをテキストエディタにコピーしておきます。
アクセス権は[レコード追加]のみにチェックして[保存]をクリックします。

[アプリを更新]をクリックします。

プログラムのダウンロード

Github-yamamugi_handson_to_kintoneにあります。

こちらのダウンロードリンクからダウンロードしてください。

プログラム解説

一部抜粋

  • StepFunctionsから受け取ったデータを取得します。
  • kintoneに追加するデータをinsert_recordにセットします。
  • requestsモジュールを使ってkintoneのAPI URLにPOSTしています。
  • post_record関数の戻り値を登録したレコードのレコードNoにしているのでそれをStepFunctionsへ返します。

Lambda関数の作成

AWSマネジメントコンソールでLambdaを開いて、[関数の作成]をクリックします。

何も選択せず、[一から作成]をクリックします。

何も選択せず、[次へ]をクリックします。

名前 : 2_1_to_kintone
説明 : ヤマムギハンズオン kintoneへレコード登録
ランタイム : Python 3.6

コードエントリタイプは「.zipファイルをアップロード」でyamamugi_handson_to_kintoneからダウンロードしたZIPファイルをアップロードします。

環境変数
* KINTONE_APP : kintoneアプリのアプリID(例では77)
* KINTONE_DOMAIN : kintoneのドメイン(****.cybozu.comを****だけじゃなくて全部入れてください。)
* KINTONE_TOKEN : kintoneで生成したAPIトークン
* LOG_LEVEL : DEBUG(ログを減らしたい場合は ERRORかINFOを設定します)

既存のロールから手順1と同じlambda_basic_executionを選択します。

必要ないとは思いますが、念のためタイムアウトを5分にしておきます。
[次へ]をクリックします。

[関数の作成]をクリックします。

右上の[テスト]をクリックします。

テストイベントを上記で設定して[保存してテスト]をクリックします。

実行結果に kintone_url として、登録されたkintoneレコードのURLが出力されれば成功です。

そのURLをコピーしてブラウザで表示してみます。

パラメータで渡した電話番号とLINE IDが登録されたレコードが編集モードで開きました。

目次

(1)LambdaからSlackへ通知する1

(2)LambdaからSlackへ通知する2

(3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する ←今ここ

(4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

(5)LINEからの投稿へ返信と登録処理

(6)Twilioからの電話受付と登録処理

(7)ラッキーコンテンツ


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study , , ,

ad

ad

  関連記事

「RPA勉強&LT会!RPALT vol1@Innovation Space DEJIMA」でLTしました

「RPA勉強&LT会!RPALT vol1@Innovation Space D …

ヤマムギ vol.10 (AWS)EC2モニタリングハンズオン 手順

このブログは2020/5/6に開催しました、「ヤマムギ vol.10 (AWS) …

AWS Cloud Roadshow 2016 Osaka Night Event ミッドナイトJAWS

AWS Cloud Roadshow Osaka 2016のナイトイベントでミッ …

JBUG(Japan Backlog User Group) 記念すべき大阪開催の勉強会1回目に参加しました

JBUGが我らがマイタウン大阪で開催されるとのことで、お久しぶりのTAMさんにお …

Innovation EGG 第8回 『可視化・課題と支える技術』に行ってきました

Innovation EGG 第8回 『可視化・課題と支える技術』に行ってきまし …

Innovation EGG 第4回 『各クラウドの現状とこれから』に参加してきました!

Innovation EGG 第4回 『各クラウドの現状とこれから』に参加させて …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの統計情報を抽出するというハンズオンに行ってきました

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの情報をWebスクレイピン …

業を営む(To engage in business)

この記事は、クラウド営業 Advent Calendar 2018に参加した記事 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/6

本日は例外の続き。 これで参考書の章立てはとりあえず終了!! 明日からは模試と練 …