ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon API GatewayのIAM認証の動作を確認しました

   


API GatewayのIAM認証は、IAMユーザーが実行できるように認証する、ということはわかっていても細かい動作は手元で動かしてみないと、でしたのでやってみました。

主な手順は公式ナレッジのAPI Gateway API の IAM 認証を有効にする方法を教えてくださいを参考にしています。

Amazon API Gatewayでモックを作るで作ったAPIで試します。

API Gatewayの設定

メソッドリクエストで、[認可]に[AWS_IAM]を選択しました。
[アクション]-[APIのデプロイ]でデプロイしておきました。

そして、ブラウザからAPIの呼び出しをすると、以下のメッセージが返ってきました。

IAM

IAMユーザーは同じアカウントと別アカウントで3ユーザー作っておきます。
* api-exe-valid
* api-exe-nonvalid
* api-not-exe

各IAMユーザーの最終的なシナリオです。

IAMユーザー IDベースのポリシー リソース(API)ベースのポリシー アカウント
api-exe-valid 許可 許可
api-exe-nonvalid 許可 なし
api-not-exe なし なし

IDベースのポリシーは以下をインラインポリシーに設定しました。

ARNは、API Gatewayコンソールのリソースのメソッドリクエストにありますので、コピーして貼り付けています。

段階的に確認していきますので、まずはユーザーを作成して、APIのリソースベースのポリシーはなしで試します。

IDベースのみで確認

APIの実行確認は、POSTMANで行いました。
IAM認証によるAPIの実行には、バージョン4での署名が必要なのですが、POSTMANにアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを設定すると、生成してくれますので便利です。

同じアカウントでIDベースのポリシーなし

api-not-exe

IDベースのポリシーで許可していませんので、api-not-exeユーザーには権限が無いメッセージが返ってきました。
想定どおりです。

同じアカウントでIDベースのポリシーあり

api-exe-nonvalid

IAM認証が成功して、結果が表示されました。

違うアカウントでIDベースのポリシーあり

api-exe-valid

リソースに対しての権限がないというメッセージが表示されました。

リソースベースのポリシーを別アカウント向けに設定して確認

APIのリソースポリシーはこのようなポリシーです。

違うアカウントでIDベースのポリシーあり

api-exe-valid

認証が成功しました。
別のアカウントからはAPIにリソースポリシーが必要ということがわかりました。

ちなみに

同じアカウントでIDベースのポリシーあり

api-exe-nonvalid

認証成功しました。
リソースポリシーで別アカウントのみとしたいときは拒否ポリシーも必要ですね。

ということで、リソースポリシーに拒否ポリシーを追加してNotPrincipalにしてみました。

これで、別アカウントのIAMユーザー以外からは拒否できるAPIができました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

i

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Cloud9 Python3でpipも3にする

このブログは、2019/10/20に書いた、 Cloud9のAMIがCloud9 …

特定AWSアカウント特定リージョンのCloud9環境を削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定アカウント内特定リージョン内のCloud9環境を全部削除したい …

Amazon Linux2(EC2)にEC-CUBE 4をインストール

こちらのHOMEお知らせ・コラムAmazon Linux2にEC-CUBE4.0 …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …

AWS BatchでPandocコンテナイメージを実行する

「ECR(Amazon Elastic Container Registry)に …

T2.microからT3.nanoに変更(メモリエラーも対応)

このブログのEC2インスタンスをT2.micro 1インスタンスからT3.nan …

DynamoDB IAMポリシーで特定項目だけを許可する

検証記録です。 対象テーブル 書籍のサンプルで作ったこちらです。 所属バンドの楽 …

Amazon Linux2のPHPを7.2から7.3へアップデートしました

WordPressのサイトヘルスの推奨に従って使っていないテーマを削除したの推奨 …

boto3(Python SDK) s3 get_object でバイト範囲を指定する

S3のGetObjectアクションでバイト範囲を指定することができます。 それに …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …