ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Lambda KMSを使って環境変数を暗号化、復号化する(Python)

   


Lambda内で外部APIを使用する場合などをユースケースとして、環境変数をKMS(AWS Key Management Service)を使って暗号化出来ます。

暗号化した環境変数はLambda関数内でboto3のkms.decrypt()を使って復号化します。

これ、忘れがちというか、AWSマネジメントコンソールにログインしないと見えないんだからと、やらない場合もあるかと思いますが、画面を表示しているだけで見えてしまうのもセキュアじゃないと思うのでやっておいたほうがいいと思います。

ここでは、KMSキーを作成(1USD/月)していますが、Lambdaのデフォルトサービスキーを使用すれば、毎月20,000リクエストまで無料で利用出来ます。
20,000リクエストを超えると、10,000 リクエストあたり 0.03 USDが課金されます。
(2018年1月現在)

KMSの作成

IAMマネジメントコンソールで、[暗号化キー]を選択します。

[キーの作成]ボタンをクリックします。

KMSキーのエイリアスと説明を入力します。

タグを設定します。

作成したキーを使うユーザー、ロールを一覧から選択します。
Lambdaで使用しているIAMロールを選択します。

ポリシーが自動生成されます。
至れり尽くせりです。

Lambdaの設定

AWS Lambdaの環境変数のセクションで、[暗号化の設定]を展開します。

「伝送中に暗号化するKMSキー」と「保管時に暗号化するKMSキー」に先ほど作成したKMSキーを選択します。

「伝送中の暗号化のためのヘルパーの有効化」にチェックを入れると環境変数の横に[暗号化]、[コード]のボタンが現れます。

  • [暗号化]ボタンをクリックすると環境変数の値がマスクされ、暗号化されています。
  • [コード]ボタンをクリックすると、暗号化した値を復号化するためのコードが表示されます。至れり尽くせりです。

例えばこれをこのままこのようなコードに挿入すれば、暗号化した環境変数が復号化されているのがわかります。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗 原因はPHP-FPMのOOM-KILLER

目次 先週に引き続きEC2のインスタンスステータスチェックで失敗とはいえまたスペ …

Amazon CloudSearchからAmazon Elasticsearch Serviceへ変えました

全文検索をする必要がありまして、本当はCloudSearchを使い続けたいのです …

AWS EC2 Amazon Linuxにmauticをインストールする(Sendgrid, Nginx, MySQL on RDS)

mauticをAmazon LinuxとNginx,MySQL on RDSにイ …

AWS Toolkit for Eclipseをセットアップする

AWSでそろそろ課金がされつつありますので、夜中はインスタンスを自動停止して朝自 …

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

Amazon Pollyを使って覚えたい資料を耳から身体に染み込ませる

Amazon Pollyを使うとソースコードを一切かかなくても、テキストを音声に …

AWSアカウント内のすべてのS3バケットを削除するLambda(Python)

目次 やりたいことバケット内のオブジェクト全削除バケットの削除 やりたいこと 特 …

AWS Well-Architected フレームワークによるクラウド ベスト プラクティスのセッションを聞いたので自アカウントの環境を確認してみる

AWS Summit Tokyo 2017で「AWS Well-Architec …

T3.nanoで仮想メモリ割当をユーザーデータで実行する

T3.nanoはメモリがだいたい500MBです。 実行する処理によってはメモリエ …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …