ヤマムギ

growing hard days.

*

「Rによる機械学習」に参加しました

   


異業種データサイエンス研究会を主宰されている井伊さんが開催された「Rによる機械学習」に参加しました

アジェンダ

今日の勉強会では以下のテーマを扱われるそうです。

  • Rによる機械学習の基礎
  • Caret による分類・回帰問題
  • EDA、特徴量エンジニアリング他

使用される環境はJupyterでした。
JupyterってiPython Notebookが拡張したと思ってましたので、Pythonだけかと完全に思い込んでました。
RもJuliaも使えると。
なんだったら、Julia, Python, RだからJupyterなんですって。
へーへーへーへー。でした。

今回も共有画面で実行しながら解説されています。
使用したソースコードの販売は終わってからようですね。
まだ案内ないですね。

これ、手元で実行しながら解説が聞けるとありがたいですね。

販売されるということですので、コードや内容については今回も書かないようにします。

そもそもRに触れることが初めてなので、解説を聞いてててもなーんとなくしかわかりませんでしたがRってこんな感じなんだっていうのは知れたのでよかったです。

そのぶん、参加者の方のチャットのコメントが興味が持てました。

「Pythonだとpandasなど大きなパッケージに機能を寄せてく感じですが、Rの場合、data.frameが言語自体にあるためか小さなパッケージを沢山って感じの文化の差はありますね。」

そうなのですね。
それだけ聞くと、なんだか、Rの方が軽量で良さそうなんじゃないかと思いました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

i

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study ,

ad

ad

  関連記事

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (5) LINEからの投稿へ返信と登録処理

作る部分 LINEからのメッセージを受けて各APIより返信し、StepFunct …

ヤマムギ vol.9 (AWS)EC2からAWS CLIコマンドを実行してみようハンズオン 手順

このブログは2020/5/5に開催しました、「ヤマムギ vol.9 (AWS)E …

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く未来~」に行ってきました

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く …

「Kubernetes(k8s)導入とその後」を聞きにCTO Meetupというイベントに来ました

CTOではないのですが、参加者要項に「Kubernetesを知りたいエンジニア」 …

「Meguro.dev #1 」でモブプログラミングを体験してみました

「AWSの各サービスを道具としてアプリケーション開発を行うデベロッパーのための新 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/1/31

本日は演算子。 休日出勤が土日と続きますがこういう時ほど続ける! いつものごとく …

ActRoomの仕様を書いてみた

これはLow-Code/No-Code Advent Calendar 2018 …

「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」で運営をしました

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪のナイトイベントで、「JAW …

持ち帰って欲しいもの

「カスタマーサクセス Advent Calendar 2018」にお誘いを受けま …