ヤマムギ

growing hard days.

*

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

      2020/01/09


2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。
2020年は薄い本にもチャレンジしたいです。

今利用している執筆環境を記録しておきます。
アーキテクチャはこちらです。

  • フォーマットはマークダウンです。
  • MacbookにインストールしたPyCharmで書いてコミットします。
  • リポジトリはCodeCommitです。
  • コミットされるとCodePipelineがzipにしてS3バケットに格納します。
  • S3バケットにzipが格納されるとLambdaが署名付きURLを生成してSNSトピックにパブリッシュします。
  • サブスクライバーのEメールに署名付きURLが送信されます。

CodePipeline

[パイプラインの作成]からはじめました。

パイプライン名を任意で設定しました。
IAMロールは新規で自動作成しました。
アーティファクトストアは、ダウンロード用ファイルが作成されるバケットを指定しました。

ソースは今回の書籍執筆用に作成していたCodeCommitのリポジトリ、ブランチを指定しました。
イベントはCloudWatch Eventsにしました。

ビルドステージはビルドステージをスキップから、スキップしました。

デプロイステージには、今回用に作成したバケットを指定しました。

以上で設定は完了しました。
内容を確認して作成完了しました。

CloudWatch Eventsを確認すると、ルールとイベントが作成されていました。

IAMロールは次のポリシーがアタッチされたロールが作成されていました。

信頼ポリシーはこちらでした。

署名付きURL生成

今回は、編集者さんにダウンロードしてもらうための署名付きURLを生成したいです。
有効期限としては、1週間欲しいです。
ですので、IAMロールを使用した場合は6時間なので、使用できません。
専用のIAMユーザーを作成しました。

Amazon S3 バケットの署名付き URL が、指定した有効期限より前に失効するのはなぜでしょうか?

IAMユーザーはマネジメントコンソールからログインする必要はありませんので、コンソールのパスワードは[無効]にしました。
ポリシーはインラインポリシーで、該当のS3オブジェクトキーに、GetObjectできるだけの権限です。
アクセスキーを発行しました。

SNSトピックを作成して、サブスクライバーには自分のEmailを設定しました。

Lambda

イベントトリガーはS3のプレフィックスとサフィックス指定で、イベントタイプはObjectCreatedです。
ランタイムはPython3.6です。

環境変数に、accesskeyとsecretを設定して完了です。

実行結果

Pycharmのターミナルからコミットしてみました。

CodePipelineが動き始めました。

成功で完了しました。

メールでもちゃんと署名付きURLが届きました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確定したのでAmazon著者セントラルに登録した

初の執筆本、「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確 …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

特定AWSアカウント特定リージョンのSNSトピックを削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定アカウント内特定リージョン内のSNSトピックを全部削除したいで …

AWS Savings Plansを検討しました

今、個人でAWSアカウントを7つ使っています。 Savings Plansが使え …

ALBにWAFを関連付けて特定のヘッダー以外はブロックする

おかげさまで、ブログのアクセスも増えてきて、t3.nano EC2インスタンス単 …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

AWSアカウント内のLambda関数を削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定のAWSアカウントの特定リージョンのAWS Lambda関数を …

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …

API GatewayからLambdaを介さずにSNSトピックへ送信

やりたいこと APIリクエストをまずLambdaで受けて、SNSトピックへ送信す …

AWSアカウントルートユーザーのMFAでYubicoセキュリティキーを設定した

先日Yubico セキュリティキーを購入して、USBにささなければならないのがな …