ヤマムギ

growing hard days.

*

「JBUG広島#7 × Agile Japan」に参加しました

   


JBUG広島さんとAgile Japanさんの合同勉強会に参加しました。

きっとこちらのオープニングはブログに貼ってもいいのでしょう。

パネルセッション「エンジニアにビジネスができるか」鑑賞

Agile Japan 2020 基調講演

Agile Japan 2020のテーマは「変わる勇気、変えない勇気」。
うん。勇気は必要です。
覚悟が勇気を後押ししますね。
基調講演を見てみて、自分は覚悟を持てるか、どうだろう。

「家業を持ってるエンジニアにお伝えできれば」とは石井食品の石井さん。
「NHKスペシャル、ブラタモリ、数学が大好きでそれを実現するために会社を作った」と漆原さん。
自分としては言わずもがなの倉貫さん。
お3方の「エンジニアにビジネスができるか?」をテーマとしたパネルセッション。

「作ってお金もらえるのがエンジニア」
「使ってもらってお金もらえるのがビジネス」
たしかに。
サービスの本質ですよね。
DevOpsならぬDevBuisness。
ビジネスは作っただけじゃ終われない。

自分の関連に置き換えると、認定資格取っただけでお金もらっちゃだめなんですよね。本当は。

そしてエンジニアの価値が高めやすくなってますよね。
クラウド、OSS、フレームワーク、作らなくても用意しなくても、エンジニアが本来やるべきことをやりやすくなっている。

課題と技術はセットですね。
なんだったら技術なしで解決できればそれでもいいはずなので、課題目線が優先ですね。
技術があったほうがよりよく解決できることが多いので、今必要ではない技術でも、選択肢は拡げているほうが課題解決のアドバンテージになりますね。

「経営者がエンジニアリング学ぶより、エンジニアがビジネス学ぶほうが早い」
それは確かにそうです。
でも、「俺ITわからんから」って平気で言いつつ聞く耳を持たない経営層はボトルネックになりますね。

制約は技術選択次第ではもうかなり取り払われて、敷居が下がってますね。
もちろん要件にもケースにもよりますが、極端な話例えばどんな要件でもクラウドを使わないと決めている組織は自らに制約を課しています。

「経営者」さんはたしかに会社や社会をよくしようと考えてますが、「経営層」さんが全員そうとは限らないです。
一番やっかいなのが立場を守りたい人。
この人を味方として考えることができるか。どうか。

Agile Japan 基調講演のふりかえり

パネラー

「社長とモブプロは嬉しくないんじゃ」

認定資格の報奨金の話

「なんかあったら言ってきて」で「言ってこないのは経営層の怠慢」

道の真ん中を綺麗にするプロジェクトマネジメント

中野康雄さん(ARI)

江戸下町は道の真ん中がきれいらしいです。
それは道の向かいに住んでる人お互いが真ん中よりも向こう側まで掃除するからだそうです。
いい話ですね。
これをプロジェクトに置き換えて、プロジェクトメンバーみんなが人任せにせずに道の真ん中を超えることでうまくいく。
そうですね。

自分の範囲だけしか掃除しなければ、道の真ん中は汚れていく。
その原因は次。

  • お互いの理解不足
  • 見えないものへの不安
  • 「やって終わり」が生まれやすい構造
  • PMへの押しつけ、孤立

これらの原因をどう解決していくか。
とりあえずこの時点で自分が思うことを書いてみました。

  • お互いの理解不足
    理解する。人と自分は違う。思い込まない。

  • 見えないものへの不安
    見せる。可視化。

  • 「やって終わり」が生まれやすい構造
    ゴールを見えやすくする。可能な限り体験を提供する。

  • PMへの押しつけ、孤立
    自分がやれること(やってはいけないこと以外)を探してやっていく。

そして、セッションを聞きながら書き足します。

  • お互いの理解不足
    理解する。人と自分は違う。思い込まない。
    勝手に期待し過ぎない。
    察してもらおうとしない。つもりはだめ。
    明確なリクエスト。

  • 見えないものへの不安
    見せる。可視化。
    議事録、議事メモは必ずとる。
    リアクション。
    要件は正解はないので変更に備えるスタンスに変える。

  • 「やって終わり」が生まれやすい構造
    ゴールを見えやすくする。可能な限り体験を提供する。
    業務ヒアリングにはエンジニア同席。
    仮説を仮説として記録して安心して変更できるようにする。

  • PMへの押しつけ、孤立
    自分がやれること(やってはいけないこと以外)を探してやっていく。
    当事者意識は勝手にはうまれないから意図的に生む。
    問題はただの目標と現実の差であり、目標達成に向けての前進中であることの証。

Backlog World 2021 [旅 ~Journey~] オンライン


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

隣の芝生は青かった?!VoiceUI/UXデザイナーがスキル解剖して気づいたいくつかのこと(Alexa Day 2019でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

「はじめての Amazon Lookout for Vision ハンズオン」に参加しました

Amazon Lookout for Visionのハンズオンに参加しました。 …

AWS re:Invent 2019 裏レポート

会社の公式ブログに表のレポートは書きましたので、こちらでは裏レポートを。 裏レポ …

「kintone Café 大阪 Vol.17 〜 kintoneと連携するスマホアプリを作ってみよう! 〜」会場スポンサー初体験!

kintone Café 大阪で弊社の会場を使ってもらいました。 この会社に来て …

四国クラウドお遍路 2020 松山サテライト会場に参加しました

四国クラウドお遍路2020に参加してきました。 往路 伊丹空港から飛行機で行きま …

「DeNA re:Invent 2018 報告会」でエンジニアが伝えたいre:Inventの話が聞けた

DeNAさんのre:Invent報告会に参加しました。 開催されているDeNAさ …

「JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレス」の運営をしました

JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレスを開催、運営しました〜。 事の発 …

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大阪」に参加しました

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大 …

Developers Summit 2018 「事例2本立て!Redmineユーザ達が語る現場定着化への取組みと導入アンチパターン」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Developers Summit 2018 「自然言語処理・機械学習を活用したファクトチェック業務の支援」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …