ヤマムギ

growing hard days.

*

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

      2017/08/18


作る部分

Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。

kintoneテンプレートからアプリを作成する

こちらからkintoneアプリテンプレートをダウンロードしてください。

kintoneにログインします。

※もしもkintoneの開発者ライセンスが間に合わなかった方はkintone30日間トライアルよりトライアル環境を取得してください。

右上の歯車のアイコンから[kintoneシステム管理]をクリックします。

[アプリテンプレート]をクリックします。

[読み込む]をクリックします。

[参照]からダウンロードしたアプリテンプレートのzipファイルを指定して、[読み込む]をクリックします。

アプリが読み込まれました。

家のアイコンをクリックしてポータル画面に戻ります。

画面右の[アプリ] – [+]をクリックしてアプリを新規作成します。

[テンプレートから作成]をクリックします。

先ほど読み込んだアプリがあるので[アプリを作成]をクリックします。

アプリが作成されました。

アプリIDの確認とアプリトークンの発行

作成したアプリを開いてブラウザのURLバーを確認します。

https://****.cybozu.com/k の後にある数字がアプリIDですので控えておきます。
画像の例では 77 がアプリIDです。
「****.cybozu.com」も後で使うのでテキストエディタにコピーしておきます。

アプリの右側にある歯車アイコンをクリックします。

[アイコンと説明]をクリックします。

アプリグループが[Private]になっている場合は[Public]にして[保存]をクリックします。
すでに[Public]になっている場合は[保存]、[キャンセル]、[アプリの設定]のいずれかをクリックして[アプリの設定画面]に戻ってください。

[APIトークン]をクリックします。

[生成する]をクリックして生成されたAPIトークンをテキストエディタにコピーしておきます。
アクセス権は[レコード追加]のみにチェックして[保存]をクリックします。

[アプリを更新]をクリックします。

プログラムのダウンロード

Github-yamamugi_handson_to_kintoneにあります。

こちらのダウンロードリンクからダウンロードしてください。

プログラム解説

一部抜粋

  • StepFunctionsから受け取ったデータを取得します。
  • kintoneに追加するデータをinsert_recordにセットします。
  • requestsモジュールを使ってkintoneのAPI URLにPOSTしています。
  • post_record関数の戻り値を登録したレコードのレコードNoにしているのでそれをStepFunctionsへ返します。

Lambda関数の作成

AWSマネジメントコンソールでLambdaを開いて、[関数の作成]をクリックします。

何も選択せず、[一から作成]をクリックします。

何も選択せず、[次へ]をクリックします。

名前 : 2_1_to_kintone
説明 : ヤマムギハンズオン kintoneへレコード登録
ランタイム : Python 3.6

コードエントリタイプは「.zipファイルをアップロード」でyamamugi_handson_to_kintoneからダウンロードしたZIPファイルをアップロードします。

環境変数
* KINTONE_APP : kintoneアプリのアプリID(例では77)
* KINTONE_DOMAIN : kintoneのドメイン(****.cybozu.comを****だけじゃなくて全部入れてください。)
* KINTONE_TOKEN : kintoneで生成したAPIトークン
* LOG_LEVEL : DEBUG(ログを減らしたい場合は ERRORかINFOを設定します)

既存のロールから手順1と同じlambda_basic_executionを選択します。

必要ないとは思いますが、念のためタイムアウトを5分にしておきます。
[次へ]をクリックします。

[関数の作成]をクリックします。

右上の[テスト]をクリックします。

テストイベントを上記で設定して[保存してテスト]をクリックします。

実行結果に kintone_url として、登録されたkintoneレコードのURLが出力されれば成功です。

そのURLをコピーしてブラウザで表示してみます。

パラメータで渡した電話番号とLINE IDが登録されたレコードが編集モードで開きました。

目次

(1)LambdaからSlackへ通知する1

(2)LambdaからSlackへ通知する2

(3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する ←今ここ

(4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

(5)LINEからの投稿へ返信と登録処理

(6)Twilioからの電話受付と登録処理

(7)ラッキーコンテンツ

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - event, study , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきました

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきま …

MonotaRO TechTalk #4「データ分析」に行ってきました

本日の一杯目。MonotaRO TechTalk #4「データ分析」もちろん呑み …

Developers Summit 2018 「Kubernetesを用いた最強のマイクロサービス環境をGKEで実現しよう」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

JINS MEME DEVELOPER HANDS-ON #5に行ってきました

世界初、自分を見るアイウェアの「JINS MEME」のSDK勉強会に行ってきまし …

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう!」に行ってきました

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう! 」 …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

AWS Cloud Roadshow 2016 Osaka Night Event ミッドナイトJAWS

AWS Cloud Roadshow Osaka 2016のナイトイベントでミッ …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (2)LambdaからSlackへ通知する2

作る部分 この部分のLambdaを作成します。 手順1でSlackのIncomi …

Developers Summit 2018 「Spinnakerで実現するデプロイの自動化」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …