ヤマムギ

growing hard days.

*

SQLAlchemyのModelクラスをMySQLから自動生成する

   


SQLAlchemyのMySQLモデルを書くのが面倒で、きっと何かツールがあるのでしょうが、探せなかったので作りました。

  • JOINとかには対応してないので用途によっては生成後書き足す事も必要です。
  • この例ではAmazon RDSのMySQLを使用しています。
  • config.pyはそれぞれの環境にあわせて作成してください。
  • 全ての型を網羅していません。自分が取り急ぎ必要な型だけサポートしています。

GitHubのコードはこちらです。

テーブル情報の取得

まず、pymysqlでデータベースに接続して show tables で全テーブル情報の配列を取得します。
書き出し先のテキストファイルも用意します。

show tablesの結果

テーブル名がTables_in_[db_name]というカラムで出力されます

Tables_in_db_name
table_name_1
table_name_2

カラム情報の取得

テーブル情報配列をループしてtable[‘Tables_in_’ + db_name]でテーブル名を取得します。
そして、show columns from table_name でテーブルの情報を取得します。

show columns from ‘ + table_nameの結果

カラム名、型、Null許可か、プライマリキーか、デフォルト値といった情報が出力されます。
なので、この情報をもとにモデルクラスを書き出します。

Field Type Null Key Default Extra
id int(10) NO PRI
name varchar(20) YES NULL

型と長さとunsigned

Type列の出力値からSQLAlchemyの文法にもとづいて生成します。

モデルクラスの書き出し

テーブル名を書き出した後、カラムを1行づつインデントを付けて書き出します。

出来た!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - Python ,

ad

ad

  関連記事

feedlyでタグ付けした記事を自動でメール配信する

feedlyを使っていて、良記事や知っておいて欲しい記事とかを部門とかチームとか …

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました。 所感など Ato …

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来 …

「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきまし …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(2)Pepper編~

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結 …

SQLAlchemyでシンプルにjoinする

過去のSQLAlchemyでjoinするという記事でPythonのSQLAlch …

PyCharmでテキストを折り返す

超小ネタです。 コーディングしているときは1行でそんなに長いコードを書かないので …

SendGrid(Python)で添付ファイル付きのメールを送信する

SendGridを使って添付ファイル付きのメールを送信するサンプルをPython …

CentOS 6でPythonからOracleに接続する

OracleのデータをPythonでさわりたくて、その実行環境がCentOS6の …

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました。 略 …