ヤマムギ

growing hard days.

*

slackのbotをAWS Lambda(Python)+API Gatewayで構築

   


slack-apigateway-lambda

slackで投稿した内容に応じて返信したり調べ物したりしてくれるbotですが、これをAWSのLambda(Python)+API Gatewayで構築しましたメモです。

AWS Lambdaで実装する

eventに辞書型でslackからusername,text,channel_nameなどがPOSTされるのでそれを受け取って、json形式で返します。

API Gatewayの設定

lambdaのAPI endpointsから設定します。

MethoはPOSTにします。

出来たAPI Gatewayの設定画面に行って、[統合リクエスト]の設定を展開します。

API_Gateway_mapping_template

[マッピングテンプレートの追加]でContent-Type 「application/x-www-form-urlencoded」を追加します。

保存します。

slackでOutgoing Webhooksを設定する

slackのログインしている状態でCustom IntegrarionsでOutgoing Webhooksを追加して設定します。
※Team Settingsで画面上部の検索窓(Search app directory)で「Outgoing Webhooks」を検索するとわりとたどりつきやすいです。

Configure_Outgoing_WebHooks

[Add Configuration]で設定します。

  • Channel トリガーとするチャンネルを指定します。全チャンネルにしたいので「Any」を設定しました。
  • Trigger Word(s) チャンネルを指定している時はブランクでもOKですが、「Any」にしている時は設定が必要です。今回はbotの名前をトリガーワードにしました。
  • URL(s) Lambda(API Gateway)で設定したAPI endpoint URLを設定します。
  • Customize Name botの名前を設定します。
  • Customize Icon botのアイコンを設定します。

これで準備完了です。

例えば、Trigger Word(s)を「test-bot」とかにしていれば、「test-bot おはよう」のように投稿すれば返事が帰ってきます。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗 原因はPHP-FPMのOOM-KILLER

先週に引き続きEC2のインスタンスステータスチェックで失敗 再起動するも失敗する …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」で運営をしました

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪のナイトイベントで、「JAW …

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Server …

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘 …