ヤマムギ

growing hard days.

*

Route53でドメインを新規取得してDNSレコードを設定する

   


Elastic IPをAWSで発行しているのですから、DNSの設定も同じようにマネジメントコンソールから出来た方が便利なので、Route53使わないとなーと思っていました。

今回はまずはRoute53で新規でドメインを取得してDNSレコードの設定をしてみました。

Route53でドメインを新規取得する

route53-1

マネジメントコンソールでRoute53を選択します。

route53-2

[Registered Domains]で[Register Domain]を押します。

route53-3

ドメインを決めてカートに入れます。

この後、Registrant Contact,Admin Contact,Tech Contactのデフォルトになる項目を入力します。
これはドメイン登録後、それぞれ変更する事も可能です。

それぞれWhoisで表示される項目なのでそれを考慮した情報にするべきと思います。

それが終わると[Pending Requests]で処理中の状態となります。

30分後ぐらい後に登録が完了すると[Registered Domains]に表示されるので選択します。

DNSレコード設定

route53-dns-1

[Hosted Zones]を選択します。

レコードを設定したいドメインを選択します。

route53-dns-2

ドメイン登録後はNSレコードとSOAレコードが自動で作成されています。

[Create Record Set]を押します。

route53-dns-3

Typeでレコードの種類を選択して、NameとValueなどを設定して、[Create]を押して設定完了です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

Amazon Aurora Serverless 課金確認

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみましたの記事で書い …

AWS Certificate Manager(ACM)メール検証をDNS検証の証明書に差し替えました

ブログの証明書 このブログの証明書の有効期限があと1週間です。 証明書はAWS …

リザーブドインスタンス推奨事項を確認した

マネジメントコンソールで[AWSコスト管理]カテゴリの[AWS Cost Exp …

QuickSightのVisualizeをダッシュボード化して定期メール

「Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかっ …

AWS Lambda(Python)からZoom投票作成

以前、Zoomの投票(アンケート)をAPI経由で作成するというブログで書きました …

ブラウザからJavaScript SDKを使ってAmazon S3 への写真のアップロードチュートリアルをやってみました

ブラウザから Amazon S3 への写真のアップロードをやってみました。 HT …

ALBの重み付けルーティングでカナリアリリースをしてみました

当ブログのAMIの更新と、ALBターゲットグループのヘルスチェックを変更したかっ …

S3オブジェクトロックを試しました

S3オブジェクトロックが必要になる要件に今のところ、出会ってないのでまだ設定した …