ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS CodeCommitのリポジトリをiPhoneのWorkingCopyアプリから使う

   


iPhoneからも執筆できるようにしておこうと思いまして、iOSアプリのGitクライアントを検索したら、WorkingCopyというアプリがありました。
無料でインストールできますが、pushできるエディションは有料です。
10日間無料で使えるようですので、試してみてから課金します。

公開鍵をエクスポート

iPhoneにWorkingCopyをインストールして、左上の歯車アイコンをタップしました。

[SSH Keys]を選択しました。

キーペアが1つできているので、それを選択しました。

[Export Public Key]をタップしました。

AirDropを使って、Macに送りました。
他の方法だと、メールとかでも送れます。

IAMユーザー作成

IAMユーザーを作成します。
どっちか選ばなければなので、[プログラムによるアクセス]を選択しました。

WorkingCopyのユーザーガイドに記載のとおり、以下のポリシーをアタッチしました。

  • IAMUserSSHKeys
  • AWSCodeCommitPowerUser

作成後、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーを削除して、[AWS CodeCommitのSSHキー]の[SSHパブリックキーのアップロード]を押下しました。

WorkingCopyからエクスポートした公開鍵の内容を貼り付けました。

リポジトリをクローン

iPhoneのWorkingCopyアプリで、[Clone repository]をタップしました。

形式は、WorkingCopyのユーザーガイドにもありますが、ssh://SSHキーID@git-codecommit.リージョンコード.amazonaws.com/パス です。

例 ssh://APKAJMDDPOLPSL7OAYOA@git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/test

初回は警告が出るので、Acceptします。

無事クローンできました。

マークダウンファイルを開くと、テキストエディタで編集できます。

コミットまでは無料でできますが、プッシュは有料エディションにしなければです。

10日間の無料試行ができますので、とりあえず試してみます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS, iPhone , , ,

ad

ad

  関連記事

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

AWS LambdaでS3 Select

RDSスナップショットをS3にエクスポートした、Parquetフォーマットのデー …

RDSリザーブドDBインスタンスを購入しました

リザーブドインスタンス推奨事項を確認したで確認した結果、購入したほうがよさそうで …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

API Gateway Lambdaプロキシ統合で渡されるリクエストを確認しました

API Gatewayの統合リクエストでLambdaを指定するときにプロキシ統合 …

AWS Cloud9で環境を共有する

(特にリモート環境では)画面共有をしたり、リポジトリを共有したり、コーディング環 …

Rocket.ChatからOut Going Webhookを設定してみる

API GatewayとLambda とりあえず、どんなデータが飛んでくるのか見 …

ALBの重み付けルーティングでカナリアリリースをしてみました

当ブログのAMIの更新と、ALBターゲットグループのヘルスチェックを変更したかっ …

Amazon API GatewayのIAM認証の動作を確認しました

API GatewayのIAM認証は、IAMユーザーが実行できるように認証する、 …

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみました(1日経過しての課金結果も)

祝!!! Amazon Aurora ServerlessがGAになりました! …