ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

   


MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Service + kibanaを使用したくてその設定をしてみました。
MySQLとAESの間はlogstash(EC2)でつないでいます。

cdp-aes

Amazon Elasticsearch Servicのセットアップ

マネージメントコンソールでAmazon Elasticsearch Serviceをクリックします。
es-1

domain nameで任意の名前を入力します。
es-2

インスタンスを設定します。今回はテストなんでt2.microでEBSにしています。
es-3

アクセスポリシーはIPアドレスで制限してみます。
(例はプライベートアドレスで書いてますがグローバルIPが必要です。)
で、ここにkibanaにアクセスに来るグローバルIPもですが、logstashのEC2のEIPも設定が必要です。
es-4

完了です。「Processing」になったら使えます。
es-5

logstash(EC2)の操作

EC2の構築は割愛しますが下記を設定してます。

  • ロールはAdministratorAccessを割り当ててます。
  • セキュリティグループは専用で作成しRDSのセキュリティグループで3306ポートにアクセス可能として設定します。

  • logstashのインストール

  • logstash-output-amazon_esプラグインのインストール
  • logstash-input-jdbcプラグインのインストール
  • mysql-jdbc-connectorのダウンロード
    をEC2でします。

例えばtable_name.confとかで下記を記述したファイルを作成します。

logstashの引数でtable_name.confファイルを指定して実行します。

マッピングも自動で行われてデータがkibanaから確認できます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Systems Manager AutomationでEC2の自動停止

Systems Manager Automationがない時代に、Lambdaを …

AWS DeepLensセットアップの儀

AWS DeepLensのセットアップを開始します。 AWS DeepLensを …

NATインスタンスを作成する

プライベートサブネットのEC2インスタンスからカスタムメトリクスとCloudWa …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …

百聞は一見にしかず!AWSセルフペースラボの無料ラボ!

※2019年5月12日現在に試してみた記録です。 目次 AWSセルフペースラボと …

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘 …

Amazon LinuxにAlfresco Community Editionをインストールする

目次 ダウンロード準備Amazon Linuxにインストールする簡易インストール …

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

Amazon RDS MySQLでCSVをload data するときに「Access denied」発生

超小ネタです。 AWSのデータベースサービスの Amazon RDSのMySQL …

AtomエディタでEC2のファイルを直接編集する

Webページを編集していてEC2のファイルをvimエディタでさわったりしています …