ヤマムギ

growing hard days.

*

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

      2020/01/09


2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。
2020年は薄い本にもチャレンジしたいです。

今利用している執筆環境を記録しておきます。
アーキテクチャはこちらです。

  • フォーマットはマークダウンです。
  • MacbookにインストールしたPyCharmで書いてコミットします。
  • リポジトリはCodeCommitです。
  • コミットされるとCodePipelineがzipにしてS3バケットに格納します。
  • S3バケットにzipが格納されるとLambdaが署名付きURLを生成してSNSトピックにパブリッシュします。
  • サブスクライバーのEメールに署名付きURLが送信されます。

CodePipeline

[パイプラインの作成]からはじめました。

パイプライン名を任意で設定しました。
IAMロールは新規で自動作成しました。
アーティファクトストアは、ダウンロード用ファイルが作成されるバケットを指定しました。

ソースは今回の書籍執筆用に作成していたCodeCommitのリポジトリ、ブランチを指定しました。
イベントはCloudWatch Eventsにしました。

ビルドステージはビルドステージをスキップから、スキップしました。

デプロイステージには、今回用に作成したバケットを指定しました。

以上で設定は完了しました。
内容を確認して作成完了しました。

CloudWatch Eventsを確認すると、ルールとイベントが作成されていました。

IAMロールは次のポリシーがアタッチされたロールが作成されていました。

信頼ポリシーはこちらでした。

署名付きURL生成

今回は、編集者さんにダウンロードしてもらうための署名付きURLを生成したいです。
有効期限としては、1週間欲しいです。
ですので、IAMロールを使用した場合は6時間なので、使用できません。
専用のIAMユーザーを作成しました。

Amazon S3 バケットの署名付き URL が、指定した有効期限より前に失効するのはなぜでしょうか?

IAMユーザーはマネジメントコンソールからログインする必要はありませんので、コンソールのパスワードは[無効]にしました。
ポリシーはインラインポリシーで、該当のS3オブジェクトキーに、GetObjectできるだけの権限です。
アクセスキーを発行しました。

SNSトピックを作成して、サブスクライバーには自分のEmailを設定しました。

Lambda

イベントトリガーはS3のプレフィックスとサフィックス指定で、イベントタイプはObjectCreatedです。
ランタイムはPython3.6です。

環境変数に、accesskeyとsecretを設定して完了です。

実行結果

Pycharmのターミナルからコミットしてみました。

CodePipelineが動き始めました。

成功で完了しました。

メールでもちゃんと署名付きURLが届きました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 201 …

Amazon Linux2のPHPを7.2から7.3へアップデートしました

WordPressのサイトヘルスの推奨に従って使っていないテーマを削除したの推奨 …

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く未来~」に行ってきました

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く …

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

別アカウントのVPCからAWS PrivateLinkを使う

やったことないのでやってみるシリーズです。 VPC エンドポイントサービス (A …

ブログの画像を別アカウントのS3に移動するためにIAMロールでクロスアカウントアクセス

ずっと先延ばしにしていたのですが、このブログの画像はEC2から直接配信しています …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

RDS for MySQL のインスタンスタイプ変更

当ブログのデータベースは、RDS for MySQLです。 個人利用ですし、障害 …

百聞は一見にしかず!AWSセルフペースラボの無料ラボ!

※2019年5月12日現在に試してみた記録です。 AWSセルフペースラボとは A …

RDSスナップショットのS3エクスポート結果確認

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもで …