ヤマムギ

growing hard days.

*

Redmine 3.0.0で ガントチャートの幅を変更してトラッカーを非表示にする

   


Redmineのガントチャートで親子チケットなど階層が深くなると肝心のチケット題名が見えなくなります。

なので、少しだけ幅を拡げてリンクの文字列からトラッカーを非表示にします。

幅を変更する

//app/views/gantts/show.html.erb を編集する。

87行目の330を任意の値に変更する
[ruby]
subject_width = 350
[/ruby]

トラッカーを非表示にする

//lib/redmine/helpers/gantt.rb を編集する。

644行目のlink_to_issue(issue)にオプションを指定する

[ruby]
view.link_to_issue(issue, :tracker => false).html_safe
[/ruby]

Redmineを再起動する

link_to_issue を見てみる

//app/helpers/application_helper.rb にありました。

[ruby]

Displays a link to +issue+ with its subject.

# Examples:
#
# link_to_issue(issue) # => Defect #6: This is the subject
# link_to_issue(issue, :truncate => 6) # => Defect #6: This i…
# link_to_issue(issue, :subject => false) # => Defect #6
# link_to_issue(issue, :project => true) # => Foo – Defect #6
# link_to_issue(issue, :subject => false, :tracker => false) # => #6
#
def link_to_issue(issue, options={})
title = nil
subject = nil
text = options[:tracker] == false ? “##{issue.id}” : “#{issue.tracker} ##{issue.id}”
if options[:subject] == false
title = issue.subject.truncate(60)
else
subject = issue.subject
if truncate_length = options[:truncate]
subject = subject.truncate(truncate_length)
end
end
only_path = options[:only_path].nil? ? true : options[:only_path]
s = link_to(text, issue_url(issue, :only_path => only_path),
:class => issue.css_classes, :title => title)
s << h(“: #{subject}”) if subject
s = h(“#{issue.project} – “) + s if options[:project]
s
end
[/ruby]

なので、optionsとして、「:tracker => false」を指定する事でIDだけのリンクを返すようにしています。
題名だけのリンクとか、リンクアイコンだけにしたりとかもlink_to_issueを修正すれば可能になりそうですが、バージョンアップの時に面倒なのでとりあえずはIDだけで良しとします。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - ProjectManagement, Redmine ,

ad

ad

  関連記事

RedmineとGitLabを同じサーバにインストールする

Redmineでプロジェクトに設定できるGitはローカルのみ(Redmineと同 …

Redmine Agileプラグインをバージョンアップインストールする

Redmine 3.0.0でRedmineCRMのAgileプラグインをインスト …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …

RedmineにEasy Gantt プラグインをインストールしようとしたらRubyのバージョンが古いという事にひっかかったのでRubyもアップグレードした

RedmineにEasy Ganttプラグインをインストールしました。 標準のガ …

Redmineの作業時間、予定工数をSQLで抽出

プラグインとかでやればいいのかもなのですが、可視化はダッシュボードツールとかBI …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

Pandocのテストとして User’s Guideを変換してみる

Pandoc User’s GuideをダウンロードしてHTMLに変 …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

Redmine3.0.0に CSV Importerプラグインをインストールする

バグ管理や開発の現場だけではなく進捗管理などにも重宝出来るRedmine。 その …