ヤマムギ

growing hard days.

*

「re:CAP ~サーバーワークス re:Invent 2018 報告会~」でre:Invent2018について思われたことを聞かせていただいた

      2018/12/31


サーバーワークスさんのre:Invent re:CAPにおじゃましました。

re:CAPとは、今年はラスベガスで開催された年に1回のAWSの最大カンファレンスre:Inventに行った人とかが、感じたこと、見たこととかを報告したり、その年に発表された新サービスや新機能を改めて解説したりする勉強会です。

今年は私もre:Inventに参加させていただいたのですが、現地にいるといろいろ忙しくて、全体を把握するのは逆に難しくて、帰国後に各地で行われれているre:CAPに参加して、情報を整理させていただいております。

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容やご意見ではないことを、ご承知おきください。

あなたの知らないre:Invent

大石さん

持ちネタからスタートされました。
7年連続7回目の参加をされている。

2012年はまだそれほど大きな規模ではなかった。
日本人向けに日本語のセッションをする部屋があった。

2018年は17,000人が入るキーノート会場、参加者は50,000人、なので入り切らない。

ほんとかどうかは定かではないがExpo(展示会場)の1コマは4~5,000万らしい。

日本人は1,400人参加。
3兆円、年間成長率46%。
クラウドマーケットシェアは51%。

大石さんがこれだけは、っていうサービスは、Lambda関連のアップデート。
Layer, Ruby, ALB SUpport などなどだが、一番はCustom Runtime。
COBOLが動く! COBOLが日本のTwitterでトレンド入り。
まだCOBOLのCustom Runtimeとしては公開されていなくてサードパーティベンダーが予定している。

ネットワークまわりでは、Transit Gateway。
VPCの制約が解消される。

ML系ではPersonalize。
AmazonのレコメンデーションをAWSが出してきた。

ここから大石さんの妄想なのでブログでは控えさせていただきます。
面白いお話でした。

最後は、AWSは、必要なものを必要なタイミングで出してくると改めて感じられた、と締めくくられていました。

サーバーワークスツアーについて

カルフォルニアオフィスの臼坂さん

なぜやっているかというと、アメリカならではの刺激を受けて帰国後に新しい創造につなげていただければ。

シアトルではAmazon Experience Center(スマートホーム体験), Boeing-Future of Flight(ボーイング航空機の工場見学), B8ta store(ガジェットの展示、体験), Starbucks Reserve Roastry(朝食) , Amazon 本社, Amazon Go, Amazon Spheres(植物園),
サンフランシスコでは、Whole Foods, JustSkill社(エンジニア向けのトレーニング会社), Computer History Museum(コンピュータ博物館), Slack

JustSkill社は初めて知りました。

ここからLT。

re:CAP AWS Transit Gateway

札幌在宅勤務の小倉さん

はじめて参加した感想は「人がいっぱいいる。それだけ」ww

主にネットワークまわりのセッションを見られた。

Transit GatewayはVPCピア接続をしなくてよくなる。
VPCをTransit Gatewayにアタッチする。
オンプレミスVPNもアタッチできる(CGWをアタッチ)。
DirectConnectは2019年の早い時期に可能。

re:InventではWorkShopなど現地でしかできないことをおすすめ。

re:CAP AWS Global Accelerator

佐藤さん

東京リージョンでももう使える!

DNSのクライアントキャッシュが課題だった。
それが解決された。

エンドポイントはALB, NLB, EIPだけなので、それ以外を使いたいときは、NLBをはさめば使える。

re:CAP EXPO

田畑さん

年間半分のリードを獲得する企業もあるという。

ARIAはThe Quadだったのか。
両方ともEXPOだと思ってた。

ベネチアンのEXPOだけでも東京ドームの7割ぐらい。

DATADOGは各言語対応をしていた。
日本語対応可能なブースは他にもあったらしい。
知らなかった。全部かたことでがんばったのに。

re:CAP re:Invent NIght

こばさん

ラスベガスの夜ではNetWorkingが盛んに行われている。

Japan Night おすすめ。
今年申し込みが間に合わなくて行けなかった〜

SUSHI SAMBA, Noodle Asiaは日本人多数、なのでちらっと覗くことをおすすめ。

恐れずにネットワーキングやろうぜというメッセージでした。

re:CAP DeepRacer

大阪に届いてる。

強化学習のための教材。

Ubuntuなんですね。
走るLinux ww

状態と報酬を繰り返し与えることで学習していく。
教師学習と強化学習の違いがわかりやすい。
道を教えるんじゃなくて、結果が正しかったかを教えるのか。
なるほど。

仕組みはSageMaker, RoboMaker, S3, Kinesis VIdeo Streams, CludWatch。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

Microsoft TeamsのIncoming Webhooksを使ってAWS Lambda(Python)からFeedlyの記事を自動投稿する

Microsoft Teamsの検証を始めましたので、Slackで自動化している …

QuickSightのVisualizeをダッシュボード化して定期メール

「Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかっ …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

TwilioからのリクエストをAPI Gateway+LambdaでTwimlを返して処理する

Twilioで着信した時のリクエスト先としてTwimlをWebサーバやS3で用意 …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …