ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2024「マーケットインアプローチで挑む新規プロダクトの立ち上げ」を見ました

   

株式会社ベリサーブ 研究企画開発部 サービス開発課 田中 志弥さん

ソフトウェア検証/品質保証サービスを提供されているベリサーブさん。

新規プロダクトを立ち上げた背景

新規プロダクトを作るミッションがあった。
ひとまずLLMでテストという企画。
ダメだったけどフィードバックを3点。
* イノベーションを加速するならテスト/品質にこだわらなくてよい。
* HowよりWhat、Whyを考える。
* 顧客は本当にその問題を抱えているのか。

What、Why

Who: Webプロダクト開発チーム
Why: Webプロダクト開発をより良いものにしたい、PLG(Product-Led Growth)との親和性、ドッグフーディングができる
PLGはいわば無料利用枠があるサービスで、使いはじめるところからスタートする。

そしてWhat(課題、ニーズ)を探す旅へ。
Burning Needs(火がついているような強いニーズ)を見つけるためにはお客様と話す。

インタビュープラットフォームはuniiリサーチ、torima.inを利用。
インタビューはオンラインで30分~45分ぐらい。
オープン質問から脱線を歓迎して自由に話してもらう。

結果、プロダクト開発の課題のほとんどがチームコミュニケーションの問題。
チームコミュニケーションを一元化するためのツールは導入しているが解消できていない。
チームコミュニケーションをよくするためのコミュニケーションができていないのではないか。
コミュニケーションの一元化はそもそも難しい。

情報の一元化によって課題は本当に解決するかを、パイロットユーザーを見つけて検証していく段階。

感想

ニーズ(Why)、課題(What)によりプロダクトが生まれる。
昔から、「クラウドだ」「IoTだ」「AIだ」というようにWhyもWhatもすっ飛ばして、Howから話が始まることってありましたね。
Howは引き出しとして持っておいて、Why、Whatで考えて、たくさん持ってるHowで対応できたらいいんですよね。
uniiリサーチは知らなかったので試してみます!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってきました

Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってき …

Agile Japan 2015 大阪サテライト「アジャイル開発への架け橋」に行ってきました

Agile Japan 2015 大阪サテライトに行ってきました。 具体的な目的 …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

ヤマムギvol.21 AWSのAPIリクエストに署名を追加するデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジもいよいよ9日目です。 平日 …

Developers Summit 2018「 IoTサービスを始める際に必要なこととは」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Rapidminerハンズオン勉強会に行ってきました

機械学習 OSSのRapidminerの勉強会に行ってきました。 OSS BI …

「第二回 AWSマルチアカウント事例祭り」に参加しました

AWSマルチアカウント事例祭りに参加しました。 YouTube配信でした。 マル …

ヤマムギvol.15 AWS Codeサービスのデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジ3日目です。 85名さんもの …

JAWS PANKRATION 2021「AWS Control Towerを使用して企業コストのサンドボックスを作成と継続的アウトプットのメリット」発表しました

同時通訳配信 JAWS PANKRATION 2021 -Up till dow …

「JAWS-UG Osaka AWSデビューするなら大阪から!大阪リージョン触ろうの会」に参加しました

3/2に大阪リージョンがオープンしたことを受けて、大阪リージョンでサーバーレスア …