ヤマムギ

growing hard days.

*

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

      2017/08/18


作る部分

Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をします。

プログラム

Github-yamamugi_handson_sf_initにあります。

今回は外部モジュールは使わないのでプログラムはzipアップロードではなく、インラインエディタで編集します。

プログラム解説

一部抜粋

  • StepFunctionsから受け取ったデータを取得します。
  • 次のパラレルステートに渡すデータをオブジェクトに入れてStep Functionsに返します。

Lambda関数の作成

AWSマネジメントコンソールでLambdaを開いて、[関数の作成]をクリックします。

何も選択せず、[一から作成]をクリックします。

何も選択せず、[次へ]をクリックします。

名前 : 1_sf_init
説明 : ヤマムギハンズオン StepFunctionsの最初のステート
ランタイム : Python 3.6

こちらのコードをクリップボードにコピーしておきます。

コードエントリタイプは「コードをインラインで編集」のままで、
元からあるコードを消して、
コピーしたコードを貼り付けます。

環境変数
* LOG_LEVEL : DEBUG(ログを減らしたい場合は ERRORかINFOを設定します)

既存のロールから、手順1と同じlambda_basic_executionを選択します。
[次へ]をクリックします。

[関数の作成]をクリックします。

右上のテストをクリックします。

テストイベントを上記で設定して[保存してテスト]をクリックします。

このような結果になればOKです。

StepFunctionsの作成

はじめてStepFunctionsを作成する場合は、上記の画面となるので[今すぐ始める]をクリックします。

はじめてでない場合はStepFunctionsマネジメントコンソールで[ステートマシンの作成]をクリックします。

ステートマシン名は「sf_1」とします。

ステップ2 : 設計図は何も選択しません。

JSONをクリップボードにコピーしておきます。
(Githubのrawからコピーすると項目のダブルクォーテーションが除去されてこの後エラーになるのでご注意ください。)

コードに貼り付けます。

Resource((4箇所))のダブルクォーテーション内をクリックするとLambdaのARNの候補が表示されるので、ステート名と同じものを選びます。
もしくは「xxxxxxxxxxxx」(4箇所)をアカウントIDに書き換えます。

アカウントIDはマネジメントコンソールの右上のアカウントをクリックして表示される[アカウント]メニューで確認出来ます。

アカウントIDはハイフンなしの12桁の数字です。

ビジュアルワークフローの更新アイコンをクリックしてこのように表示されるとOKです。

[ステートマシンの作成]をクリックします。

ステートマシン実行のIAMロールでそのまま[OK]をクリックします。

[新しい実行]をクリックします。

上記を設定して、[実行の開始]をクリックします。

すべてが緑になって完了すればOKです。

StepFunctionのJSONの解説

詳細は公式のAmazon States Languageでご確認ください。

今回使用している範囲の解説です。

  • Comment : コメントです。なんでもいいです。
  • StartAt : States内にあるステートのどこから始めるかを指定します。
  • States : ステートをカンマ区切りで記述します。
  • Type : Lambdaの場合は”Task”を、パラレルの場合は”Parallel”を何もしない場合は”Pass”を指定します。
  • Next : 次に実行するステートを指定します。
  • OutputPath : ステートから出力する変数を記述します。”$”にするとそのままのアウトプットです。
  • InputPath : 直前のステートのOutputPathをそのまま受け取る場合は”$”にします。一部を受け取る場合は”$.to_kintone”などにします。配列の場合”$.a[0:2]”なども可能です。
  • Resource : Lambdaの場合、Lambda関数のARNを指定します。
  • Branches : Parallelで並列に実行するステートをカンマ区切りで記述します。
  • End : States内の終了のステートの場合Trueで指定します。

LambdaのARN

これです。

目次

(1)LambdaからSlackへ通知する1

(2)LambdaからSlackへ通知する2

(3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

(4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する ←今ここ

(5)LINEからの投稿へ返信と登録処理

(6)Twilioからの電話受付と登録処理

(7)ラッキーコンテンツ

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - event, study , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ヤマムギ vol.6(勉強会) 「LINEとAWS(Lambda,Step Functions,API Gateway)とTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン」を開催しました

2017/8/18に ヤマムギ vol.6 「LINEとAWS(Lambda,S …

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (2)LambdaからSlackへ通知する2

作る部分 この部分のLambdaを作成します。 手順1でSlackのIncomi …

「kintone カスタマイズハンズオン」に行ってきました

ハンズオン中のメモです Rest API ログイン認証だとトークン認証で出来ない …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/3

本日は継承。 眠すぎるのでちょっとだけ。 本当に少しだけでもいいから続ける。それ …

「JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレス」の運営をしました

JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレスを開催、運営しました〜。 事の発 …

Alexa Day2018で「Alexa連携デバイスクラウドを構成するAWS ソリューション」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

Developers Summit 2018 「Building Real-time Application With AWS AppSync 〜GraphQLの始め方〜」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「kintone Café 大阪 Vol.15 〜kintone Night Café 2017 〜」でLTしてきました

「kintone Café 大阪 Vol.15 〜kintone Night C …