ヤマムギ

growing hard days.

*

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

      2018/12/08


この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参加した記事です。

先日のre:Invent 2018でPyCharmへのAWS Tool kitのGA版での公開が発表されました。
最近はPyCharmばっかり使っていた自分への超朗報です。
なので、インストールしてみました。

PyCharmの対応バージョンインストールとAWS SAM CLIインストール

とりあえずユーザーガイドから見てみます。

ユーザーガイドにPyCharmのバージョンは2018.3.x以上とありました。

自分のバージョンをPyCharmで確認すると2017系でしたので、最新版をPyCharmの公式からダウンロードします。
以前のバージョンを引き継ぐようにインストールしました。

そしてAWS SAM CLIも必要だとのこと。


これは公式サイトに手順があります。
私の環境はMacなので、公式手順のコマンドを順番に実行します。

あと、環境にアクセスキーIDとシークレットアクセスキーも設定しておきます。

AWS Tool kitインストール

PyCharmを起動して、[Preference]-[Plugins]でAWS Tool kitを検索してインストールしてPyCharmを再起動です。

これでインストールは完了です。

サンプルプロジェクトを試してみました

PyCharmを起動して[New Project]からプロジェクトを新規作成しました。

AWS Serverless Applicationが選択できます。
Templateが選択できたので、AWS SAM Hello Worldを選択しました。

ここで、環境設定を見てみます。

PyCharmの左ペインに[AWS Explorer]が増えているので見てみます。

認証がうまくいっているとデプロイ済みのLambda関数が表示されます。
リージョンやプロフィールもここで選択することができます。
複数のプロファイルを設定しておいて切り替えると便利そうですね。

デプロイしてみます。
template.yamlを右クリックして、[Deploy Serverless Application]を選択します。
(S3バケットは新規作成しました)

ビルドが完了して、デプロイが完了します。

対象のアカウントを確認すると、CloudFormationのスタックが作成されて、Lambda関数、API Gatewayが作成されています。
この内容はtemplate.yamlで指定しますが、今回はそのまま使用しました。

Lambda関数のコードを見てみると、http://checkip.amazonaws.com/にアクセスして、送信元のIPアドレスを表示する処理でした。

requestsを使っていますが、これは、requirements.txtに”requests==2.20.0″と記載があるので、ビルドのときに含まれているようです。

API Gatewayもデプロイまで自動でされました。

CloudFormationのスタックの出力に、APIエンドポイントが出力されているのでブラウザからアクセスします。
アクセス元のIPアドレスが表示されれば成功です。

とてもとても便利ですね。

PyCharmだけで開発からビルド、デプロイまでの作業をすべて行えるようになりました。
新規プロジェクトを作ったときに、AWS CodeCommitのリポジトリもできたらいいのにとも思います。
方法があるかもしれませんので、またできれば別の記事で公開したいと思います。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

i

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

AWS Lambdaで「Process exited before completing request」

AWS lambdaで「Process exited before comple …

slackのbotに天気を教えてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotにAPIの定番ともいえる天気情報を教えてもらいました。 環境は …

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNginxのaccess.log , error.log , php-fpm error.log , Linuxのmessages , secureログを収集する

参考ページ クイックスタート: 実行中の EC2 インスタンスに CloudWa …

VPCピア接続ではピア先VPCのセキュリティグループIDを指定できる

タイトルどおりです。 できることは知ってたのですが、試したことがなかったので、確 …

Cloud9でAWS CDK環境

最初ローカルに作ろうと思ったのですが、環境依存がというか、Macbookの環境で …

[事前準備] JAWS-UG 関西IoT専門支部「マクニカkibo + AWS IoTハンズオン」

来る12/19(土)の JAWS-UG 関西IoT専門支部第一回勉強会「マクニカ …

API Gatewayで顧客レベルの使用量プランを設定する

API GatewayのAPIキーを使って使用量プランでのスロットリングも設定し …

S3オブジェクトロックを試しました

S3オブジェクトロックが必要になる要件に今のところ、出会ってないのでまだ設定した …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する

昨日まで(AWS Batch) 昨日までは、Pandocを実行して、S3バケット …