ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS認定オンライン受験をしてみました(OnVUE)

      2020/05/29


本日2020年5月28日より、AWS認定試験のオンライン受験が、日本国内でも可能になりました〜!!

受けたかった認定試験がありましたので、早速申し込んで受験してみました。
幸い20:30という枠が予約できました。

先に、システムテストをしておきます。
システムテストでは、OnVUEのアプリケーションをインストールして、スマートフォンからの顔写真、身分証明書や部屋写真のアップロードを行って、サンプルの問題に回答するところまでします。

必要なもの、望ましい環境をまとめるとこちらかと思います。

  • Webカメラ
  • マイク
  • ネットワーク
  • 顔写真の撮影
  • 写真付き証明証
  • 他の人が入らない部屋
  • 余計なものを置かないデスク

受験した部屋は、自分の部屋で、家族には試験中は声をかけたり、ドアを開けたりしないでね、と伝えておきました。

受験予約時間の30分前にチェックイン開始です。

「チェックインプロセスと試験監督員とのコミュニケーションを英語で実施するための英語力が必要」とあったので、こちらがドキドキでした。

チャットはありますが、すべて音声での指示でした。
ゆっくり話していただいたのでなんとか対応できました。

デスクにカメラを向けるように言われたので従いました。


ディスプレイには接続してなかったのですが、ディスプレイは床に降ろすように言われたので、降ろしました。


そして、デスクがこのような状態になって、「Excellent!」と褒められました。

後は両腕をカメラに映して、時計やスマートウォッチがないのを確認しました。

ここからは、試験センターで受けるのと変わりありませんでした。
違う点は、メモは禁止です。
そりゃそうですね。

結果は合格でした!
終われば試験監督員とのコミュニケーションは特になく、そのまま終了です。

なにはともあれ、これで自粛期間でも自宅でAWS認定試験が受験できますね!!

後でもらった質問

外部ディスプレイだめ?

「追加のモニターは禁止されています」と公式にかかれていました。

メモだめ?

「試験中のメモ用紙の使用やメモ行為は認められていません。」と、ピアソン申し込み時の注意点に記載されていました。

私物は?

「試験中はすべての私物を手の届かない場所に保管してください。試験中に私物を所持したり、アクセスすることはできません。
私物には、(携帯電話やスマートフォンを含む)電子機器、時計、カメラ、その他の記録機能付きの機器、鞄、ビジネスバッグ、財布、書籍、ノートなどが含まれます。」と、ピアソン申し込み時の注意点に記載されていました。

離席は?

「いかなる理由でも、試験中は受験用PCの席から立ち上がったり、離れたりすることは認められていません。これには、トイレの利用やその他の休憩の場合も含まれます。」と、ピアソン申し込み時の注意点に記載されていました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - study

ad

ad

  関連記事

DevLOVE関西「事業会社の現場を知ろう~モノタロウ編~」に行ってきました

DevLOVE関西「事業会社の現場を知ろう~モノタロウ編~」 モノタロウさんプラ …

「機械学習・データサイエンス基礎講座(1)」に参加しました

異業種データサイエンス研究会を主宰されている井伊さんが開催される連続の基礎講座の …

「Einsteinボット構築体験ハンズオン」でボットをノーコードで構築した

Salesforce World Tour Tokyoで基調講演の後、最近のニー …

Innovation EGG 第6回 『IoT 今と未来』に参加してきました

雨を心配していましたが、曇り空ながら雨はやんで、180名強の方が参加されたInn …

「IoT縛りの勉強会/SIer主催版 SIerIoTLT vol4」に行ってきました

「IoT縛りの勉強会/SIer主催版 SIerIoTLT vol4」に行ってきま …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

作る部分 Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をし …

Developers Summit 2018 「Kubernetesを用いた最強のマイクロサービス環境をGKEで実現しよう」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレス」の運営をしました

JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレスを開催、運営しました〜。 事の発 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/4

本日は継承をどっぷりと。 一気に詰め込んで正解だったかも。 いつものごとくマーク …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …