ヤマムギ

growing hard days.

*

SQLAlchemyのModelクラスをMySQLから自動生成する

   

SQLAlchemyのMySQLモデルを書くのが面倒で、きっと何かツールがあるのでしょうが、探せなかったので作りました。

  • JOINとかには対応してないので用途によっては生成後書き足す事も必要です。
  • この例ではAmazon RDSのMySQLを使用しています。
  • config.pyはそれぞれの環境にあわせて作成してください。
  • 全ての型を網羅していません。自分が取り急ぎ必要な型だけサポートしています。

GitHubのコードはこちらです。

テーブル情報の取得

まず、pymysqlでデータベースに接続して show tables で全テーブル情報の配列を取得します。
書き出し先のテキストファイルも用意します。

show tablesの結果

テーブル名がTables_in_[db_name]というカラムで出力されます

Tables_in_db_name
table_name_1
table_name_2

カラム情報の取得

テーブル情報配列をループしてtable[‘Tables_in_’ + db_name]でテーブル名を取得します。
そして、show columns from table_name でテーブルの情報を取得します。

show columns from ‘ + table_nameの結果

カラム名、型、Null許可か、プライマリキーか、デフォルト値といった情報が出力されます。
なので、この情報をもとにモデルクラスを書き出します。

Field Type Null Key Default Extra
id int(10) NO PRI
name varchar(20) YES NULL

型と長さとunsigned

Type列の出力値からSQLAlchemyの文法にもとづいて生成します。

モデルクラスの書き出し

テーブル名を書き出した後、カラムを1行づつインデントを付けて書き出します。

出来た!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - Python ,

ad

ad

  関連記事

Linux Mint 17 MATE 64bit にTensorFlowをインストールする

勉強会でTensorFlowを使用しますので、Linux Mint 17 MAT …

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの統計情報を抽出するというハンズオンに行ってきました

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの情報をWebスクレイピン …

pyenv update で「pyenv: no such command `update’ 」

環境 macOS Sierra 10.12.4 pyenvのアップデート pye …

「streamlit勉強会」に参加しました

streamlitってなんだろう? と思いながら参加しまししました。 fin-p …

Python SQLAlchemy MySQLでcase文を使う

PythohのORMライブラリSQLAlchemyでMySQLのテーブルSele …

Python SQLAlchemy MySQLでテーブルを指定せずにFunctionを使う

難しく考えて悩んでいましたが、queryに書いてやればいいだけでした。 sess …

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来 …

個人のGoogleカレンダーの予定をPythonで取得する

Google Calendar Twilio ReminderのGoogleカレ …

PythonでHTMLエスケープされた全角ハイフンをアンエスケープする

PythonでHTMLエスケープとアンエスケープについて調べていると、 xml. …

「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきまし …