ヤマムギ

growing hard days.

*

Cloud9のデフォルト設定での権限確認(AWS managed temporary credentials)

      2021/06/20


Cloud9の環境を作成した際のデフォルトアクセス権限は、環境を作成したIAMユーザーの認証が設定されると思うのですが、はっきり試したことがなかったので試しました。

デフォルト環境の確認

Cloud9の環境直後の状態です。
右上の歯車からPreferences-[AWS Settings]を確認すると、Credentialsでは、AWS managed temporary credentialsがONになっています。

ターミナルでaws configure listコマンドで確認すると、credentialファイルに記録されているようです。

credentialsファイルを確認すると、設定されています。

このCloud9環境を作成したIAMユーザーには、以下のAWS管理ポリシーをアタッチしています。

  • AWSCloud9User
  • AmazonEC2ReadOnlyAccess

ec2 describe-regionsは許可されました。

s3 lsコマンドは拒否されました。

IAMユーザーにAmazonS3ReadOnlyAccessポリシーを追加して再度試しました。

許可されました。

AWS managed temporary credentials(AWS管理一時認証情報)をオフにする

[AWS Settings]のCredentialsで、AWS managed temporary credentialsをOFFにしてみました。

認証以前に、デフォルトリージョンまでなくなったようです。

リージョン指定すると、credentialsがない、となりました。

やっぱりないのですね。
この状態でCloud9環境のEC2にIAMロールを設定すれば、その権限が使えますね。
.aws/credentialsを残したまま、IAMロールを設定しても、CLIやSDKは.aws/credentialsを優先するので要注意ですね。

再度、[AWS Settings]のCredentialsで、AWS managed temporary credentialsをONにしてみました。

先ほどとは違う認証情報が設定されました。

Cloud9の環境を構築したIAMユーザーの認証が使われていることが明確になりました。

AWS managed temporary credentialsの自動更新の確認

AWS managed temporary credentials (AWS 管理の一時認証情報)

こちらのユーザーガイドを見ていると、以下の記述がありました。

AWS 管理の一時認証情報は、以下のいずれかの条件の下で更新されます。
* 一定の時間が経過するたび。現在、これは5分ごとです。
* 環境の IDE を表示する Web ブラウザタブを再ロードするたび。

これは試してみよう。

5分後ぐらいに更新されるか

まずは今時点の確認

5分ちょい後、credentialsファイルのタイムスタンプが更新されてアクセスキーIDもシークレットアクセスキーも更新されました。
8分ぐらい経ってるぽいですが、まあそこは良しと。

ブラウザのリロード

ブラウザをリロードしてすぐに確認したら更新されてました。

AWS managed temporary credentials、本当に一時的な認証情報でした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+Pythonによって生成されるもの

勉強会のデモで、AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+ …

EC2インスタンスWindowsでセッションマネージャーを使う

WindowsのEC2インスタンスでセッションマネージャーを使ってみたことがない …

AWS Lambdaで「Process exited before completing request」

AWS lambdaで「Process exited before comple …

DynamoDB Accelerator(DAX)のサンプルアプリケーション(Python)を実行

DynamoDBデベロッパーガイドのDynamoDB Accelerator(D …

ヤマムギvol.27 Amazon Route 53プライベートホストゾーンとリゾルバーのデモをしました

今日は『AWS認定資格試験テキスト&問題集AWS認定ソリューションアーキ …

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」を執筆しました

2021年3月6日に、「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」 …

VPC内のLambdaからVPCエンドポイント経由でSecrets Managerを使う

InternetGatewayのないVPCでMySQLに対して一日数回のレポーテ …

Amazon EC2 インスタンスメタデータサービス(IMDS) v2のみにしました

今さらながらですが、EC2 インスタンスメタデータサービス(IMDS) v2を確 …

「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確定したのでAmazon著者セントラルに登録した

初の執筆本、「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …