ヤマムギ

growing hard days.

*

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

      2017/06/04


AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Serverless with AWS」を聞いてきましたのでレポートというか記録です。

聞き間違えているところとかあればご指摘いただけると幸いです。

StepFunctionsは触り始めていたのですが、SAMはこのセッションではじめて聞きまして、これは使わないとな、と。

既存の処理をそのままの単位でサーバーレスにしてもあまり恩恵もなく、もしかしたらタイムアウトに引っかかる可能性もあり。
最小単位までマイクロサービス化して疎結合にすることで、修正時の影響を極端に減らし、スケールをやりやすくする、運用や保守がなくなるわけではない。

「減るもの(OS,ミドルウェア)」よりも「増えるもの(分散化、スケール、スピード)」に対してのメリットに着目して選択するべきと思いました。

以下メモです。

サーバレスとは?

  • サーバについて考えることなくアプリケーションをデプロイして実行すること
  • よりモジュール化されたアプリケーション開発に移行している、マイクロサービス化
  • 差別化がどこで、ではなく、何をするかになってきた
  • サーバの管理や保守を取り除くだけのものではない
  • アイドリングにお金を払う必要がない
    * 日経は画像加工をLambdaですることで10分の1までコストを下げた
  • リクエスト数に応じて分散化される
  • Lambda,S3,DynamoDB,API Gateway,,,,,,,,
  • 運用の複雑を解消
  • 開発者の生産性向上
  • 価値のスピード化、差別化
  • 静的、動的webサイト、Flask , Expressのためのパッケージ
  • チャットボット、Echo用Alexa Skill

サーバレスアプリケーション

  • 既存アプリの分解
  • コンポーネント群の通信
  • サービス境界の明確化
  • Step Functions パラレル、シリアルにアクテビティを実行

ベストプラクティス

  • S3,DynamoDB,ElastiCacheでステートの外部化
  • SAMテンプレートとして関数をエクスポート
  • AWS CodePipeline + SAM
  • AWS CodeStar
  • Dead Letter Queues
  • AWS X-Ray

Canonの取り組み

課題

  • レイヤ間の複雑性が増し、密結合化
  • レイヤ間のコミュニケーションコストが増加
  • テストの増大化
  • スピード感も低下

Conwayの法則

  • 連携不可
  • 組織のあり方がシステムに反映する
  • チームがレイヤーごとに分かれていく

MicroServicesの推進

  • レイヤーが横方向に肥大化するのを縦に分割することで防ぐ
  • シンプルな構成を保ちつつ分割する

データベースも分割する

  • ドメイン駆動設計(DDD)モデリング

注意点

  • Restful , DDDの視点で設計する
  • デプロイ自動化
  • 密結合しないように疎結合する

メリット

  • コード量、テスト工数、開発工数、運用、など様々な工数を削減できた
  • 組織、システムの硬直化、密結合を防げた

最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Microsoft TeamsのIncoming Webhooksを使ってAWS Lambda(Python)からFeedlyの記事を自動投稿する

Microsoft Teamsの検証を始めましたので、Slackで自動化している …

Amazon LinuxのNginx+RDS MySQLにレンタルWebサーバーからWordPressを移設する(失敗、手戻りそのまま記載版)

勉強のためブログサイトを長らくお世話になったロリポップさんから、AWSに移設する …

AWSアカウント内のCloudWatchアラームを削除する

目次 やりたいことPythonソースコード やりたいこと 特定アカウント特定リー …

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echoです。 以下は、思ったことや気になったことを …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

Amazon Connectの新規作成からプッシュボタン入力と発信元電話番号をLambdaで処理するまで

とりあえずやりたいことはタイトルに書いたとおり、「電話をかけて、プッシュボタンに …

AWS Systems Manager AutomationでEC2の自動停止

Systems Manager Automationがない時代に、Lambdaを …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …