ヤマムギ

growing hard days.

*

Backlogの課題チケット更新内容をMicrosoft Teamsに通知する(AWS Lambda Python)

      2019/04/30


BacklogにSlack連携が追加されました。
ですが、私の所属している会社ではMicrosoft Teamsをコラボレーションツールに使っています。
BacklogにはMicrosoft Teamsへの連携機能はありません。
なければ作ります。

こちらの赤枠の部分です。
赤枠以外については、「Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編」をご参照ください。

Teamsの設定

通知を行いたいチャネルを選択して、メニューから[コネクタ]を選択します。

Incoming Webhookの[構成]をクリックします。

通知に表示される接続名とアイコンイメージをアップロードして作成します。
アイコンは会社の非公式ゆるキャラ、とれのCATです。
リクエストの送信先のURLが生成されますのでこれを控えておきます。

これでTeams側の設定は完了です。

Backlogのメッセージを受け取ってTeamsに通知するAWS Lambda

IAMロール

Lambdaに設定するIAMロールにはAWS管理ポリシーのAWSLambdaSQSQueueExecutionRoleを設定しました。
AWSLambdaSQSQueueExecutionRoleは次の内容です。

AWS Lambda Layers

Layersも使用しています。

requestsモジュールとTeamsに通知するための独自モジュールをLayersにアップロードしているので、それを使っています。
Teamsに通知するための独自モジュールは次のコードです。

環境変数

  • BACKLOG_DOMAIN
    BacklogのURLを通知内容に含めるためのBacklogのドメインです。

  • TEAMS_URL
    TeamsのIncoming Webhookで生成されたURLです。

AWS Lambdaのコード

コード全文はこちらです。

LayersのTeamsクラスを使っています。

メッセージをわかりやすくするためにフィールド名をの日本語に直してます。

課題チケットの変更内容は changes にあるので、あればメッセージとして整形しています。

Backlogで課題チケットが更新されると、とれのCATから通知がされました。
変更箇所、課題チケットへのリンク、コメントも通知されます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

i

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS, ProjectManagement , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (前日 ~ Day1)

AWS Summit 2016 Tokyoにて、セッション聴講、ブース展示拝見、 …

RDSの拡張モニタリングを有効にしました

RDS for MySQLです。 変更メニューで、[拡張モニタリングを有効にする …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

AWS CloudShellでboto3(SDK for Python)使うならpython3

本の執筆をしていて、ちょっとAWS CLIやSDKのふるまいを確認したいことがあ …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

API Gateway 作成済REST APIの定義をSwaggerの形式でエクスポート

SAMで似たようなAPIを作りたくて、エクスポートしました。 Swaggerは、 …

boto3(Python SDK) s3 get_object でバイト範囲を指定する

S3のGetObjectアクションでバイト範囲を指定することができます。 それに …

AWS DataLake 構築ハンズオンに行ってきました

AWSJ大阪が増床されて2019年10月限定でAWS pop-up loftとい …

Redmine 3.0.0 にLocal Avatar プラグインをインストールしてユーザーがアバターを簡単に変更出来るようにする

Redmineのアバターは標準でGravater採用なのですが、エンドユーザーに …