ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Lambda KMSを使って環境変数を暗号化、復号化する(Python)

   


Lambda内で外部APIを使用する場合などをユースケースとして、環境変数をKMS(AWS Key Management Service)を使って暗号化出来ます。

暗号化した環境変数はLambda関数内でboto3のkms.decrypt()を使って復号化します。

これ、忘れがちというか、AWSマネジメントコンソールにログインしないと見えないんだからと、やらない場合もあるかと思いますが、画面を表示しているだけで見えてしまうのもセキュアじゃないと思うのでやっておいたほうがいいと思います。

ここでは、KMSキーを作成(1USD/月)していますが、Lambdaのデフォルトサービスキーを使用すれば、毎月20,000リクエストまで無料で利用出来ます。
20,000リクエストを超えると、10,000 リクエストあたり 0.03 USDが課金されます。
(2018年1月現在)

KMSの作成

IAMマネジメントコンソールで、[暗号化キー]を選択します。

[キーの作成]ボタンをクリックします。

KMSキーのエイリアスと説明を入力します。

タグを設定します。

作成したキーを使うユーザー、ロールを一覧から選択します。
Lambdaで使用しているIAMロールを選択します。

ポリシーが自動生成されます。
至れり尽くせりです。

Lambdaの設定

AWS Lambdaの環境変数のセクションで、[暗号化の設定]を展開します。

「伝送中に暗号化するKMSキー」と「保管時に暗号化するKMSキー」に先ほど作成したKMSキーを選択します。

「伝送中の暗号化のためのヘルパーの有効化」にチェックを入れると環境変数の横に[暗号化]、[コード]のボタンが現れます。

  • [暗号化]ボタンをクリックすると環境変数の値がマスクされ、暗号化されています。
  • [コード]ボタンをクリックすると、暗号化した値を復号化するためのコードが表示されます。至れり尽くせりです。

例えばこれをこのままこのようなコードに挿入すれば、暗号化した環境変数が復号化されているのがわかります。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS EC2 Amazon Linux にEC-CUBE3をnginx+MySql環境へインストール(手順検証中)

EC2インスタンスを作成する 少し古い記事で恐縮ですが試したい事があるのでAWS …

AWS CDKでクロススタックリファレンスをする

CloudFormationで複数のスタックで参照することがあります。 それをC …

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗して起動しなくなり復旧

EC2のインスタンスに接続出来なくなったので、AMIから作成してElastic …

ヤマムギvol.27 Amazon Route 53プライベートホストゾーンとリゾルバーのデモをしました

今日は『AWS認定資格試験テキスト&問題集AWS認定ソリューションアーキ …

スポットインスタンスの削減額情報を見ました

なんだこれ?と思って、検索してみたら、2018年11月からあったのですね。 Am …

AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+Pythonによって生成されるもの

勉強会のデモで、AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+ …

WordPress、プラグインのアップデートしてBlue/Greenデプロイ

現在のブログの構成です。 WordPressとプラグインのアップデートをして、デ …

S3 VPCエンドポイント設定前と設定後を確認

S3のVPCエンドポイントを設定した際に、S3バケットのAPIエンドポイントへの …

名前解決してセッションマネージャが使えるようにVyOSのhost_name.pyを編集しました

発生したエラー セッションマネージャからこんなエラーが出力されました。 [cra …

AWS CloudHSMを起動してみました

なかなか触る機会のないサービス、CloudHSM。 起動してみました。 手順はユ …