ヤマムギ

growing hard days.

*

Google Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってユーザの最終ログイン情報一覧を出力する

      2015/07/20


GoogleAppsで使わなくなったアカウントを確認する方法として、最終ログイン時間を調べる方法があるかと思います。
もちろん、IMAPでメール、CalDAVでカレンダーとかで使っているケースではこれでは確認出来ないのですが。
まあ、調査対象を明確にする事は出来るかと思います。
でも、ユーザ一覧でソートする事も出来ず、ある程度規模が多くなれば1件づつ見ていくわけにも行かないので、Google Apps SctiptでSpreadSheetに出力してしまいます。

まずはGoogle Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってグループメンバー情報を出力するを参考にしていただいて、Admin SDK Directory Serviceを有効にしてください。

ユーザの最終ログイン情報を出力する方法

下のコードをSpreadSheetの[ツール]-[スクリプトエディタ]に書いて、実行したら、とりあえずSpreadSheetに今の状態が書き出せます。
ドメインとかメールアドレスとかは編集して自己責任で参考にしてください。

詳細は公式のAdmin SDK Directory Serviceのページを確認してください。

簡単に説明します。

「page = AdminDirectory.Users.list~」で指定ドメインのユーザのリストをpage変数に代入します。

で、「page.users」をループでまわして、
「var user = users[i]」でグループメンバーを代入します。

  • user.primaryEmail – メールアドレス
  • user.name.fullName – 表示名(日本後環境だと日本語名)
  • user.lastLoginTime – 最終ログイン時間

Admin_SDK_Directory_Service_-_Google_Apps_Script_—_Google_Developers


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - Google, GoogleAppsScript, Web ,

ad

ad

  関連記事

ホームページやサイトがiPhone,iPadのホーム画面に追加された時のアイコンを設定しておく

headタグでapple-touch-iconを指定 [crayon-5dace …

ブログの記事が掲載されました(レバテック様)

少し前の話になりますが、登壇する側も聞く側も良い刺激を受けられる!勉強会のレポー …

「Cloud Vision Api & Tensorflow勉強会」に行ってきました

「Cloud Vision Api & Tensorflow勉強会」に行 …

GoogleAppsScriptを使ってGmailをSpreadSheetにエクスポートする

目次 GoogleAppsScriptを使ってGmailをSpreadSheet …

Redmine 3.0.0 のメールサーバーでGoogleApps SMTPサーバーを利用する

Redmineのメール通知サーバーとしてGoogleAppsを使用する方法です。 …

Google Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってグループメンバー情報を出力する

GoogleAppsのGoogleGroupをメーリングリストとして使っている人 …

RedmineにGoogleAppsアカウントでログイン出来るようにする

RedmineのログインをGoogleアカウントで出来るように[redmine_ …

言語スパムのアクセスをAnalyticsで除外した(2017/1/9現在)

Analyticsの言語に見慣れないのが出てたのでフィルタで除外対応。 Vita …

ホームページ、自作サイトにアメブロの新着情報を掲載する

MagipieRSSを使用 なので下記サイトでダウンロード http://mag …

「POODLE」SSL3.0の脆弱性対応

各社が騒ぎ立てている「POODLE」 Padding Oracle On Dow …