ヤマムギ

growing hard days.

*

freeeで確定申告書類を作成しました

      2020/04/02


2019年度の確定申告を、2018年度に引き続き、freeeを使って申告書類を作成しました。

2018年度は取引の登録からでしたので、入力作業や確認作業が面倒でしたが、今回はカード決済を常にfreeeに連携していたのと、週次ぐらいで手入力や調整、確認が必要なものの作業はしてたので、確定申告書類作成そのものは、30分ぐらいで終わりました。
毎週の確認や調整も、モバイルアプリから電車などで移動中に10分もあればできるので、負担にはなりませんでした。
医療費控除の明細作成が面倒なのですが、これもスプレッドシートなどでデータ化しておけば、指定フォーマットに病院ごとの合計金額を入力してインポートするだけでした。

申告書類を作成した手順を記録します。

freeeにログインして、[確定申告書類の作成]ボタンからスタートしました。

微々たるものですが、書籍執筆の印税も足しておきたいと思いますので、「副業などの収入」を選択しました。
一応郵送にしました。

取引入力は終わってますのでスキップして、固定資産、地代家賃も経費にするものはないので飛ばします。

本業の源泉徴収票を入力します。
番号がふってあるので簡単でした。

印税については微々たるものですが、支払調書がありましたのでこれを入力します。
これで本業の源泉徴収票とあわせて、すでに差し引きされた源泉徴収額が入力されたことになります。

医療費控除のために、医療費の入力をします。
病院ごと、対象者ごとに合計額を入力します。
多くあるときは、Excelファイルからのインポートが楽です。

配偶者や保険、住宅ローンについては、本業の源泉徴収票に情報が含まれてますので、重複して入力する必要はないそうです。

入力作業が終わりました。
申告書類がダウンロードできます。
捺印と、源泉徴収票などの書類を糊付けして、提出しました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - 未分類

ad

ad

  関連記事

Cloud9 Python3でpipも3にする

このブログは、2019/10/20に書いた、 Cloud9のAMIがCloud9 …

思っていることを口にしたらこうなった

このブログは、2018年8月24日に開催されたSUMMER JIMAN JAMで …

WordPress(EC2)の画像のS3へのオフロードをMedia Cloudで

タイトル通りですが、画像をwebサーバー(EC2)からではなく、S3バケットから …

アルバイトが休みになっちゃった学生さんへ

50名の方に拙著をお送りします 抽選で50名の方に、拙著をお送りします。 手元に …