ヤマムギ

growing hard days.

*

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

      2017/06/04


AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Serverless with AWS」を聞いてきましたのでレポートというか記録です。

聞き間違えているところとかあればご指摘いただけると幸いです。

StepFunctionsは触り始めていたのですが、SAMはこのセッションではじめて聞きまして、これは使わないとな、と。

既存の処理をそのままの単位でサーバーレスにしてもあまり恩恵もなく、もしかしたらタイムアウトに引っかかる可能性もあり。
最小単位までマイクロサービス化して疎結合にすることで、修正時の影響を極端に減らし、スケールをやりやすくする、運用や保守がなくなるわけではない。

「減るもの(OS,ミドルウェア)」よりも「増えるもの(分散化、スケール、スピード)」に対してのメリットに着目して選択するべきと思いました。

以下メモです。

サーバレスとは?

  • サーバについて考えることなくアプリケーションをデプロイして実行すること
  • よりモジュール化されたアプリケーション開発に移行している、マイクロサービス化
  • 差別化がどこで、ではなく、何をするかになってきた
  • サーバの管理や保守を取り除くだけのものではない
  • アイドリングにお金を払う必要がない
    * 日経は画像加工をLambdaですることで10分の1までコストを下げた
  • リクエスト数に応じて分散化される
  • Lambda,S3,DynamoDB,API Gateway,,,,,,,,
  • 運用の複雑を解消
  • 開発者の生産性向上
  • 価値のスピード化、差別化
  • 静的、動的webサイト、Flask , Expressのためのパッケージ
  • チャットボット、Echo用Alexa Skill

サーバレスアプリケーション

  • 既存アプリの分解
  • コンポーネント群の通信
  • サービス境界の明確化
  • Step Functions パラレル、シリアルにアクテビティを実行

ベストプラクティス

  • S3,DynamoDB,ElastiCacheでステートの外部化
  • SAMテンプレートとして関数をエクスポート
  • AWS CodePipeline + SAM
  • AWS CodeStar
  • Dead Letter Queues
  • AWS X-Ray

Canonの取り組み

課題

  • レイヤ間の複雑性が増し、密結合化
  • レイヤ間のコミュニケーションコストが増加
  • テストの増大化
  • スピード感も低下

Conwayの法則

  • 連携不可
  • 組織のあり方がシステムに反映する
  • チームがレイヤーごとに分かれていく

MicroServicesの推進

  • レイヤーが横方向に肥大化するのを縦に分割することで防ぐ
  • シンプルな構成を保ちつつ分割する

データベースも分割する

  • ドメイン駆動設計(DDD)モデリング

注意点

  • Restful , DDDの視点で設計する
  • デプロイ自動化
  • 密結合しないように疎結合する

メリット

  • コード量、テスト工数、開発工数、運用、など様々な工数を削減できた
  • 組織、システムの硬直化、密結合を防げた

最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

JAWS DAYS 2018 「Cost-Driven AWS クラウドアーキテクチャデザインとコスト最適化方法 – Cost-Driven AWS Cloud Architecture Design : The Lean Startup on AWS」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確定したのでAmazon著者セントラルに登録した

初の執筆本、「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確 …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

百聞は一見にしかず!AWSセルフペースラボの無料ラボ!

※2019年5月12日現在に試してみた記録です。 目次 AWSセルフペースラボと …

AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題

AWS認定クラウドプラクティショナのサンプル問題2018年9月25日現在で、英語 …