ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Lambda KMSを使って環境変数を暗号化、復号化する(Python)

   


Lambda内で外部APIを使用する場合などをユースケースとして、環境変数をKMS(AWS Key Management Service)を使って暗号化出来ます。

暗号化した環境変数はLambda関数内でboto3のkms.decrypt()を使って復号化します。

これ、忘れがちというか、AWSマネジメントコンソールにログインしないと見えないんだからと、やらない場合もあるかと思いますが、画面を表示しているだけで見えてしまうのもセキュアじゃないと思うのでやっておいたほうがいいと思います。

ここでは、KMSキーを作成(1USD/月)していますが、Lambdaのデフォルトサービスキーを使用すれば、毎月20,000リクエストまで無料で利用出来ます。
20,000リクエストを超えると、10,000 リクエストあたり 0.03 USDが課金されます。
(2018年1月現在)

KMSの作成

IAMマネジメントコンソールで、[暗号化キー]を選択します。

[キーの作成]ボタンをクリックします。

KMSキーのエイリアスと説明を入力します。

タグを設定します。

作成したキーを使うユーザー、ロールを一覧から選択します。
Lambdaで使用しているIAMロールを選択します。

ポリシーが自動生成されます。
至れり尽くせりです。

Lambdaの設定

AWS Lambdaの環境変数のセクションで、[暗号化の設定]を展開します。

「伝送中に暗号化するKMSキー」と「保管時に暗号化するKMSキー」に先ほど作成したKMSキーを選択します。

「伝送中の暗号化のためのヘルパーの有効化」にチェックを入れると環境変数の横に[暗号化]、[コード]のボタンが現れます。

  • [暗号化]ボタンをクリックすると環境変数の値がマスクされ、暗号化されています。
  • [コード]ボタンをクリックすると、暗号化した値を復号化するためのコードが表示されます。至れり尽くせりです。

例えばこれをこのままこのようなコードに挿入すれば、暗号化した環境変数が復号化されているのがわかります。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

EC2のAMIとRDSのスナップショットを他のAWSアカウントに共有してブログサイトをAWSアカウント間で引っ越す

当ブログで使用しているEC2とRDSを環境の整理のため、他のAWSアカウントへ引 …

MySQL WorkbenchからRDSに接続する

MySQL WorkbenchからAWS RDSのMySQLに接続するために、「 …

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Server …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

[事前準備] JAWS-UG 関西IoT専門支部「マクニカkibo + AWS IoTハンズオン」

来る12/19(土)の JAWS-UG 関西IoT専門支部第一回勉強会「マクニカ …

5分でAlexaスキルを作る

「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Micr …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (前日 ~ Day1)

AWS Summit 2016 Tokyoにて、セッション聴講、ブース展示拝見、 …

JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを作る側からの物申す〜に参加、運営、登壇しました

先日、JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを …

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …