ヤマムギ

growing hard days.

*

「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Microservices × Serverless On AWS」で運営と懇親会LTをしてきました

      2018/01/22


「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Microservices × Serverless On AWS」で運営と、懇親会でのLTをしてきました。

MOTEXさん、いつも素敵な会場をご提供いただきまして本当にありがとうございます!
当日の運営は、受付したり、会場案内したり、誘導したりします。

勉強会会場ではステッカーやバッジを配ってます。

運営をしてても本編が始まれば、参加者と一緒に勉強できます。

以下、本編は印象に残ったフレーズや機能、思ったことをメモしました。

RESTful APIをChaliceで紐解く 〜Python Serverless Microframework for AWS

清水さん@AWS

  • サーバーレスアーキテクチャなRESTful API
  • リクエストがどういう処理をするか、そこだけに注力する
  • API Gateway + Lambdaをデプロイしようとすると汎用性があるため、煩雑性がある(SAMを使って解決する場合もある)
  • それを解決する手段としてChalice

Chaliceとは

  • ChaliceはPythonのフレームワーク
  • RESRTful API記述用のフレームワーク
  • コードを書いてデプロイするとAPI GatewayとLambdaを自動的に作成、更新
  • IAMの権限など付随する設定回りも自動
  • ローカルでの起動も可能
  • pipでインストール出来る
  • charice deployでデプロイを実行(早ければ5秒ぐらい)
  • コードを分析して必要なポリシーを自動でIAMロールに設定する
  • Domovoiのようなプラグインで拡張可能

Microservices On AWS

西谷さん@AWS

  • システムだけでなく組織、運用、開発、管理も分散
  • 各コンポーネントは独立して他のコンポーネントに影響を与えない
  • 1つのことをうまくやる
  • 多言語 OS , ツール、DBに対して異なるアプローチをとる
  • 各サービスごとに最適な言語とDBを組み合わせている
  • 各サービスが独立しているから、操作、データタイプに応じて、適したデータストア、ストレージを選択できる
  • 個々のコンポーネントはブラックボックスとして設計する、明確に定義されているAPIを介することで中身を意識してもらう必要はない。
  • APIをバックエンドとしたSPA
  • CF S3の静的ページ
  • ECS + ALBが多い
  • FargateはECSコンテナを気にせずに実行できる
  • API Gateway + Cognito User Poolと連携して簡単に認証を追加できる
  • DNSベースのサービスディスカバリ
  • ECSイベントストリームを使用したサービスディスカバリ
  • 可用性のトレードオフのため結果整合性を採用
  • 各サービスの状態の変化にあわせてイベントを発行
  • Event Sourcing
  • モニタリングはCloudWatchに集約
  • ログファイルはS3かCloudWatch Logs
  • ECSはawslogsでコンテナログの一元化が可能
  • 分散トレースは X-Ray活用

Serverless Reliability Engineering

照井さん@Serverworks

ServerlessでRASISを高められることはある

  • RASISはReliability, Availability ,
  • API Gateway(Lambda) Multi Regionで可用性を高める
  • sls , SAMでデプロイすることは簡単
  • Route 53のヘルスチェックでActiveとSecondary
  • DynamoDB Global Tables未対応リージョンでは、DBのマスタはレイテンシ覚悟で 単一にする
  • X-Rayだけでは足りない、Tokenでトレースする
  • ACID
  • 2回目以降の処理リクエストを処理しないことが冪等
  • ACID

実践Microservice × Serverless

小西さん@MOTEX

  • CloudWaatchを使ってトレースしている
  • 疎結合にして無停止デプロイ
  • そのための自動化(CI)
  • kinesis(Data Stream) を間に挟んでいる
  • SQSを挟んでいる人多い
  • 非同期だけどなるべくリアルタイムを求められるのでkinesisを置いている
  • SQSのほうがだいぶ安い
  • Lambdaでタイムゾーンはどこと保証されないので環境変数などで明示的に固定する
  • kinesisの順序保証が必要なケース
  • DynamoDBバックアップどうする問題

懇親会

LTをさせていただきました。

ライブでもで5分間でAlexaスキルを作るってLTをしてみました。
AlexaスキルのHello World的にでも試してもらえれば幸いです。

1回目、MacBookのWiFiがUSB Type-Cと2.4GHz帯の干渉問題で接続断。
テザリング(2.4GHz帯)に頼らないように会場のWiFiをお借りしてやり直しました。

失敗を恐れていては何も前には進みません。
とはいえ、本番に近い環境で練習をしておくべきです。

  • iPhoneテザリングを使う場合はUSB接続する。
  • 可能な限り本番と同じ環境でリハーサルをしておく。

次回からはこの2点を改善したいと思います。

このごたごたで、けんさんのLTをちゃんと見れなかった。
なので後で見させていただく。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS, event, study , , ,

ad

ad

  関連記事

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

作る部分 Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。 …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

「gusuku Meetup OSAKA Vol.1」に参加させていただきました

前回のkinotne Cafeの懇親会でふと言った「gusuku Meetupっ …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (1)LambdaからSlackへ通知する1

作る部分 SlackのWebURLを確認する Slackでチームを作成してbot …

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大阪」に参加しました

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大 …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

JINS MEME DEVELOPER HANDS-ON #5に行ってきました

世界初、自分を見るアイウェアの「JINS MEME」のSDK勉強会に行ってきまし …

Developers Summit 2018 「本番環境で使うContainer – Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon EKS」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echo とルンバです。 以下は、思ったことや気にな …

EC-CUBE3.0 コードリーディング勉強会第1回目に行ってきました

EC-CUBE3.0 コードリーディング勉強会第1回目に行ってきました。 ECサ …

「MasterCloud第10回 ~超AWS神回の予感~」に行ってきました

JAWS DAYS 2018のコミュニテイフレンドシップにも参加しているMast …