ヤマムギ

growing hard days.

*

kintone開発者ライセンスを申し込む

   


kintoneにはkintoneのアプリケーション開発や検証を目的とした開発者ライセンスがあります。

もちろん本番運用は出来ませんが、技術検証をしたり、本番運用時のアイデアを確かめてみたり、本番にのせるためのアプリを開発してテンプレートにしたり、と非常に便利な環境です。

ハンズオンなどの前には必ず用意しておきたい環境です。

発行までに3営業日はかかると見て申し込んでおくのが最善です。

以下、2017/7/30現在の手順です。

cybozu developer networkにサインイン

cybozu developer networkにアクセスします。

Facebookアカウントを使ってサインインするか、もしくは新規登録します。
ここでは新規登録する手順を説明します。

名前とメールアドレスを登録します。

メールが届きますのでリンクをクリックします。

パスワードを設定します。

kintone開発者ライセンスの申込

開発者ライセンスのページへアクセスします。
※もしもリンク切れになった場合はトップページのバナーなどからアクセスしてください。

利用規約などをよく読み、ページ下部の申込みフォームより申し込みます。

数日するとkintoneの開発者ライセンス準備完了とログイン情報ののったメールが届きます。

こればあなたもkintone developerです!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - kintone

ad

ad

  関連記事

Cybozu Days 2021「ユーザーがリアルに語る 「すごくなくてもいい」 kintone 活用術」セッションを観ました

kintoneアプリを開発する時間がない キンコミに書き込まれた質問に答えていく …

「gusuku Meetup OSAKA Vol.1」に参加させていただきました

前回のkinotne Cafeの懇親会でふと言った「gusuku Meetupっ …

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …

Cybozu Days 2021 Product Keynoteセッションを観ました

2021/11/1のCybozu Days 2021に参加しました。 Produ …

kintone Café 大阪 vol.12で企画/登壇しました

前回(vol.11)よりkintone Café 大阪の運営に参加させていただ …

kintoneのアプリ管理の情報をkintoneで作ったアプリ管理アプリに格納/更新する

kintone Advent Calendar 2017の参加記事です。 課題 …

Cybozu Days 2021「WeWork Japanが kintoneの導入ショック期を越え、利用定着するまで」セッションを観ました

2021/11/1のCybozu Days 2021に来ました。 初日のみの参加 …

Cybozu Circus Fukuokaで「経営者が語る。 70人の鉄工所が、kintoneで「見える化」第一歩を踏み出してみた。」を見ました。

工場長頼みだった工程管理の見える化をkintoneで実現された乗富鉄工所乘冨さん …

Cybozu Circus Fukuokaで「なぜ御社のDXは進まない?!DXを阻む壁を突破する方法。」を見ました。

サイボウズ営業本部営業戦略部の木地谷さんと船井総合研究所DX支援本部DX推進室の …

kintone hiveで改めてkintoneの破壊力を見た

kintone hiveとは 「日頃から業務の中でkintoneを活用しているユ …