ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

   


この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 2018に参加した記事です。

新機能のAWS Lambda Layersが発表されました。

これまでAWS Lambdaのコードファイルが50MBぎりぎりだとか悩まなくてもよくなりますし、コードを更新するたびに重たいアップロードをしなくてもよくなります。
AWSもストレージ容量が減らせるのではないでしょうか。

LambdaでChrome Headlessドライバを使ってスクレイピングをしているのですが、コードのzipファイルが48MBとかなので、制限ぎりぎりです。
これ以上何かを増やすと制限にひっかかります。
そして、ファイルが大きすぎてマネジメントコンソールから直接コードが編集できませんし見えません。

そこで登場したAWS Lambda Layers。
これは使うしかないでしょうということで、試してみました。

過去記事の「AWS Lambda(Python3)でSelenium + Chrome Headless + でwebスクレイピングする」の構成をLambda Layerを使ってやってみました。

AWS Lambda Layersの作成

前述の記事のリンクからドライバをダウンロードして、zipに固めますが、ここで注意点があります。

AWS Lambda Layers公式を見ると、pythonディレクトリを含むとあります。

なので、それにならって、今回は次のようなディレクトリ構成で、headlessディレクトリ以下をzipにしました。

マネジメントコンソールでLamda Layersを作成します。

AWS Lambdaの左ペインのメニューに[Layers]があります。

[Layersの作成]から作成します。

名前を任意で設定して、zipをアップロードします。
ファイルの最大サイズはLambdaの制限と同じく50MBでした。
ランタイムは複数設定することができますが、今回はPython3.6にしました。

AWS Lambdaの設定

LambdaでLayersを選択して[Layersの追加]から先程作成したLayersを選択します。

Lambda関数側にはChrome Headlessドライバだけを含まずに、seleniumなど必要なモジュールはzipで固めてアップロードします。

今まではファイルが大きすぎて見えなかったコードが見えるようになりました。

テストは成功です。

コードは次のコードで検証しました。

今回はまった点としてはドライバのパスです。
実行コードと一緒に固めていたときはカレントディレクトリからの相対パスで、「.bin/headless-chromium」というような指定をしていましたが、Layersではディレクトリが変わります。

コードに書いているように、 /opt/python となりました。
(pythonは公式サイト通りにpythonというディレクトリを作ったからだと思いますが)
Lambdaが実行されているディレクトリは、 /var/task なので、そのあたりは考慮する必要があります。

モジュールのimportとかは、/opt/python も見に行くと思うのでフルパスは必要ないと思いますが、今回のようにドライバを呼び出すときはフルパスが必要かな、と思いました。

Layersにはバージョンもあるようなので独自モジュールでもバージョン管理しながら使えますね。
いやあこれはLambdaが出たときから欲しかった機能なのでありがたいです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Servi …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echoです。 以下は、思ったことや気になったことを …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNginxのaccess.log , error.log , php-fpm error.log , Linuxのmessages , secureログを収集する

目次 参考ページEC2用のIAMロールを作成するEC2に CloudWatch …

CUSTOMINEを使ってkintoneからAWS Lambdaを実行する(Cognito認証付き)

先日の記事「kintoneのカスタマイズ開発を超速にするCUSTOMINE」で書 …

RedmineをELB(ALB)でAutoScalingグループへ負荷分散

高可用なRedmineを作るためのELBの設定です。 目次 高可用なRedmin …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …