ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Step Functions まずはパラレルでLambdaを並列実行してみました

   


複数のlambdaの実行制御をLambdaでやってましたが、その部分をStep Functionsで可視化して分けられるのかと思い使えるようにしていきたいと思います。

まずは、パラレルでLambdaを並列実行してみました。

試すこと

最初のLambdaがSQSにキューを作って、次の2つのLambdaがキューの内容を並列でSlackへ投稿します。

Step Functionsの設定

Step Functionsのグラフはこうなりました。

Step Functionsのコードはこちらです。
これをコードに書くとグラフが上記のようになります。

最初のLambdaの設定

  • Comment : コメントを記載します
  • StartAt : 最初に起動するステートを指定します
  • States : ステートを記入していきます

最初に実行するステートとして”set_queue”を指定したので、”set_queue”の内容を定義します。

  • Type : Lambdaを実行する場合”Task”を指定します。
  • Next : このステートが正常終了した次に実行するステートを指定します。
  • Resource : Lambdaのarnを指定します。

並列で実行するLambdaの設定

  • Type : 並列実行のステートとして”Parallel”を指定します。
  • Next : 並列実行するステートがすべて正常終了した次に実行するステートを指定します。
  • Branches : ステートの固まり(States)の配列を定義します。

Branchesの配列の中はそれぞれがStatesとなるので、”StartAt”から指定する必要があるようです。

終了処理

  • Type : 何もしない”Pass”を指定します。
  • End : 終了なので trueを指定します。

コード

githubにおいてます。

手っ取り早く試したい方はSlackのwebhook incomingとSQSの設定をしてご利用ください。

余談 嵌ったエラー

「AWL 定義に問題があります。確認してもう一度お試しください」

“Type”: “Task”,

“Type”: “task”,
と書いていることに気づかずに上記エラーで少し嵌りました。

次は分岐とループを調べたいです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (前日 ~ Day1)

AWS Summit 2016 Tokyoにて、セッション聴講、ブース展示拝見、 …

ENAが有効なEC2インスタンスの帯域幅をiperf3で確認してみた

同じ Amazon VPC 内で Amazon EC2 Linux インスタンス …

Amazon EC2のスクリーンショットとは

ドキュメント見てたらAmazon EC2でスクリーンショットって機能があったので …

IAMセッションポリシーの利用(GetFederationToken)

GetFederationTokenでのセッションポリシーは、呼び出し元のIAM …

AWSアカウント内のLambda関数を削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定のAWSアカウントの特定リージョンのAWS Lambda関数を …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …

JAWS FESTA 2019 Sapporo 参加&当日スタッフ&企業サポーターで!

2019年のJAWS FESTA は札幌です! 今回もありがたいことに、所属して …

ヤマムギvol.26 Amazon DynamoDBのデモをしました

今日はAWS認定クラウドプラクティショナー対策本(緑本)に関係するデモをしました …

IAMアクセス許可の境界でIAMロールの権限を制御する

IAMユーザー自身の権限はIAMポリシーで制御できますが、IAMユーザーにIAM …

再会の日 ~re:Union 2018 Osaka by JAWS-UG~

8/5は大阪でre:Unionでした。 「再会」と名うったこのイベントは、6月に …