ヤマムギ

growing hard days.

*

DevLOVE関西「SIerから飛び出して、それからどうするの?」に行ってきました

      2016/09/18


DevLOVE関西「SIerから飛び出して、それからどうするの?」に行ってきました。

SIerから飛び出して、それからどうするの?

「うねり」を産んだ言葉と 自分なりの越境のやり方

ギルドワークス 中村さん

うねりを産んだ言葉

  • 対価の対象はできたシステムではなく課題が解決できたかどうか
  • コードから書き始めるのではなく課題の状況状態を調べて、コードを書くことが必要なら書き始める
  • 正しいことだけを言い続けても誰も動いてくれないよ
  • 相手の状況や相手の立場も踏まえて話さないとせっかくのいいアドバイスも
  • 自分のいる場が変わるのを待っていられるほど人生は長くない
  • プロダクションコードを書く以外でもエンジニアとしてチームに貢献出来る

これまでにあった壁

  • 自分の所属会社がどこかが良くわからなくなる
  • 自分が歯車の一つかどうかすらわからなくなる
  • 作るものが本当に必要なものかどうかは関係ない仕事

自分なりの越境のやり方

  • 自分のことを知る
  • やりたいこと、やるべきこと、出来ることを知る
  • Must(やるべき、求められる)/Will(やりたい、やろうとする)/Can(出来る)
  • 耳に痛い事を言ってくれる人の言葉ほど耳を傾け受け入れる
  • 自分がやる事を表明しておく
  • 表明しておくことでやれるチャンスに出会える
  • ただしやりたいのであれば準備をしておく

機会と経験

  • 人それぞれ出会う機会はそれほど変わらない
  • その機会をどれほど取りにいけるか
  • 自分を知り、知ってもらい、視座を高く持つ

うねりを前にして佇む方に伝える、たった1つのこと

ギルドワークス 市谷さん

2012年春

  • ユーザーの声を聴く必要はない、ただ作ればいいという現場に出会った
  • 受託開発を止めることは自分の首を絞める事
  • 意思決定をして責任を果たす
  • そして2014年春に起業した

ギルドワークス起業

  • 越境する開発
  • 適時適チームの結成

Developers Summit 2007

  • Rubyを使ったアジャイル開発が世の中を変えられるという凄まじく熱量のあるセッションを見た
  • 当時の会社の熱量を変えたくなった
  • 社内版デブサミ(TISKaigi)をやった
  • 高いと思ってた壁はそんなに高くなかった
  • TISKaigiが自分に越境できる事を教えてくれた
  • いい仕事が出来るためにまだまだ学ばなければならない
  • それがきっかけでコミュニティ「DevLOVE」(最初は2人)が生まれた
  • 人ひとりが生涯かけて開発をしたとしてもたかが300人月程度
  • 自分が出来る経験値は限られている
  • 思いをもって立ち上げることの楽しさ
  • 自分たちの居場所を自分たちで少しでも変えていく
  • 前に進めた、という事実は誰にも変えられない
  • 狙って何かが出来るほど未来はつまらないものではない

思ったこと


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - study ,

ad

ad

  関連記事

Developers Summit 2018 「本番環境で使うContainer – Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon EKS」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echo とルンバです。 以下は、思ったことや気にな …

Developers Summit 2018 「将棋プログラムPonanzaにおける強化学習、ディープラーニングとその先」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「Meguro.dev #1 」でモブプログラミングを体験してみました

「AWSの各サービスを道具としてアプリケーション開発を行うデベロッパーのための新 …

Alexaで作る受付システム(Alexa Day 2019でのブログ)

ランチタイムセッション3本目はウフルさん。 たくさんのLEDをコントロールされて …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (5) LINEからの投稿へ返信と登録処理

作る部分 LINEからのメッセージを受けて各APIより返信し、StepFunct …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

作る部分 Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。 …

「kintone カスタマイズハンズオン」に行ってきました

ハンズオン中のメモです Rest API ログイン認証だとトークン認証で出来ない …

Alexaスキル開発でデザイン・スプリントのすすめ(Alexa Day 2019でのブログ)

ランチタイムセッションの一本目はISAOさん。 以下は、気になったことのメモとか …

「JP_Stripes in Osaka Vol.2」でハンズオンをやりました

JP_Stripes大阪、早くも2回目の開催です。 自分が使ってみたいという目的 …

「JAWS DAYSに行きたくても行けなかった人に捧ぐ!AWSユーザーが教えてくれるAWSにまつわる最新事情」で運営と発表をしました

JAWS DAYS 2017のre:Capを大阪で開催しました。 JAWS DA …