ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Lambda KMSを使って環境変数を暗号化、復号化する(Python)

   


Lambda内で外部APIを使用する場合などをユースケースとして、環境変数をKMS(AWS Key Management Service)を使って暗号化出来ます。

暗号化した環境変数はLambda関数内でboto3のkms.decrypt()を使って復号化します。

これ、忘れがちというか、AWSマネジメントコンソールにログインしないと見えないんだからと、やらない場合もあるかと思いますが、画面を表示しているだけで見えてしまうのもセキュアじゃないと思うのでやっておいたほうがいいと思います。

ここでは、KMSキーを作成(1USD/月)していますが、Lambdaのデフォルトサービスキーを使用すれば、毎月20,000リクエストまで無料で利用出来ます。
20,000リクエストを超えると、10,000 リクエストあたり 0.03 USDが課金されます。
(2018年1月現在)

KMSの作成

IAMマネジメントコンソールで、[暗号化キー]を選択します。

[キーの作成]ボタンをクリックします。

KMSキーのエイリアスと説明を入力します。

タグを設定します。

作成したキーを使うユーザー、ロールを一覧から選択します。
Lambdaで使用しているIAMロールを選択します。

ポリシーが自動生成されます。
至れり尽くせりです。

Lambdaの設定

AWS Lambdaの環境変数のセクションで、[暗号化の設定]を展開します。

「伝送中に暗号化するKMSキー」と「保管時に暗号化するKMSキー」に先ほど作成したKMSキーを選択します。

「伝送中の暗号化のためのヘルパーの有効化」にチェックを入れると環境変数の横に[暗号化]、[コード]のボタンが現れます。

  • [暗号化]ボタンをクリックすると環境変数の値がマスクされ、暗号化されています。
  • [コード]ボタンをクリックすると、暗号化した値を復号化するためのコードが表示されます。至れり尽くせりです。

例えばこれをこのままこのようなコードに挿入すれば、暗号化した環境変数が復号化されているのがわかります。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

テキストをAmazon PollyでMP3に変換してS3に格納(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio ReminderのテキストをAma …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する際にCSSもLayerから読み込む

目次 Pandocで必要そうなオプションを確認しておく構成CSS on Lamb …

Amazon EC2(Amazon Linux 2)にRedmine3.4をインストール

久しぶりに新しい環境でRedmineを構築したくなり、せっかくなのでAmazon …

Cloud9 Python3でpipも3にする

このブログは、2019/10/20に書いた、 Cloud9のAMIがCloud9 …

Amazon CloudSearchからAmazon Elasticsearch Serviceへ変えました

全文検索をする必要がありまして、本当はCloudSearchを使い続けたいのです …