ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon API Gatewayでモックを作る

   


超シンプルなAPI Gatewayのサンプルがほしかったので、ユーザーガイドの手順でモックを作りました。

手順はこちらです。
Amazon API Gateway でモック統合を使用して REST API を作成する

APIの作成

API Gatewayコンソールで[APIの作成]ボタンを押下して、REST APIを選択して、[構築]ボタンを押下しました。

[新しいAPI]のまま、[API名]に任意の名前を入力して、[APIの作成]ボタンを押下しました。

APIができましたので、[アクション]-[メソッドの作成]で[GET]を選択してチェックして作成します。
統合タイプで[Mock]を選択して、[保存]ボタンを押下しました。

APIにGETメソッドが作成できました。

メソッドリクエストの設定

[メソッドリクエスト]を選択して設定をします。

[クエリ文字列の追加]リンクを選択して、クエリ文字列を追加します。
myParamと入力して、チェックマークを押下して保存しました。

[メソッドの実行]リンクを選択して、メソッド設定画面へ戻ります。

統合リクエストの設定

[統合リクエスト]を選択して設定をします。

[マッピングテンプレート]を展開して、Content-Typeですでに設定されている、application/json を選択します。
リクエスト内容を以下に書き換えます。

リクエストクエリのmyParamがmyValueのときに、statusCode 200を送信するリクエストを定義しています。
本来であれば、APIリクエストによって実行されるバックエンドの処理によって、成功であれば200、エラーの場合は500などのレスポンスになりますが、今回はモックを作っているので、リクエストによってコードを送信しています。

[保存]ボタンを押下しました。

[メソッドの実行]リンクを選択して、メソッド設定画面へ戻りました。

メソッドレスポンスの設定

[メソッドレスポンス]を選択して設定しました。

[レスポンスの追加]リンクを選択して、500を入力してチェックマークで保存しました。

[メソッドの実行]リンクを選択して、メソッド設定画面へ戻りました。

統合レスポンスの設定

[統合レスポンス]を選択して設定しました。

200レスポンスを展開して、マッピングテンプレートを選択して、application/jsonを選択して、テンプレートの内容を以下にしました。

ステータスコードが200の成功時に返すメッセージを定義しています。

[保存]ボタンを押下しました。

200レスポンスのセクションを省略しました。

[統合レスポンスの追加]リンクを選択しました。

HTTPステータスの正規表現に “5\d{2}” と入力しました。
メソッドレスポンスステータスで 500 を選択しました。
[保存]ボタンを押下しました。

追加した500レスポンスを展開して、マッピングテンプレートで application/json を入力し、内容を以下にしました。

[保存]ボタンを押下しました。

[メソッドの実行]リンクを選択して、メソッド設定画面へ戻りました。

テストを実行

[テスト]を選択してテストを実行します。

[クエリ文字列]に “myParam=myValue” と入力して、[テスト]ボタンを押下しました。
正常に実行されたレスポンスがレスポンス本文に表示されました。

[クエリ文字列]に適当な文字列を設定して、[テスト]ボタンを押下しました。
レスポンス本文にエラーレスポンスが表示されました。

デプロイしてテストする

[アクション]-[APIのデプロイ]を選択しました。
[デプロイされるステージ]は”新しいステージ”にして、ステージ名は任意の値にして、[デプロイ]ボタンを押下しました。

[ステージ]にprodが作成されているので、URL呼び出しリンクをブラウザのURLバーに貼り付けて、後ろにパラメータ “?myParam=myValue” を付加しました。

GETリクエストの結果が表示されました。
成功です!

例えば連携先のAPIが開発中のときなど、仕様に基づいてモックを作っておいて、連携テストを進めておくなど、便利に使えます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …

AWS Data Pipelineを使ってDynamoDBのアイテムを全件S3バケットに書き出した

ちょっと試してみたくてやってみました。 手順はこちらのチュートリアルを参考にすす …

Route53でドメインを新規取得してDNSレコードを設定する

Elastic IPをAWSで発行しているのですから、DNSの設定も同じようにマ …

EC2のAMIとRDSのスナップショットを他のAWSアカウントに共有してブログサイトをAWSアカウント間で引っ越す

当ブログで使用しているEC2とRDSを環境の整理のため、他のAWSアカウントへ引 …

RDS for MySQL のインスタンスタイプ変更

当ブログのデータベースは、RDS for MySQLです。 個人利用ですし、障害 …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

S3バケットにWebフォントをアップロードしてCORSを設定する

Webフォントファイルは、モジワク研究さんのマメロンを使用させていただきました。 …

Amazon Linux2のCloud9でPython CDKのモジュールインストール

AMIがCloud9AmazonLinux2-2021-02-02T16-48の …

EC2 Windows インスタンス PowerShellでメタデータを見る

Linuxインスタンスならcurlコマンドで確認すればいいのですが、Window …

AWS Toolkit for Eclipseで「Error Message: Unable to find a region via the region provider chain. Must provide an explicit region in the builder or setup environment to supply a region.」

AWS Toolkit for Eclipseをセットアップ(2021年版)の環 …