ヤマムギ

growing hard days.

*

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

      2017/08/18


作る部分

Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をします。

プログラム

Github-yamamugi_handson_sf_initにあります。

今回は外部モジュールは使わないのでプログラムはzipアップロードではなく、インラインエディタで編集します。

プログラム解説

一部抜粋

  • StepFunctionsから受け取ったデータを取得します。
  • 次のパラレルステートに渡すデータをオブジェクトに入れてStep Functionsに返します。

Lambda関数の作成

AWSマネジメントコンソールでLambdaを開いて、[関数の作成]をクリックします。

何も選択せず、[一から作成]をクリックします。

何も選択せず、[次へ]をクリックします。

名前 : 1_sf_init
説明 : ヤマムギハンズオン StepFunctionsの最初のステート
ランタイム : Python 3.6

こちらのコードをクリップボードにコピーしておきます。

コードエントリタイプは「コードをインラインで編集」のままで、
元からあるコードを消して、
コピーしたコードを貼り付けます。

環境変数
* LOG_LEVEL : DEBUG(ログを減らしたい場合は ERRORかINFOを設定します)

既存のロールから、手順1と同じlambda_basic_executionを選択します。
[次へ]をクリックします。

[関数の作成]をクリックします。

右上のテストをクリックします。

テストイベントを上記で設定して[保存してテスト]をクリックします。

このような結果になればOKです。

StepFunctionsの作成

はじめてStepFunctionsを作成する場合は、上記の画面となるので[今すぐ始める]をクリックします。

はじめてでない場合はStepFunctionsマネジメントコンソールで[ステートマシンの作成]をクリックします。

ステートマシン名は「sf_1」とします。

ステップ2 : 設計図は何も選択しません。

JSONをクリップボードにコピーしておきます。
(Githubのrawからコピーすると項目のダブルクォーテーションが除去されてこの後エラーになるのでご注意ください。)

コードに貼り付けます。

Resource((4箇所))のダブルクォーテーション内をクリックするとLambdaのARNの候補が表示されるので、ステート名と同じものを選びます。
もしくは「xxxxxxxxxxxx」(4箇所)をアカウントIDに書き換えます。

アカウントIDはマネジメントコンソールの右上のアカウントをクリックして表示される[アカウント]メニューで確認出来ます。

アカウントIDはハイフンなしの12桁の数字です。

ビジュアルワークフローの更新アイコンをクリックしてこのように表示されるとOKです。

[ステートマシンの作成]をクリックします。

ステートマシン実行のIAMロールでそのまま[OK]をクリックします。

[新しい実行]をクリックします。

上記を設定して、[実行の開始]をクリックします。

すべてが緑になって完了すればOKです。

StepFunctionのJSONの解説

詳細は公式のAmazon States Languageでご確認ください。

今回使用している範囲の解説です。

  • Comment : コメントです。なんでもいいです。
  • StartAt : States内にあるステートのどこから始めるかを指定します。
  • States : ステートをカンマ区切りで記述します。
  • Type : Lambdaの場合は”Task”を、パラレルの場合は”Parallel”を何もしない場合は”Pass”を指定します。
  • Next : 次に実行するステートを指定します。
  • OutputPath : ステートから出力する変数を記述します。”$”にするとそのままのアウトプットです。
  • InputPath : 直前のステートのOutputPathをそのまま受け取る場合は”$”にします。一部を受け取る場合は”$.to_kintone”などにします。配列の場合”$.a[0:2]”なども可能です。
  • Resource : Lambdaの場合、Lambda関数のARNを指定します。
  • Branches : Parallelで並列に実行するステートをカンマ区切りで記述します。
  • End : States内の終了のステートの場合Trueで指定します。

LambdaのARN

これです。

目次

(1)LambdaからSlackへ通知する1

(2)LambdaからSlackへ通知する2

(3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

(4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する ←今ここ

(5)LINEからの投稿へ返信と登録処理

(6)Twilioからの電話受付と登録処理

(7)ラッキーコンテンツ


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , , ,

ad

ad

  関連記事

Windowsでの自動化について考える会に出席させていただいた

2015年2月21日 土曜日 詳細はSlideShareの資料を確認してもらえれ …

AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法(Alexa Day 2019でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

「【大阪リージョンオープン記念】AWS Expert Online for JAWS-UG #14」に参加しました

AWS Expert Online for JAWS-UG #14に参加しました …

ヤマムギvol.13 AWSアカウント作成と保護のデモをしました

2021年のゴールデンウィークチャレンジということで、10日連続で毎朝30分デモ …

IT運動部LT大会で発表しました

IT運動部というFacebookグループがあります。 今日はそのLT大会でした。 …

「関西AWSスタートアップ勉強会」に行ってきました

第2回 関西スタートアップAWS勉強会に行ってきました。 akippa 拠点数コ …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

作る部分 Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。 …

家族目線(HVC-C2W)SDKサンプルコードを実行してみました(iOS編)

オムロンさんの家族目線(HVC-C2W)SDKサンプルコードを実行してみました。 …

Developers Summit 2018 「マイクロサービスをAWSサーバレス&コンテナで実装する方法」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「機械学習・データサイエンス基礎講座(1)」に参加しました

異業種データサイエンス研究会を主宰されている井伊さんが開催される連続の基礎講座の …