ヤマムギ

growing hard days.

*

5分でAlexaスキルを作る

   


「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Microservices × Serverless On AWS」の懇親会LTでAmazon EchoのAlexaスキルを5分で作ってみました。
5分でデプロイ、ともいえますが、大目にみてください。

やることは2つです。

Lambda関数を用意する

  • ランタイムはPython3.6
  • ロールはLambdaデフォルトのCloudWatch Logsの権限さえあればOK
  • トリガーはAlexa Skills Kitを選んで検証を無効に
  • タイムアウトは一応5分
  • ソースコードはこちらGitHubから貼り付け

Amazon Developer Consoleでスキルを設定する

日本のアカウントに紐付けているAmazon Echo Dotで使うため、Amazon Developer Consoleにamazon.co.jp(日本のamazon)のアカウントでログインします。

[Alexa Skills Kit]を選択します。

[新しいスキルを追加する]をクリックしました。

言語は[Japanese]、スキル名を任意で、呼び出し名はスキルを呼び出すときの文字を入力しました。

一つ目のインテントを「SomethingGood」という名前で作ります。
発話を適当に決めます。

2つ目のインテントを「Default」という名前で作ります。
[Save Model]、[Build Model]をして終わったらConfigurationで対話モデル作成を終了します。

Lambda関数のarnを設定します。

これでEchoから話しかけると、good_wordsにべた書きしている配列からランダムで選ばれたメッセージをAlexaが読み上げてくれます。

コードの参考元

Lambdaの設計書の「alexa-skills-kit-color-expert-python」を変更して使っています。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

[事前準備] JAWS-UG 関西IoT専門支部「マクニカkibo + AWS IoTハンズオン」

来る12/19(土)の JAWS-UG 関西IoT専門支部第一回勉強会「マクニカ …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

MySQL WorkbenchからRDSに接続する

MySQL WorkbenchからAWS RDSのMySQLに接続するために、「 …

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

Amazon EC2のAMIイメージを自動取得して保持日数が過ぎたら削除

画像の保存をEC2に戻した事もあってEC2のバックアップの自動取得を勉強がてらや …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (前日 ~ Day1)

AWS Summit 2016 Tokyoにて、セッション聴講、ブース展示拝見、 …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

EC2のAMIとRDSのスナップショットを他のAWSアカウントに共有してブログサイトをAWSアカウント間で引っ越す

当ブログで使用しているEC2とRDSを環境の整理のため、他のAWSアカウントへ引 …