ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS DeepLensセットアップの儀

      2020/01/12


AWS DeepLensのセットアップを開始します。

AWS DeepLensをAWSアカウントに登録する

同梱物にURLが書いてたのでそこにアクセスします。


https://aws.amazon.com/jp/deeplens/resources/

[DeepLensを登録する]というボタンをクリックすると、マネジメントコンソールのDeepLensダッシュボードに画面が遷移しました。

[デバイスの登録]ボタンをクリックします。

ハードウェアバージョンの選択です。

デバイスの底面を確認します。
私はV1.1でした。

進めますと、手順が表示されます。
わかりやすいですね。

デバイスの電源を入れます。
USBで登録用のポートにPCと接続します。

同梱のケーブルが短いのでソファーに座っての操作は少しやり辛かったです。

しばらくすると接続済になりました。

デバイスの底面に記載されていたシリアル番号の下4桁を入力します。

次はネットワークの設定です。
WiFiの一覧が表示されるので選択してパスワードを登録します。
[Connect]ボタンをクリックします。

無事接続が完了して、ステータスがオンラインになりました。

デバイスに名前をつけます。

登録が進行中です。

しばらくすると登録が完了いたしました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

EC2 Auto Recovery機能を設定しておいた

以前EC2インスタンスのリタイア対象になったこともあり、というより、やっておいて …

API GatewayのアクセスログをCloudWatchに記録する

Amazon API GatewayのアクセスログをCloudWatchに記録で …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

AWS DataLake 構築ハンズオンに行ってきました

AWSJ大阪が増床されて2019年10月限定でAWS pop-up loftとい …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …

Cloud9 Python3でpipも3にする

このブログは、2019/10/20に書いた、 Cloud9のAMIがCloud9 …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

目次 1年間の無料キャンペーン期間中に検証するとりあえずサーバを作ってみる 1年 …