ヤマムギ

growing hard days.

*

GoogleAppsScriptを使ってGmailをSpreadSheetにエクスポートする

      2020/09/07


GoogleAppsScriptを使ってGmailをSpreadSheetにエクスポートする

Google-apps-script-superman

そのまんまですが、Google Siteから実行出来るようにしました。

https://sites.google.com/site/yamamanx/tools/gmailexporter

動作仕様

  • 受信トレイのメール全てを対象に送信アドレス,受信日時,件名,本文(50,000文字まで)をSpreadSheetに出力します
  • SpreadSheetは[GmailExport_YYYYMMDDhhmmss]というファイル名でGoogle Driveに新規作成します
  • 出力したメールには[GmailExported]というラベルが作成されて付与されます

コード

もっとこうしたらいい、こうするべきってご意見があるとすごく嬉しく思います。

メイン処理

処理済ラベルの作成

SpreadSheetの作成

Gmailのmax rate対応

結果のメール送信

ブラウザ非依存日付文字列生成

コード解説

gmailExport

GmailAppのgetInboxThreads()メソッドでメールスレッドを取得。
0件の場合スレッド配列オブジェクトは出来るのでlengthプロパティで確認。

SpreadSheetAppクラスのcreate(ファイル名)メソッドで新規SpreadSheetを作成。

スレッド配列のループでスレッドメッセージ配列を取得。
スレッドメッセージ配列のループでメッセージオブジェクトを取得。
maxRateAvoidは後述。

MessageクラスのgetFrom(),getDate(),getSubject(),getBody()で各要素にアクセス。
 除去のためString.fromCharCode(160)でreplace対象を生成。
あわせてreplace(/<(“[^”]“|'[^’]‘|[^'”>])*>|nbsp/g,”)でHTMLタグも除去。
SpreadSheetのセルの限界文字列数50,000文字に切り取り。

各変数に入れたメール要素の文字列をセルに格納。

処理済のメールにラベルを付与する。

createProcessedLabel

GmailAppクラスのgetUserLabelByName(ラベル名)メソッドでラベルの有無を判定。
なければGmailAppクラスのcreateLabel(ラベル名)メソッドでラベルを作成。

createMailSheet(の作成

1つ目のシートにシート名を設定して1列目にタイトル行を作成。

maxRateAvoid

max rateにひっかかるからsleepしなさいってエラーが発生するので、ループ1回につき1秒待つ。
それでも90メールを超えるとエラーが発生するので90メールごとに100秒待つ。

mailSending

ログインユーザのオブジェクトをSessionクラスのgetActiveUser()メソッドで取得。
MailAppクラスのsendEmail(宛先,件名,本文)メソッドで送信。
スクリプトを作成したユーザと別ドメインのユーザではgetActiveUser()で何も帰らないようです。
メールアドレスとかを悪用出来ないようにしているのでしょうね。
今回はこのスクリプトをgmail.comユーザで作成しているのですが、
という事は同じAppsドメインなら同じ組織だからいいけど、
gmail.com同士はきっと他人だからだめなんでしょうね。

toOriginalDateString

YYYYMMDDhhmmss文字列をブラウザに依存せずに生成。

以上です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - Google, GoogleAppsScript ,

ad

ad

  関連記事

Google関連のAPIを試すためのGoogleSiteを作ってみました

組み込み機能で出来る事は組み込み機能で と思いまして、Googleサイトを試験的 …

Google Apps Scriptのマニフェストファイルの編集

こちらの配信ライブカレンダーの仕組みを作っているときに、久しぶりにGoogle …

Google Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってユーザの最終ログイン情報一覧を出力する

GoogleAppsで使わなくなったアカウントを確認する方法として、最終ログイン …

Googleナレッジパネルの認証を受けるために申請してみた

Googleでエゴサーチしていると、ナレッジパネルなるものがあることに気づきまし …

RedmineにGoogleAppsアカウントでログイン出来るようにする

RedmineのログインをGoogleアカウントで出来るように[redmine_ …

個人のGoogleカレンダーの予定をPythonで取得する

Google Calendar Twilio ReminderのGoogleカレ …

Googleカレンダーの予定をPHPからXMLで取得してWebページに表示する(現在廃止されたAPIなので使えません)

ご注意 ※下記の記事で使用していたAPIは2016年現在使用出来なくなっています …

GoogleフォームからAPI Gatewayで作成したREST APIにPOSTリクエストする

「API GatewayからLambdaを介さずにSNSトピックへ送信」の続きで …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

Redmine 3.0.0 のメールサーバーでGoogleApps SMTPサーバーを利用する

Redmineのメール通知サーバーとしてGoogleAppsを使用する方法です。 …