ヤマムギ

growing hard days.

*

Windows EC2インスタンスでEBSとインスタンスストアを使用する

   


Amazon EBS基本のデモ(「AWS認定試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー」のデモ)で行ったデモの内容です。
あまりインスタンスストアを使うこともないので書き残しておきます。

EC2インスンタンスの起動

リージョンはバージニア北部で、Microsoft Windows Server 2019 Baseを選択しました。

インスタンスタイプはインスタンスストアを使いたいので、c5ad.largeにしました。

ストレージ設定で、ephemeral0はすでに設定されています。
ついでに2つ目のボリュームの見え方も確認するために、スループット最適化HDDで125GBのEBSボリュームも追加しています。
125GBはスループット最適化の最低容量でした。

タグを設定して、セキュリティグループはRDP 3389ポートをマイIPで有効にして、新しいキーペアを作成して起動しました。

Windowsの設定

EC2インスタンスが起動したら、[接続]メニューのRDPクライアントでダウンロードしておいた秘密鍵を使ってAdministratorのパスワードを複合化して、リモートデスクトップでログインしました。

エクスプローラーで見てみるとCドライブしかありませんでした。

ディスクの管理で見ると125GBの2つ目のEBSボリュームと、インスタンスストアが未初期化の状態でした。
このまま初期化して、ステータスがOnlineになりました。

それぞれのディスクを選択して、[New Simple Volume]を選択しました。
ウィザードが実行されるので、デフォルトのまま終了しました。

2つ目のEBSボリュームがDドライブ、インスタンスストアがEドライブに設定されました。

EC2インスタンスを停止して開始する

Dドライブ、Eドライブにテキストファイルを保存して、EC2インスタンスを停止、開始してみました。

OSをシャットダウンすることでEC2インスタンスも停止になりました。

マネジメントコンソールの[インスタンスの状態]から[インスタンスを開始]にしました。

開始したインスタンスではDドライブは割り当てられたままで、テキストファイルも残ってましたが、Eドライブはありません。

新たなインスタンスストアが利用可能になっていました。
これはインスタンスストアはEC2のホストの領域を使用していて、EC2インスタンスが停止して開始したときにホストが変わっているからですね。
ですので、永続性が必要なデータ = EC2インスタンスが停止しても保持しておかなければならないデータはEBSを使用する、インスタンスストアを使用してはいけない、とよくドキュメントに出てきますが、こういうことなのですね。

リソースの削除

検証が終われば削除します。
削除したもの。
* EC2インスタンス
* 追加したEBSボリューム
* セキュリティグループ
* キーペア


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Cloud9でAWS CDK環境

最初ローカルに作ろうと思ったのですが、環境依存がというか、Macbookの環境で …

S3オブジェクトへのリクエストをCloudTrail, Athenaで識別する(パーティショニング)

Amazon S3オブエジェクトへのリクエストをCloudTrail, Athe …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

Athenaのユースケースとして聞きにいきましたが、最近触ってるRe:dashも …

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。 2020 …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echoです。 以下は、思ったことや気になったことを …

AWSアカウントの解約

アカウント作成メニュー確認のために作成したAWSアカウントを解約しました。 使っ …

AWS CDKでリージョンをまたいだクロススタックリファレンスはできなかった

例えばこんなコードが実行できるかというと、 [crayon-6146370128 …

AWS Toolkit for EclipseからLambda関数を直接作成できずにMavenでパッケージ化して作成

AWS Toolkit for EclipseからLambda関数を直接作成 チ …