ヤマムギ

growing hard days.

*

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

   


先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから問い合わせがあった場合に、Redmineのチケットを自動登録して対応状況を管理出来るようにしてみました。

  1. webフォームはS3で静的ホスティングを使っています。
  2. CloudFrontでS3をオリジンにしてwebフォームを配信しています。
  3. ACMでSSL証明書を無料で取得しています。
  4. webフォームから送信された情報はAmazon API Gateway、AWS Lambdaを経由してDynamoDBテーブルへ格納されます。
  5. DynamoDBテーブルに格納されたデータはDynamoDB StreamからLambdaが実行されてSQSへキューを送信します。
  6. SQSからキューを受信したLambdaがRedmine APIをコールしてチケットを作成します。

※ DynamoDBを介しているのは、Redmineへ送る必要のないデータも含めて記録しておくためです。
※ SQSを介しているのはRedmine APIがコール出来ない場合に再処理を容易にするためと、再処理回数をSQSのデッドレターキュー機能で制限したいためです。
※ 4で6の処理をするAWS Lambdaを実行してもいいですが、Redmine APIがコール出来ない場合の再処理などを考慮する必要があると思います。

Lambdaは全部Python3.6です。

webフォームからのポストを受けてDynamoDBへ送信するLambda

  • DynamoDBテーブルではsubmit_datetimeをパーティションキーに、フォームから送信されるメールアドレスをソートキーにしています。

DynamoDB Streamから実行されてSQSへキューを送信するLambda

  • sqsのurlはLambdaの環境変数に入力しておきます。

SQSからキューを受信してRedmine APIをコールしてチケットを作成するLambda

  • sqsのurlはLambdaの環境変数に入力しておきます。
  • RedmineのurlはLambdaの環境変数に入力しておきます。
  • redmineのAPIキーは登録するプロジェクトにチケットを作成する権限を持っているユーザーのAPIキーを使用します。
  • redmineのAPIキーは環境変数に入力してKMSで暗号化します。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

AWSアカウント内特定リージョン内のDynamoDBテーブルを全削除するLambda(Python)

やりたいこと タイトル通りですが、特定アカウントの特定リージョン内のDynamo …

CloudFormation Lambda-backedカスタムリソースチュートリアルをやりました

チュートリアル: Amazon マシンイメージ ID を参照するの手順に従ってや …

AWS Organizations SCPで許可ポリシーの設定をし継承の関係を確認する

ユーザーガイドのサービスコントロールポリシーの例にはDeny(拒否)ばっかりでA …

API Gatewayから直接 DynamoDBに書き込む

やりたいこと WebページでOやXを押したときに、どっちを押したかをDynamo …

EC2 Dedicated Hosts(専有ホスト)を起動

クォータ引き上げ 新規で作成したアカウントではDedicated Hostsがソ …

Amazon ECS Workshop for AWS Summit Online

INTRODUCTION TO AMAZON ECSに手順や必要なリンクがありま …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …