ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon SESでメール受信

      2021/06/21


Amazon SES(Simple Email Service)にメールドメインを登録して、S3バケットで受信するまでの確認をしました。

SESにドメイン登録

久しぶりにSESのマネジメントコンソールにアクセスしたら、New Consoleがあるとのことでそちらを使ってみることにしました。

メールアドレスも、ドメインも[CreateIdentity]から登録するようです。

Domainを選択してメール受信用のサブドメインを入力しました。
他はタグを設定しただけでデフォルトのままです。

DKIMでの所有者認証ということで、CNAMEが3件生成されました。

この時点でRoute 53の該当ホストゾーンにはCNAMEレコードが3件登録されていました。

あっというまにDKIM configurationはSuccessfulになって、Identity statusはVerifiedになりました。

そして、受信設定をしようとすると、新しいコンソールではまだサポートしていないようです。
残念。

Route 53でMXレコードは手動で設定しました。
値は以下です。
10 inbound-smtp.us-east-1.amazonaws.com

バージニア北部での受信設定ですので、他のSES受信をサポートしているリージョンで使う場合は、us-east-1を変更します。

受信ルール設定

では、気を取り直して古いコンソールで受信ルールを設定しました。

Recipientsはサブドメインを指定しました。
メールアカウントで絞るつもりは今のところはありません。

受信はS3バケットで行うので、ActionでS3を選択して、バケットは[Create S3 Bucket]を選択しました。

Bucket nameを入力してバケットを新規作成しました。

Rule setは新規作成しました。
これでひとまず作成です。

S3バケットには以下のようなバケットポリシーが自動作成されていました。

S3バケットのブロックパブリックアクセスはオフになっていたので、オンにしました。

テストメールを送信して、オブジェクトを確認すると、新たなオブジェクトが作成されていたので、オブジェクトアクションの[S3 Select を使用したクエリ]で内容を確認しました。

受信メールのテキストがオブジェクトとして作成されていることが確認できました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

DynamoDBテーブル項目をS3にエクスポート

DynamoDBテーブルを一時テーブルとして使っていて、毎回使い捨てしてます。 …

S3に置いたMP3ファイルをTwilioから電話再生する(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio ReminderのTwilioを使 …

Route 53で不要なドメインを削除

勢いで作ったけど結局使うのをやめたドメインがあります。 要らないので削除しました …

DynamoDB IAMポリシーで特定属性だけを許可する

検証記録です。 対象テーブル 書籍のサンプルで作ったこちらです。 所属バンドの楽 …

AWS Glueチュートリアル

AWS Glueのマネジメントコンソールの左ペインの一番下にチュートリアルがあり …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

AWS Transfer Family S3向けのSFTP対応サーバー

S3バケットは作成済です。 IAMロールの作成 [crayon-61788602 …

AWS WAF Web ACLとルールをv1(Classic)からv2に自動移行しました

新しいものは、課題が解決されていたり、機能追加されたりするのでいいものです。 長 …

Amazon API Gatewayでモックを作る

超シンプルなAPI Gatewayのサンプルがほしかったので、ユーザーガイドの手 …

AWS Certificate Manager(ACM)メール検証をDNS検証の証明書に差し替えました

ブログの証明書 このブログの証明書の有効期限があと1週間です。 証明書はAWS …