ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Application Discovery Serviceのエージェントを実行

      2021/09/02


本来はオンプレミスのサーバーにエージェントをインストールして、自動でアプリケーション情報などを生成して、移行の計画に役立てるAWS Application Discovery Serviceですが、試したかっただけなので、EC2で実行してみました。

当ブログを起動中のEC2インスタンスで試してみました。

どのEC2インスタンスにセットアップしたかわからなくなったら困るのでタグ付けしておきました。
対象のEC2インスタンスはAmazon Linux2です。

参照したユーザーガイドはLinux にエージェントをインストールするです。

IAMポリシー

専用のIAMユーザーを作成して、IAM管理ポリシーAWSApplicationDiscoveryAgentAccessをアタッチしました。
アクセスキーIDをシークレットアクセスキーを発行しておきました。
オンプレミスのサーバーで起動させる前提です。

AWS Application Discovery Serviceエージェントのインストール

エージェントのアーカイブファイルをダウンロードしました。

署名ファイルをダウンロードして、インストールパッケージの暗号署名の確認をしました。
Good signatureとなっているので正しい署名が確認できました。
これが不正な場合はBad signatureになります。

展開しました。

展開後のディレクトリ内はこのようになっていました。

IAMユーザーのアクセスキーとシークレットアクセスキーをセットして実行しました。

うまくいったみたいです。

エージェントの実行を確認しました。

ログを見てみます。

ホームリージョンじゃないとかそんなエラーが出力されています。

ひとまずエージェントを停止しました。

ちょっと調べてみるとAWS Migration Hubにホームリージョンという設定があるようなので設定してみます。

AWS Migration Hubのホームリージョンを確認

まず、東京リージョンのAWS Migration Hubにアクセスしました。

[設定]メニューにありました。

AWS Application Discovery Serviceエージェントの再実行

停止していたエージェントを開始しました。

ログを見てみます。

成功したようです。

AWS Migration Hubコンソールで確認する

Data Collectorのエージェントに登録されています。
ここでエージェントの状態を確認できますね。

[データ収集を開始]ボタンを押下しておきました。

アプリケーションで”WordPress”というのを作成して、検出されたサーバーを選択しました。

[Athenaでのデータ探索]を有効にしてみました。

データ収集結果を確認

サーバーの詳細です。

パフォーマンス情報です。

ネットワークもアウトバウンド送信先が自動で検出されています。

(おまけ)エージェントの設定ファイル

/etc/opt/aws/discovery/config


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Intel 82599 VF インターフェイスで拡張ネットワーキングが有効なEC2インスタンスで帯域幅を確認してみました

拡張ネットワーキングが有効なEC2インスタンスとそうではないインスタンスの2セッ …

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」を執筆しました

2021年3月6日に、「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」 …

Feedlyのフィードを自動でSlackへ投稿する(AWS Lambda , Amazon DynamoDB)

やりたいこと Feedlyで共有したいフィードに特定のタグを付けます。 特定のタ …

静的と動的って何ですか?と営業さんに聞かれたので端的に説明してみました

AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強をしている営業さんに、「S3で静的オブ …

JAWS-UG関西IoT専門支部 ✕ SORACOM UG 関西「Wio LTE + 絶対圧センサーで遊ぼう!」ワークショップにいってきた

JAWS-UG関西IoT専門支部 ✕ SORACOM UG 関西「Wio LTE …

Lucidchart AWSアカウントからインポート機能で自動作図

SNSでLucidchartというサービスが話題になってました。 AWSの環境を …

AWS Wavelengthゾーンを有効にする

画面上で確認しておきたかったので有効にしておきました。 AWS Waveleng …

Amazon EC2のAMIイメージを自動取得して保持日数が過ぎたら削除

画像の保存をEC2に戻した事もあってEC2のバックアップの自動取得を勉強がてらや …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

Amazon Pollyを使って覚えたい資料を耳から身体に染み込ませる

Amazon Pollyを使うとソースコードを一切かかなくても、テキストを音声に …