ヤマムギ

growing hard days.

*

slackのbotをAWS Lambda(Python)+API Gatewayで構築

   


slack-apigateway-lambda

slackで投稿した内容に応じて返信したり調べ物したりしてくれるbotですが、これをAWSのLambda(Python)+API Gatewayで構築しましたメモです。

AWS Lambdaで実装する

eventに辞書型でslackからusername,text,channel_nameなどがPOSTされるのでそれを受け取って、json形式で返します。

API Gatewayの設定

lambdaのAPI endpointsから設定します。

MethoはPOSTにします。

出来たAPI Gatewayの設定画面に行って、[統合リクエスト]の設定を展開します。

API_Gateway_mapping_template

[マッピングテンプレートの追加]でContent-Type 「application/x-www-form-urlencoded」を追加します。

保存します。

slackでOutgoing Webhooksを設定する

slackのログインしている状態でCustom IntegrarionsでOutgoing Webhooksを追加して設定します。
※Team Settingsで画面上部の検索窓(Search app directory)で「Outgoing Webhooks」を検索するとわりとたどりつきやすいです。

Configure_Outgoing_WebHooks

[Add Configuration]で設定します。

  • Channel トリガーとするチャンネルを指定します。全チャンネルにしたいので「Any」を設定しました。
  • Trigger Word(s) チャンネルを指定している時はブランクでもOKですが、「Any」にしている時は設定が必要です。今回はbotの名前をトリガーワードにしました。
  • URL(s) Lambda(API Gateway)で設定したAPI endpoint URLを設定します。
  • Customize Name botの名前を設定します。
  • Customize Icon botのアイコンを設定します。

これで準備完了です。

例えば、Trigger Word(s)を「test-bot」とかにしていれば、「test-bot おはよう」のように投稿すれば返事が帰ってきます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

LINE BOT AWARDS 2017に応募しました

LINEの友達追加QRです。 動作のご確認にどうぞ LINE BOT AWARD …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する

目次 昨日まで(AWS Batch)今日から(AWS Lambda)ARNを指定 …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

Backlogの課題チケット更新内容をMicrosoft Teamsに通知する(AWS Lambda Python)

BacklogにSlack連携が追加されました。 ですが、私の所属している会社で …

ブログの画像を別アカウントのS3に移動するためにIAMロールでクロスアカウントアクセス

ずっと先延ばしにしていたのですが、このブログの画像はEC2から直接配信しています …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …