ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2024「LLMを活用してオンライン薬局のオペレーションを自動化した話」を見ました

      2024/02/19

PharmaX株式会社 エンジニアリング責任者 上野 彰大さん

オンライン薬局、リモート薬剤師さんを運営されている。

LLMで疑義照会を半自動化

疑義照会は処方箋の間違いなどを発見して、医師に問い合わせること。
10~20件に1件ぐらい間違えている。
だいたいは1日の最大量を超えているケースが多い。

GPT-4により、医薬品の情報を抜き出して、照らし合わせて、疑義照会文章を自動生成している。

照らし合わせるためには、まずPDFから抜き出してJSONにしないといけない。
GPT-4Vがほぼ間違いなく正しい情報の固まりとして抜き出してくれる。

WebにあるPMDAの情報をスクレイピングして、照らし合わせる。
その結果によりプロンプトを作って、医師に問い合わせる文章を自動生成してもらう。
生成結果はSlackに飛んでくるので、それを薬剤師さんがチェックして医師に送信する。
1通あたりの文章生成までのコストが10円程度。

薬剤師チャットcopilot

薬剤師さんへの問い合わせチャットメッセージが来たときに、返答を提案してくれる。
既存の患者さんや新規の患者さんとで、担当者が変わるのと同じようにプロンプトを切り替えたりしている。
法律の問題もあるので完全自動化はしてませんが、かなり高い制度で返答が作成されている。
この精度を今後も上げていくように取り組まれている。

感想

ITの力が一番効かせやすいのは、インプットからアウトプットへの自動化なんですよね。
こうきたらこうする、というのが決まっているところは自動化しやすいですよね。
ロジックだけでは対応しづらかったOCRの精度や文章生成を、LLMで対応されるのすごくいい使い方ですね。
copilotも今後どんどんいろんなところで適用されていくでしょうね。
スピードは今のところ大きな課題ですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

ヤマムギvol.19 EC2のLinuxでファイル操作(S3, EFS)のデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジ7日目でした。 ご参加いただ …

Alexaで操作するスマートホームシステムの概要(Alexa Day 2019でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

ヤマムギvol.21 AWSのAPIリクエストに署名を追加するデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジもいよいよ9日目です。 平日 …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

MonotaRO TechTalk #4「データ分析」に行ってきました

本日の一杯目。MonotaRO TechTalk #4「データ分析」もちろん呑み …

「Serverless Days Tokyo 2023 サーバーレスアーキテクチャを使って、小さく作って大きくする取り組み」を見ました

2023/9/23にServerless Days Tokyo 2023に参加し …

ゴールデンウィーク10日連続デモ解説勉強会にチャレンジします

これまでに執筆した書籍の関連デモを解説する30分の勉強会を4/29~5/8の10 …

「CXを推進するカスタマーサポート最前線<関西編>」に行きました

ウフルさん主催の「CXを推進するカスタマーサポート最前線<関西編>」に行ってきま …

「AWS Expert Online 13 / JAWS-UG浜松 AWS勉強会 2021#1」に参加しました

本日のAWS Expert Onlineのテーマは「今日から始める、イベントドリ …

Developers Summit 2018 「Building Real-time Application With AWS AppSync 〜GraphQLの始め方〜」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …