ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗して起動しなくなり復旧

   


oom

EC2のインスタンスに接続出来なくなったので、AMIから作成してElastic IPを紐付けなおして復旧しました。

当サイトに接続出来なくなっていた

記事をメンテナンスしようとブラウザで更新、iPhoneからも同様。
SSHも接続出来ず。

AWSコンソールで確認

とりあえず、インスタンスの再起動を試みるが無反応、なので、停止する。
5分ほど時間がかかって停止完了、そして起動。
状態がrunningになってからステータスチェックが長くて少し心配になってきたぐらいに、システムステータスが合格で完了。
そこから少し待ってみてもインスタンスステータスが「初期化しています」から変わらない。

並行してAMIからインスタンス作成開始

仕方がないのでバックアップとして作成していたAMIから新規インスタンスを作成。
Dropboxにバックアップしていた昨日のファイルバックアップをリストア。
※データベースはRDSで問題なく稼働しているのでそのまま使用。

元のインスタンスはインスタンスステータスチェックで失敗していたので、停止してIPアドレスを外す。
新規作成したインスタンスにIPアドレスを紐付けて起動して、とりあえず復旧。

原因確認を試みるも

「システムログの取得」をしても停止してしまったので何も情報は得られず。
公式サイトの情報を見て、インスタンスタイプを変更して起動したらステータスチェックに合格して起動成功。

うーん。t2.microでしたので、メモリの枯渇ですかね。
今日は特にセッション数がいつもの倍ぐらいになってましたし。

新規作成して稼働しているインスタンスもt2.microで作ったので心配になってTOPコマンドを眺める事にする。
なんだか目が離せなくて不安なので、t2.smallに変更して様子を見る事にします。

top

こういう経験がしたくてAWSに移設したのですから望むところです。

課題

  • ロードバランサーを構築する。
  • ステータスチェックや他要因によって無応答になった際に、AMIから作成して直近のDropboxのバックアップをリストアして、起動するという自動復旧プログラムを作りたい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

5分でAlexaスキルを作る

「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Micr …

AWS Certificate Manager(ACM)メール検証をDNS検証の証明書に差し替えました

ブログの証明書 このブログの証明書の有効期限があと1週間です。 証明書はAWS …

DynamoDB IAMポリシーで特定項目だけを許可する

検証記録です。 対象テーブル 書籍のサンプルで作ったこちらです。 所属バンドの楽 …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …

Route53でドメインを新規取得してDNSレコードを設定する

Elastic IPをAWSで発行しているのですから、DNSの設定も同じようにマ …

QuickSightのVisualizeをダッシュボード化して定期メール

「Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかっ …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …

EFSをEC2(Amazon Linux 2)からマウントする

Amazon Elastic File Systemが東京リージョンに来たことも …

ALBのヘルスチェックでPHPとMySQL接続をチェック

当ブログで504エラーが発生して、オートスケーリングにより自動でインスタンスが置 …

EC2 プレイスメントグループを試してみました

やったことないのでやってみたやつです。 プレイスメントグループの作成 まず、EC …