ヤマムギ

growing hard days.

*

個人のGoogleカレンダーの予定をPythonで取得する

   


Google Calendar Twilio ReminderのGoogleカレンダーの予定を取得する部分の説明です。

個人のというかアクセス制限されたカレンダーからの予定取得はサービスアカウントを発行しなければいけなく少し手間取りました。

Google API ConsoleでCalendarAPIのサービスアカウントを発行

Google API Consoleで新しいプロジェクトを作成します。

作成したプロジェクトで[APIを有効にする]をクリックします。

ライブラリの一覧で[Calendar API]を選択します。

[有効にする]をクリックします。

[認証情報]-[認証情報を作成]-[サービスアカウントキー]を選択します。

[新しいサービスアカウント]を選択して[サービスアカウント名]を入力して役割は「オーナー」にしました。
キーのタイプは「JSON」にします。

[作成]をクリックするとJSONファイルがダウンロードされるので「google_key.json」というファイル名でソースコードと同じフォルダに配置します。

自動で生成されるサービスアカウントIDは後で環境変数に設定するので控えておきます。

AWS Lambdaの環境変数

GOOGLE_SERVICE_ACCOUNT_IDという環境変数を設定して、先ほど作成したサービスアカウントIDを設定します。

対象のカレンダーのアクセス権限

一般公開していない個人のカレンダーが前提ですので、特定のユーザーにサービスアカウントIDの閲覧権限を設定します。

予定取得のソースコード

get_credentials

  • ServiceAccountCredentials.from_json_keyfile_nameで認証を戻します。
  • scopesは’https://www.googleapis.com/auth/calendar’です。
  • from_json_keyfile_nameなので保存したjsonファイルを指定します。

get_schedule

  • service.events().list().execute()でevetnsを取得
  • events[‘items’]が予定のリスト

service.events().listの引数

  • calendarId : Googleアカウント(メールアドレス)
  • timeMin : 開始時間
  • timeMax : 終了時間
  • singleEvents : 該当時間内のイベント

※singleEvents=Trueにしないと繰り返しなど取得したくないイベントまで取得されてしまいました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - Google, Python ,

ad

ad

  関連記事

「大阪Pythonユーザの集まり」に行ってきました

「大阪Pythonユーザの集まり」 に行ってきました。 あんまりメモ取れてません …

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました。 所感など Ato …

PyCharmでテキストを折り返す

超小ネタです。 コーディングしているときは1行でそんなに長いコードを書かないので …

CentOS 6にPython実行環境を構築

CentOS6(32bit)にPython2.7実行環境を構築した際のメモです。 …

SendGrid(Python)で添付ファイル付きのメールを送信する

SendGridを使って添付ファイル付きのメールを送信するサンプルをPython …

Python openpyxlで結合セルを含むExcelファイルを開くと罫線が消える

PythonのExcelを読み書きするためのライブラリ、openpyxlで結合セ …

SQLAlchemyでシンプルにjoinする

過去のSQLAlchemyでjoinするという記事でPythonのSQLAlch …

Python SQLAlchemy MySQLでテーブルを指定せずにFunctionを使う

難しく考えて悩んでいましたが、queryに書いてやればいいだけでした。 sess …

「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRo Tech #3 テスト自動化」に行ってきまし …

pyenv update で「pyenv: no such command `update’ 」

環境 macOS Sierra 10.12.4 pyenvのアップデート pye …