ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

   


MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Service + kibanaを使用したくてその設定をしてみました。
MySQLとAESの間はlogstash(EC2)でつないでいます。

cdp-aes

Amazon Elasticsearch Servicのセットアップ

マネージメントコンソールでAmazon Elasticsearch Serviceをクリックします。
es-1

domain nameで任意の名前を入力します。
es-2

インスタンスを設定します。今回はテストなんでt2.microでEBSにしています。
es-3

アクセスポリシーはIPアドレスで制限してみます。
(例はプライベートアドレスで書いてますがグローバルIPが必要です。)
で、ここにkibanaにアクセスに来るグローバルIPもですが、logstashのEC2のEIPも設定が必要です。
es-4

完了です。「Processing」になったら使えます。
es-5

logstash(EC2)の操作

EC2の構築は割愛しますが下記を設定してます。

  • ロールはAdministratorAccessを割り当ててます。
  • セキュリティグループは専用で作成しRDSのセキュリティグループで3306ポートにアクセス可能として設定します。

  • logstashのインストール

  • logstash-output-amazon_esプラグインのインストール
  • logstash-input-jdbcプラグインのインストール
  • mysql-jdbc-connectorのダウンロード
    をEC2でします。

例えばtable_name.confとかで下記を記述したファイルを作成します。

logstashの引数でtable_name.confファイルを指定して実行します。

マッピングも自動で行われてデータがkibanaから確認できます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

AWSのアカウントを新規作成と、最低限やっておいた方がいいMFAの設定

AWSのアカウントを新規作成する手順を書き出しておきます。 ※2017年8月6日 …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する際にCSSもLayerから読み込む

目次 Pandocで必要そうなオプションを確認しておく構成CSS on Lamb …

AWS EC2でAMI(Amazon Machine Image)を作成しておく

前回まででひとまずRedmineを構築するところまで出来たので、念のためスナップ …

テキストをAmazon PollyでMP3に変換してS3に格納(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio ReminderのテキストをAma …

ブログの画像を別アカウントのS3に移動するためにIAMロールでクロスアカウントアクセス

ずっと先延ばしにしていたのですが、このブログの画像はEC2から直接配信しています …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトのサンプル問題の解説を会社のブロ …

AWS複数アカウントのリソースをLambda(Python)から一括操作したくて

AWSの複数アカウント(30ちょい)のリソースをまとめて自動処理したくて。 とり …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …