ヤマムギ

growing hard days.

*

Cloud9でSAMローカルテスト

      2022/02/10

せっかくテストするので、Amazon CloudSearchからAmazon Elasticsearch Serviceへ変えましたで作った、トレーニングコースを全文検索するLambdaでテストしてみようと思います。

Cloud9

Cloud9はデフォルトのままでインスタンスタイプだけ、t3.nanoで作成しました。

samのバージョンを確認すると、0.38でした。

SAMアプリケーション作成

python3.6で、Hello World Exampleのテンプレートにしました。
3.6にしたのは、Cloud9のPythonのバージョンが3.6でしたのであわせました。

Swagger

API Gatewayの定義を記述しているSwaggerは、API Gateway 作成済REST APIの定義をSwaggerの形式でエクスポートでエクスポートしたSwaggerを基にしました。

変更したのは、x-amazon-apigateway-integration: のuri:です。

用意したSwaggerファイルを任意のS3バケットにアップロードしておきます。

修正

必要最低限の箇所だけ修正しています。

requirements.txt

2つのモジュールを含めるようにしました。

hello_world/app.py

以下に置き換えました。

template.yaml

環境変数を追加しました。
ElasticSearchのエンドポイントやリージョンを指定しました。

ResourcesにAPIの定義をSwaggerを参照するように追記しました。

LambdaFunctionのセクションをこちらに変更しました。
IAMロールとLayersはあらかじめ作成済のものを指定しました。

sam build

成功しました。

このとき、ローカルとランタイムのPythonのバージョンがあっていないと以下のエラーになりました。

sam local start-api

Cloud9ローカルでテストをします。

API Gatewyの設定は反映されないようで、lambdaに対してそのまま実行するAPIのようです。
ですので、responseにはステータスコードが必要でした。
また、統合リクエストのマッピングもしてないので、eventにqueryStringParametersが含まれるかどうかで判定しています。
もっといいやり方があるかもしれません。

別のターミナルを開いて、curlコマンドでGETしてみます。

成功しました。
以下のようなレスポンスが返ってきました。

sam deploy

デプロイしてみます。

デプロイ完了後、APIエンドポイントにcurlコマンドでgetリクエストしてみて、ローカルテストと同じ結果を確認できました。

削除はCloudFormationスタックの削除です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

AWSアカウントのルートユーザーのセキュリティ認証情報

アカウント作成時にはMFA設定するためにIAMダッシュボードからアクセスするので …

AWS CodeStarで静的webサイトのテンプレートプロジェクトを作成する

執筆環境の検討中です。 CodeCommitは使うつもりで、コミットしたときにE …

Amazon CloudWatch クロスリージョンクロスアカウントダッシュボードを作成

本ブログのCloudFrontとWAFのアカウントと、EC2、RDS、S3などオ …

EC2 Image BuilderでRocket.ChatのAMIを作って起動テンプレートを更新しました

EC2 Image Builderの練習をしようと思い、Rocket.Chatの …

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

WordPressの年ごとのブログ投稿数を調べるSQL

毎年年末に使いそうなのでメモです。 [crayon-669531cf7d92f7 …

Azure AD SSOからAWS SSOに統合するための提供情報

Azure AD SSO担当者に送る情報をこちらの記事を見て確認しました。 チュ …

Lambda関数で自分自身の環境変数を更新する

Twitterでツイート検索するAPIを試してみるでツイートの取得を重複させない …

JAWS DAYS 2018 「Cost-Driven AWS クラウドアーキテクチャデザインとコスト最適化方法 – Cost-Driven AWS Cloud Architecture Design : The Lean Startup on AWS」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

ヤマムギ vol.8 (AWS)EC2でLinuxサーバー構築ハンズオン 手順

ヤマムギとは from Mitsuhiro Yamashita 「AWSではじめ …