ヤマムギ

growing hard days.

*

Organizations対応のAWS CloudTrailのAthenaテーブルでPartition Projectionを使用しました

   

パーティション向けのAlterテーブルの定期実行が面倒だと思っていたら、Partition Projectionという機能があることを知りました。
ALTER TABLEの実行なしで、パーティションに区切ってくれるそうです。

CloudTrailのAthenaテーブル作成機能とこちらの記事【全リージョン対応】CloudTrailのログをAthenaのPartition Projectionなテーブルで作るを参考にしました。

CloudTrailからAthenaテーブル作成

CloudTrailのイベント履歴画面の[Athenaテーブルを作成]ボタンを押下しました。

CREATE EXTERNAL TABLEのDDLが生成されます。
バケットを選択すると、LOCATIONが自動設定されますが、Organizations対応になっていないので、s3://bucketname/AWSLogs/organizaiotnsid のようにOrganizationsのパスに変えました。

DDLの編集

PARTITIONED BY とTBLPROPERTIESを追加して次のDDLになりました。
パーティションは、アカウントID、リージョン、日付にしました。

テーブル作成後、パーティションを検索条件にしてクエリを実行しました。
スキャン対象のデータが絞られていました。

発生エラー

mismatched input ‘EXTERNAL’. Expecting: ‘OR’, ‘SCHEMA’, ‘TABLE’, ‘VIEW’

PARTITIONED BY行をCOMMENT行の前で実行しようとしていて上記エラーが発生しました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS CodeCommit 認証情報ヘルパーをmacOSに設定しました

AWS CLI 認証情報ヘルパーを使用して Linux, macOS, or U …

CloudFormation StackSetsでOrganizations組織のアカウントに一気にIAMロールを作成した

Organizationsで管理している各アカウントにIAMロールを作成したい場 …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …

T3.nanoで仮想メモリ割当をユーザーデータで実行する

T3.nanoはメモリがだいたい500MBです。 実行する処理によってはメモリエ …

VyOSにSSMエージェントをインストールしました

VyOSにSSHでログインするのも面倒なので、SSMエージェントをインストールし …

Rocket.ChatのOutGoingWebhookからのAPI GatewayからのDynamoDB

少し前に、Rocket.ChatからOut Going Webhookを設定して …

Amazon EMR 「Hadoop を使用してビッグデータを分析」チュートリアルをやってみました

AWS認定データアナリティクス受験準備の一環で、Amazon EMRのチュートリ …

RDSインスタンスのストレージをgp2からgp3に変更しました

2022/11/9にRDSでgp3ボリュームが使用できるようになりました。 Am …

S3 Intelligent-Tieringで高頻度階層(FREQUENT)に戻る「アクセス」にS3 SelectとGlueクローラーが該当するのか確認してみました

ユーザーガイドのS3 Intelligent-Tiering のしくみには、「低 …

Amazon CloudWatch クロスリージョンクロスアカウントダッシュボードを作成

本ブログのCloudFrontとWAFのアカウントと、EC2、RDS、S3などオ …