ヤマムギ

growing hard days.

*

AWSアカウント ルートユーザーのMFAが使えなくなったので復旧

      2019/04/25


AWSのルートユーザーどころか、MFAが使えるログインすべてが使えなくなって焦りました。

昔はサポートに連絡しないといけなかったと思いますが、今はルートアカウントのメールアドレスとアカウント作成時に本人確認に使った電話番号が受けられれば復旧出来ます。

経緯

iPhone SEの画面がバッキバッキに割れてしまったので、AppleCareを活用してAppleStoreで交換しました。
7,800円でした。

AWSのMFAは全アカウントのルートユーザーもIAMユーザーも全部Google Authenticatorです。

iTunesのバックアップから戻せば戻ったような記憶があったので、割れた方のiPhone SEはAppleStoreできれいに消去して返却しました。

そして、家に帰ってiTunesにつなげると、バックアップはiCloudにしかないことが判明。

なのでiCloudから戻すしかないのですが、Google Authenticatorは完全に初期状態。

AWSサポートに連絡かなと思ってましたが、ログインしてみたら出来ました。

MFAを復旧してみました。

要るもの

  • ルートユーザーのメールアドレスを受信出来る
  • アカウント登録時の本人確認電話番号が着信出来る

手順

ルートユーザーでログインを進めて、MFA入力画面で「認証デバイスに問題がありますか?ここをクリック」をクリックします。

[Sign in using alternative factors]をクリック

手順に従って[確認Eメールの送信]をクリック

メールが届いたらリンクをクリック

手順に従って[すぐに連絡を受ける]をクリック。

電話がかかってくるので画面に表示されている6桁の数字をプッシュホンで入力。

認証が完了したので、[コンソールにサインイン]をクリック。

サインインすると自動的にIAMのMFA設定画面になるので、登録済のMFAを無効化して、再設定して復旧。

良かった〜。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS

ad

ad

  関連記事

T3.nanoで仮想メモリ割当をユーザーデータで実行する

T3.nanoはメモリがだいたい500MBです。 実行する処理によってはメモリエ …

AWS EC2 Amazon Linux にEC-CUBE3をnginx+MySql環境へインストール(手順検証中)

EC2インスタンスを作成する 少し古い記事で恐縮ですが試したい事があるのでAWS …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

Rocket.ChatにAWS Lambda(Python)から投稿する

Rocket.ChatにAPIで投稿するテスト(Postman)をやってみて、使 …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

NATインスタンスを作成する

プライベートサブネットのEC2インスタンスからカスタムメトリクスとCloudWa …

ALBのヘルスチェックでPHPとMySQL接続をチェック

当ブログで504エラーが発生して、オートスケーリングにより自動でインスタンスが置 …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …

slackのbotをAWS Lambda(Python)+API Gatewayで構築

slackで投稿した内容に応じて返信したり調べ物したりしてくれるbotですが、こ …

AWSアカウント内特定リージョン内のDynamoDBテーブルを全削除するLambda(Python)

やりたいこと タイトル通りですが、特定アカウントの特定リージョン内のDynamo …