ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS BackupでRDSスナップショットをクロスリージョンコピー

   


クロスリージョンでコピーしたい対象と理由

このブログはブログのアーキテクチャをコストベースで見直しましたでご紹介したとおり、RTO12時間、RPO24時間としています。
その分コストを抑えてます。
ただし障害レベルとして、リージョン全体の超巨大災害は考えていません。

先日、大阪ローカルリージョンがAZ3つを備えた大阪リージョンになると、発表がありました。
いい機会なのでリージョンレベルでの対応も考えようと思います。
そして、AWS Backupがクロスリージョンコピーをサポートしました。
AMIは起動パラメータのイメージを作ったときに、手動でクロスリージョンコピーしとけばいいので、定期取得するAWS Backupからは除外です。

対象は、RDSとS3(画像)です。
S3はバケット間のクロスリージョンレプリケーションができるので別記事に書きます。
この記事ではRDSのスナップショットをAWS Backupによりクロスリージョンコピーした記録を書きます。

AWS Backup 設定

バックアップボールト

Defautを使ってます。

バックアッププラン

バックアッププランには、バックアップツールとバックアップリソース、タグを設定しました。

バックアップルール

日次で作成して、1週間で消えるようにしました。
下にスクロールして続きの設定をします。

バックアップボールとはDefaultを使いました。
そして、「リージョンにコピー」で他リージョンを指定します。
シンガポールを指定しました。
詳細も設定します。

元の東京リージョン同様に、1週間で削除するようにしました。

リソースの割当

バックアップ対象を設定します。
タグのキーが「Backup」、値が「Daily」を対象にしています。
バックアップ操作に使われるIAMロールはデフォルトのロールを使用しています。

結果発表〜

翌日確認すると、東京リージョンの「保護されたリソース」にRDSがありました。

RDSの「スナップショット」-「データベースサービス」からも確認できました。

シンガポールリージョンの「保護されたリソース」にRDSがありました。

シンガポールのRDSの「スナップショット」-「データベースサービス」からも確認できました。

本当は、自動バックアップされているスナップショットをコピーして欲しいところですが、ひとまずこれでOKです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …

JAWS FESTA 2019 Sapporo 参加&当日スタッフ&企業サポーターで!

2019年のJAWS FESTA は札幌です! 今回もありがたいことに、所属して …

AWS DeepLens開封の儀

去年(2019年)7月にamazon.co.jpでDeepLens買えますやんっ …

AWS VPC ネットワークACLでHTTP(80)のみ許可する

ユーザーガイドのカスタムネットワーク ACLのうち、HTTP(80)を許可する設 …

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘 …

S3をトリガーにしたときのLambdaのリソースベースポリシー

LambdaのトリガーでS3を設定したとき、自動的にLambdaのリソースベース …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

CloudWatchエージェント EC2の標準メトリクスでは収集できないメモリの …

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

AWSアカウント内特定リージョン内のDynamoDBテーブルを全削除するLambda(Python)

やりたいこと タイトル通りですが、特定アカウントの特定リージョン内のDynamo …