ヤマムギ

growing hard days.

*

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

      2020/01/09


2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。
2020年は薄い本にもチャレンジしたいです。

今利用している執筆環境を記録しておきます。
アーキテクチャはこちらです。

  • フォーマットはマークダウンです。
  • MacbookにインストールしたPyCharmで書いてコミットします。
  • リポジトリはCodeCommitです。
  • コミットされるとCodePipelineがzipにしてS3バケットに格納します。
  • S3バケットにzipが格納されるとLambdaが署名付きURLを生成してSNSトピックにパブリッシュします。
  • サブスクライバーのEメールに署名付きURLが送信されます。

CodePipeline

[パイプラインの作成]からはじめました。

パイプライン名を任意で設定しました。
IAMロールは新規で自動作成しました。
アーティファクトストアは、ダウンロード用ファイルが作成されるバケットを指定しました。

ソースは今回の書籍執筆用に作成していたCodeCommitのリポジトリ、ブランチを指定しました。
イベントはCloudWatch Eventsにしました。

ビルドステージはビルドステージをスキップから、スキップしました。

デプロイステージには、今回用に作成したバケットを指定しました。

以上で設定は完了しました。
内容を確認して作成完了しました。

CloudWatch Eventsを確認すると、ルールとイベントが作成されていました。

IAMロールは次のポリシーがアタッチされたロールが作成されていました。

信頼ポリシーはこちらでした。

署名付きURL生成

今回は、編集者さんにダウンロードしてもらうための署名付きURLを生成したいです。
有効期限としては、1週間欲しいです。
ですので、IAMロールを使用した場合は6時間なので、使用できません。
専用のIAMユーザーを作成しました。

Amazon S3 バケットの署名付き URL が、指定した有効期限より前に失効するのはなぜでしょうか?

IAMユーザーはマネジメントコンソールからログインする必要はありませんので、コンソールのパスワードは[無効]にしました。
ポリシーはインラインポリシーで、該当のS3オブジェクトキーに、GetObjectできるだけの権限です。
アクセスキーを発行しました。

SNSトピックを作成して、サブスクライバーには自分のEmailを設定しました。

Lambda

イベントトリガーはS3のプレフィックスとサフィックス指定で、イベントタイプはObjectCreatedです。
ランタイムはPython3.6です。

環境変数に、accesskeyとsecretを設定して完了です。

実行結果

Pycharmのターミナルからコミットしてみました。

CodePipelineが動き始めました。

成功で完了しました。

メールでもちゃんと署名付きURLが届きました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

EC2 Auto Recovery機能を設定しておいた

以前EC2インスタンスのリタイア対象になったこともあり、というより、やっておいて …

AWS EC2 でインスタンスにIPアドレスを紐付ける

AWS EC2で作ったサーバは何もしなければ起動するたびにIPアドレスが変わって …

Lucidchart AWSアカウントからインポート機能で自動作図

SNSでLucidchartというサービスが話題になってました。 AWSの環境を …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

Amzon Linux のApacheでRedmineとWordPressをバーチャルホストで共存する

EC2とRDSを節約しようと思いまして、Redmineを動かしてるとこに検証用W …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題

AWS認定クラウドプラクティショナのサンプル問題2018年9月25日現在で、英語 …

JAWS-UG 大阪 関西女子合同 Amazon Personalizeハンズオンやってみました

久しぶりに大阪でJAWS-UGに参加です。 Amazon Personalize …