ヤマムギ

growing hard days.

*

RDSスナップショットをS3にエクスポートする新機能を試そうかと思った

      2020/05/24


やったこと

RDSスナップショットをS3にエクスポートできる、という新機能が追加されましたので、試してみようとしたらマネジメントコンソール(日本語)から動作しなかったので、フィードバックを送信しました。

あとで検索したところ、こちら[新機能]RDSのスナップショットがS3にエクスポートできるようになりました。に記載されているように、マネジメントコンソールを英語に切り替えると、動作するようです。

こちらAmazon S3 へ Amazon RDS のスナップショットをエクスポートできるようになったので、 AWS CLI で実行してみました。にはCLIで実行する方法が記載されています。

日本語マネジメントコンソール(2020年1月27日現在)

RDSスナップショットを選択して、アクションから Amazon S3へのエクスポート を選択しました。

画面遷移しますが、[Amazon S3へのエクスポート]をボタンがおせません。
あとで英語に切り替えて見て気づきましたが、[Amazon S3へのエクスポート]ボタンの上には、本来パラメータを設定するためのフィールドがいくつか表示されるようで、それが何らかの問題によって表示されないようです。

画面上で右クリックして検証を選択して、デベロッパーツールで確認してみますと、「Uncaught (in promise) TypeError: u.snapshotExportDataPrice is not a function」というエラーが画面をロードするタイミングで発生しているようです。

フィードバックとして送信しておきました。

後日、日本語マネジメントコンソールでもできるようになってましたので、RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもできるようになってましたに書きました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

DynamoDBテーブル項目をS3にエクスポート

DynamoDBテーブルを一時テーブルとして使っていて、毎回使い捨てしてます。 …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …

AWS DeepLens開封の儀

去年(2019年)7月にamazon.co.jpでDeepLens買えますやんっ …

AWS CloudHSMを起動してみました

なかなか触る機会のないサービス、CloudHSM。 起動してみました。 手順はユ …

EC2 Auto Recovery機能を設定しておいた

以前EC2インスタンスのリタイア対象になったこともあり、というより、やっておいて …

API Gatewayで顧客レベルの使用量プランを設定する

API GatewayのAPIキーを使って使用量プランでのスロットリングも設定し …

Amazon Linux2のPHPを7.2から7.3へアップデートしました

WordPressのサイトヘルスの推奨に従って使っていないテーマを削除したの推奨 …

S3イベントのAWS Lambdaのテスト設定

S3イベントのLambda関数でよく使うのはこんなテスト設定です。 なので覚書で …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …