ヤマムギ

growing hard days.

*

よくあるサーバーレスアーキテクチャで質問フォーム

      2019/03/04


この記事はServerless2 Advent Calendar 2018に参加した記事です。

非常によくあるサーバーレスなアーキテクチャです。
例えば今あるサイトを静的化して、フォーム部分だけをサーバーレスにしたい、などのときによく使われているケースと思います。
あと、最近質問箱というサービスもありますが、個人用に自分だけの質問箱を作ってみてはいかがでしょうか。

動作イメージはこちらの私が所属する企業のブログで「コース中の質問をサーバーレスなアーキテクチャで受けて共有」という記事で書きましたので、本記事では設定などを書き残しておきたいと思います。

Route 53

個人で所有しているドメインでアクセスできるようにしていますので、Route 53のAレコードのエイリアスで、CloudFrontのドメインを指定しています。

Certificate Manager

Certificate Managerでドメインの証明書を発行して、Route 53のCNAMEでドメイン認証をしています。

CloudFront

CloudFrontにはCertificate Managerで発行した証明書を設定しています。

オリジンにはS3バケットを指定して、OAIにてバケットへのCloudFrontを介さない直接のアクセスをできないようにしています。

S3

S3のバケットポリシー

S3バケットにはHTML, CSS, JavaScriptを配置して入力フォームをCloudFront経由で配信しています。

API Gateway

[質問]ボタンが押されると質問内容がURLパラメータとしてAPI GatewayでデプロイしたAPIにPOSTされます。

API GatewayではURlパラメータをJSONに変換してLambdaにEventデータとして渡してLambdaを実行します。

最初のLambda

Lambdaはメッセージを受け取って、SNSトピックへ発行します。

SNS, SQS

SNSトピックは2つのSQSキューへメッセージをファンアウトします。

Redmineにチケット登録するLambda

1つ目のSQSキューからメッセージを受信したLambdaはRedmineのAPIへ質問内容をPOSTして新しいチケットを作成し、RedmineのURLとあわせてTeamsに通知します。

Redmineへのチケット登録は「webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)」をご参照ください。

Teamsへの投稿は「Microsoft TeamsのIncoming Webhooksを使ってAWS Lambda(Python)からFeedlyの記事を自動投稿する」をご参照ください。

DynamoDBにデータを入れるLambda

2つ目のSQSキューからメッセージを受信したLamndaはリクエスト内容と時間、送信元IPアドレスなどの情報とともにDynamoDBへ書きます。

ちなみにRedmineは、ALBで負荷分散しているAuto Scaling GroupのEC2とAurora Serverlessで構築しています。
Redmineの添付ファイルはEFSに格納するように、起動設定のユーザーデータでEC2からマウントしています。
この構成のRedmine関連については以下をご参照ください。

Redmineは使わなくとも、最後のLambdaでSlackに通知したり、メールを送信したり、でもいいと思います。
返信の機能は作ってないですが、Slackへの通知を返信したら、Twitterにタグ付きで投稿とかも簡単にできそうですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , , , , ,

ad

ad

  関連記事

ヤマムギ vol.9 (AWS)EC2からAWS CLIコマンドを実行してみようハンズオン 手順

このブログは2020/5/5に開催しました、「ヤマムギ vol.9 (AWS)E …

静的と動的って何ですか?と営業さんに聞かれたので端的に説明してみました

AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強をしている営業さんに、「S3で静的オブ …

AWS LambdaのSQSへの自前ポーリングをやめてSQSイベントソーストリガーに変更した

以前は、LambdaがSQSからメッセージを受信するには、キューをポーリングして …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Am …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

AWSのアカウントを新規作成と、最低限やっておいた方がいいMFAの設定

AWSのアカウントを新規作成する手順を書き出しておきます。 ※2017年8月6日 …