ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

   


この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 2018に参加した記事です。

新機能のAWS Lambda Layersが発表されました。

これまでAWS Lambdaのコードファイルが50MBぎりぎりだとか悩まなくてもよくなりますし、コードを更新するたびに重たいアップロードをしなくてもよくなります。
AWSもストレージ容量が減らせるのではないでしょうか。

LambdaでChrome Headlessドライバを使ってスクレイピングをしているのですが、コードのzipファイルが48MBとかなので、制限ぎりぎりです。
これ以上何かを増やすと制限にひっかかります。
そして、ファイルが大きすぎてマネジメントコンソールから直接コードが編集できませんし見えません。

そこで登場したAWS Lambda Layers。
これは使うしかないでしょうということで、試してみました。

過去記事の「AWS Lambda(Python3)でSelenium + Chrome Headless + でwebスクレイピングする」の構成をLambda Layerを使ってやってみました。

AWS Lambda Layersの作成

前述の記事のリンクからドライバをダウンロードして、zipに固めますが、ここで注意点があります。

AWS Lambda Layers公式を見ると、pythonディレクトリを含むとあります。

なので、それにならって、今回は次のようなディレクトリ構成で、headlessディレクトリ以下をzipにしました。

マネジメントコンソールでLamda Layersを作成します。

AWS Lambdaの左ペインのメニューに[Layers]があります。

[Layersの作成]から作成します。

名前を任意で設定して、zipをアップロードします。
ファイルの最大サイズはLambdaの制限と同じく50MBでした。
ランタイムは複数設定することができますが、今回はPython3.6にしました。

AWS Lambdaの設定

LambdaでLayersを選択して[Layersの追加]から先程作成したLayersを選択します。

Lambda関数側にはChrome Headlessドライバだけを含まずに、seleniumなど必要なモジュールはzipで固めてアップロードします。

今まではファイルが大きすぎて見えなかったコードが見えるようになりました。

テストは成功です。

コードは次のコードで検証しました。

今回はまった点としてはドライバのパスです。
実行コードと一緒に固めていたときはカレントディレクトリからの相対パスで、「.bin/headless-chromium」というような指定をしていましたが、Layersではディレクトリが変わります。

コードに書いているように、 /opt/python となりました。
(pythonは公式サイト通りにpythonというディレクトリを作ったからだと思いますが)
Lambdaが実行されているディレクトリは、 /var/task なので、そのあたりは考慮する必要があります。

モジュールのimportとかは、/opt/python も見に行くと思うのでフルパスは必要ないと思いますが、今回のようにドライバを呼び出すときはフルパスが必要かな、と思いました。

Layersにはバージョンもあるようなので独自モジュールでもバージョン管理しながら使えますね。
いやあこれはLambdaが出たときから欲しかった機能なのでありがたいです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで503レスポンスを返す

大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在) 今のこのブログの構 …

AWSアカウントルートユーザーのMFAでYubicoセキュリティキーを設定した

先日Yubico セキュリティキーを購入して、USBにささなければならないのがな …

VPC内のLambdaからVPCエンドポイント経由でSecrets Managerを使う

InternetGatewayのないVPCでMySQLに対して一日数回のレポーテ …

AWS KMSのキーポリシーとアイデンティティベースポリシー

AWS KMSのCMKを作成する際に、管理者とキーユーザーを選択することで、以下 …

EFSのマウントターゲットがデフォルトで作成されるようになってました

ひさしぶりにAmazon EFSファイルシステムを作成しました。 作成手順がすご …

AWS CloudHSMを起動してみました

なかなか触る機会のないサービス、CloudHSM。 起動してみました。 手順はユ …

RDSリザーブドDBインスタンスを購入しました

リザーブドインスタンス推奨事項を確認したで確認した結果、購入したほうがよさそうで …

AWSアカウント内のCloudWatchアラームを削除する

やりたいこと 特定アカウント特定リージョン内のCloudWatdchアラームを全 …

AWS CodeDeployからEC2 Auto Scalingにデプロイするチュートリアル

公式チュートリアルチュートリアル: アプリケーションを CodeDeployグル …

AWS Certificate Manager(ACM)メール検証をDNS検証の証明書に差し替えました

ブログの証明書 このブログの証明書の有効期限があと1週間です。 証明書はAWS …